12分の1終了

気がつけば1月も最終日。
あっという間な気がする一方、元日がはるか遠い昔のような……。

そして2月のスケジュール表をひらいて、愕然とするのでした。
あらら? あいている日が……!?
ここからは、テトリス状態。いかに組み合わせて、寄せて、時間をつくるか。

私はいつ、ポタジエに行けるんだろう。オーブンミトンとエシレも気になっているんですけれど、Yさん&Hさん。
埼玉某所は、春でしょーか、Uさん。
ご飯いきたいですねえ……Oさん。
そっちまで飲みに行くって約束は、遠い昔のような……Kさん。
ああ、思い出しはじめたらキリがない。自己嫌悪で悪い夢を見そうだから、考えるのをやめよう。

とりあえずKちゃん、予定決まったら早めに一報、たのみます=私信。

ハイブリッド車の音

国交省からの発表で、ハイブリッド車に音をつけることになりました。
詳しくは、国交省のサイトにアップされていますので、ぜひどうぞ。こちらをクリック!

ぜひ、賢明なジャーナリストの諸先輩方におかれましては、
新聞報道などの二次情報をちょろっと読んで、なぬおーっ! と、お怒りにならないでいただきたいです。
国交省発表を読んでいただくと、そこには「ガイドライン」とあり「適宜改正」とあります。
つまり、

ゆるめのルールだけ作っておくから、自由にやってみてよ。
こっちが決めるより、メーカーのみなさんのほうがクルマのプロだし、アイディアも豊富でしょうし。
んで、実際に走ってもらって、いろんな状況でいろいろ使ってみて、
あれがいいとか、これはダメだとか、情報が集まったところで、もいっかい、知恵出し合いましょうよ。

ってことです。
で、いいんですよね?室長?

なので賢明なジャーナリストの諸先輩方におかれましては、
実際に、装着車両等々に乗っていただき、評価を賜れればと思っています。
こればっかりは、いくら実走豊富なドライバーでも、やってみないとわからんでしょうし。

なんてことを考えながら、難産の原稿書き。
エコ関連の原稿ってキライ。だってみんな……以下自粛。

かりん

年末、いただいた花梨で、つくったはちみつシロップ。
でも、あと一ヶ月くらいこのままらしい……長期戦だ。

自動車保険の割引

自動車の安全装置を普及させるには、
自動車保険の割引が有効だと思う。
だって、それを装着すると、ケガしなくなったり事故を起こしにくくなったりするんだもの、
そのくらいしてくれてもいいじゃん、保険会社。って思う。

大型車の自動ブレーキだって、
車種とかなんとか、ほかにもハードルはいっぱいあるけれど、
イニシャルコストを抑えるための補助金だけでなく、
初年度割引を高めにしてくれれば、もう少し事態はちがうんじゃないかって思う。

でも、自動車保険の関係者にうかがったら、
そういう割引って「できない」んだそうな。

ひえーっ、なんで?

ぶっ飛び。おどろきである。
理由は「金融庁の指導がはいる」からだそうな。

ひえーっ、なんだよそれ、金融庁?
細かいことは存じ上げませんが、指導しなくていい範囲でのご協力ってのは、賜れませんものなのでしょうか。
どうもこういうの見ていると、相変わらずタテワリだよなあって思う。
ユーザーにしてもメーカー技術者にしてみても、そこさえ割り引いてくれれば丸く収まるってとこなのに。

午前にひとつ、午後にひとつ、もそもそと外出。
あとは原稿書き。

安全基準検討会

気づくと「がんばれ」とつぶやいている。
自分に「がんばれ」というのもナンなんだけれど。
疲れ果てて、ふとんに入って三秒で気絶する日々。
だというのに、あまりの空腹で目が覚める。

ああ、どこまで健康なんだ……私=単なるバカ?

さすがに今朝はだるいなーと思いつつ、へろりながら電車にゆられていると、
どうしてコイツはこんなにタイミングがいいんだと思う写真が、携帯メールで届きました。

100127

本日、朝、8時47分の沖縄の海。
強い日差しと、沖縄で過ごした合宿のように楽しい日々が思い出されて、一気に元気百倍。ありがとう!

午前中は国交省の会議。
衝撃的だったのは、日本やアメリカ、欧州よりも早いこの時点で、
インドからある新しい安全基準の案が出ているということ。

むむっ。タタの勢力か、自動車への意識の加熱か?
今年のはじめに行われた、インド・モーターショーも盛況だったようだし、
インド、あなどれません。

ときに。日本が一番と思っていたものが、くずれさった事例をもうひとつ発見。
いつもチェックしているヤフー・イタリアに、とんでもない映像が貼られていました。
87歳のベルギー人のおじいちゃんが、全幅1490mmのパンダを、幅1550mmの駐車場に入れるの図。
んじゃ、どうやって降りるのかっていうと……。

ぜひ、ご自身でお確かめくださいー。こちらをクリック!

帰宅後、原稿書き。

現場の真実

もはやルーティンワークにさせていただいている、
日本医科大学千葉北総病院、救命救急センターでの取材。

クルマを見つめ、自動車メーカー技術者の「言いわけ」だけを聞いていると、
それで納得してしまうけれど、でもやっぱり、現場には真実が落ちている。
落ちている、というのは、その場に真実が取り残されているからだ。
だれがその存在に気づき、拾い上げ、世の中に「つきつけて」いくのか。

今日も、交通事故関連の研究を続けておられるS先生にお時間をいただき、お話を伺う。
「ありえない!」
そう言いたくなるような、事故形態と負傷者の損傷部位に愕然とする。
ここまでくると、もはや医工連携は欠かせないと思う。

エアバッグとシートベルトの装着で、頭部と胸部の損傷は減り、
即死に近いケガは減っている。
でも、実質臓器と呼ばれる血液が充満している肝臓、脾臓、腎臓は、
シートベルトによって、傷つけられている。
ここが傷つけば、大量出血が起こり、病院に運ばれるのに時間がかかれば、
もしくは、すぐに開腹手術できる体制のない病院に運ばれれば、
確実に死んでしまう。

今日も気持ちの引き締まる思い。

でも、プリンはおいしい。=謎。

マンガに恋する40女

午前中にアタマから煙がでるくらいフル回転して原稿を書き、
お昼は、なななんと!

青い鳥文庫の編集担当ももちゃんに声をかけていただき、
ドクターヘリ物語シリーズの挿絵を描いてくださっている、
N先生と、ランチです。きゃーっ!

こんどの第三巻は、フライトナースの「ハナちゃん」が主人公なのですが、
ランチ前に、にし先生に、色つきのカットを見せていただきました。
これが……。

ずきゅきゅーん! 超かわいい……!!!

枕元において寝たら、ぜったい幸せな夢がみられそう。
季節があたたかくなったころ、発売予定ですので、ご期待くださいー。

にし先生のご著書の「ひとりで生きるモン!」(こちらをクリック!)を拝読しつつ、
先生はぜったいに、オトコマエだ……と思っていたら、
超いさぎよい体質で、感激したのでありました。ついていきたいーっ。

終了後は、春からはじまる連載の打ち合わせをひとつ。
その後、ラジオ収録。

100125

今日の差し入れ。スタッフのご実家の和菓子やさんが、表参道で行われた物産展に出品した、りんごほっぺ。
ふんわふんわのおもちの中は、こしあん+生クリーム+りんごの甘煮!

正直、超おいしいです! 
通販はしないのか、Fくん?
スタッフのお父さんが活躍している記事はこちら! こちらをクリック!

感謝状

週末はこもりました。
ドクターヘリ物語、第三巻の草稿完成にむけて、最後の追い込みであります!

ネットにつながるPCを立ち上げると遊んじゃうので、
ほぼワープロと化しているノートパソコンを、小さなふとん部屋に持ち込み、
遊ぶものを切り離した最終追い込み。やっぱりこれがはかどるし=つまり集中力がない。

100124

夕食後にちょこっとだけ、ネットチェック。ひそかに私、300回も遊びにいっていたんですね。
青い鳥文庫のサイトに~。青い鳥文庫のサイトはこちらをクリック!