イタリアご飯

この週末、本当は遠出する予定だったのだけれど、
ちょっとしたトラブルが発生して延期。
人間、正直なもので、出発前の金曜日に全部、おわらす予定だった原稿が、
「キャンセル!」とわかったとたんに、集中力が一気になくなり、持ち越しているという……情けない。

よって週末は原稿書き。延期したぶん、ちょっと予定より前倒しで原稿をせっせ、せっせ。
そして、私のタイミングがいいのか、
それとも、私が「アニキ」と慕う、超タイミングのいい彼が上手なのか、

「ねえねえ、今日、メシ食いにこない?」

そりゃ、行きますとも!
なんたって彼の家の冷蔵庫には、イタリア人の家よりもイタリア食材が満載でして。
なんたって彼のオクサマは、和食の師範の免状をお持ちでして。
そんじょそこらのリストランテよりも、だんぜんおいしいわけです、はい。

0908021
ダンナ、調理中。今日のメインシェフは、ダンナが担当です。フライパンの奥にある、アンチョビの缶の大きさにご注目ください!

0908022
で、ずらりと並んだ「前菜」。これで、前菜ですよ、みなさま?

できあがるあいだ、待ちきれずに生ハムを並べつつ、つまめるっていうのも、
おうちごはんの楽しいところ。
ごちそうさまでしたー。また、よろしくでーす!