悩んだときは

悩んだときは、とりあえず一日を、生きてみることをお勧めします。
先のことは考えなくていいから。
今日を、まあ、生きてみて、夜になって、まあ、寝てみるか、と。
朝になったら、今日を生きてみて、夜になったら、寝てみるか、と。
そんな繰り返しでいいのだと思います。

ひとはなんで生きているんだろうねー、と、戦友Nにふとつぶやかれ、
みんな激動のなかで生きてストレスたまっているんだなあ。
でも、今日を無事に生きられたら、明日もなんとかなるよ。
その繰り返しで、しばらくいいじゃんと思います。

朝、起きて原稿。
午前中に打ち合わせをひとつして、午後は国交省の会議。

仕分け人作業中でも、よく言われているけれど、
「すごくちゃんとやっていること」と「ぬけている作業」が、説明の下手さによってごっちゃになり、
「官のやることは、ぬけぬけである!」といわれるのは、もったいなくないですか?
それでなくても、言葉ジリで揚げ足とっていじめようとする人に包囲されているっていうのに。
日程調整していただき、ありがとうございました。
がんばってください。期待しています=私信。

ダッシュで帰宅後、原稿書き。
今日一日、なんとかなったかも。
とりあえず寝て、明日のことは明日、考えましょ。

091126
銀座のウラ通りにある、超ウマのコロッケ屋。
おいしいもん食べたら、それだけで一日、生きていた甲斐があるって思っちゃう私は、単純すぎ???