外気温警告

午前中に原稿を書いて、また昼ご飯を食べそこねたまま家を出るという要領の悪さ。
あと30分早く原稿を書き終われば、ご飯くらい食べられただろう、私!

かばんの中にお菓子をしのばせ、打ち合わせのはしご。
「30分くらい」と言われたので、そのつもりで予定を組んだら、
ああ、やっぱり30分じゃ終わらないですよねー。
地下鉄に飛び乗り、電車のなかで資料に目を通し、
結局、最後の20時終了の座談会まで、かばんの中にKIHACHIのチョコバウムがはいっていて、
よれよれになっていたのでありました。なーむー。

ところで、昨日試乗したゴルフRには、外気温警告がついています。
外気温が4度になると、ポーン、という音とともに「路面凍結しているかも」を知らせてくれる装置。
車種によっては、3度だったり、外気温計の数字がちかちかしたりするのもあるけれど。
これ、欧州車にはありがちですが、日本車ってないような。
どうして? なんで? 日本の道は凍らないの?>そんなわけ、なかろう。
日本人は、路面凍結を気にしないの?>それは、やばかろう。

でも、タイヤの空気圧センサーですら「車両価格が高くなって売れにくいから」といやがるメーカーゆえに、
きっと外気温警告なんて、ぜったい猛反対なんだろうなあ。

100204
「命をつなげ! ドクターヘリ ~日本医科大学千葉北総病院より~」に、
新しい帯をつくってもらいましたー。


NHK「プロフェッショナル」にもご登場され、「コードブルー」の監修もしていらっしゃる、
日本医科大学千葉北総病院救命救急センターの、松本尚先生のお名前を使わせていただきました!
松本先生、ありがとうございます!

そして、今回、お名前こそ出せませんでしたが、いつもいっしょに医療チェックをしてくださっている、
救命救急センター部長の益子先生&医局長の原先生にも、あらためて感謝&感謝ですー。