HEM-Net

日本初! ドクターヘリとセットで活動する、ドクターカー登場!
日本医科大学千葉北総病院に、本日、納車されました!

doctorcar
ヘリと並ぶ姿。超かっこいい~!
車種選び、デザイン、法律関係などなど製作工程を、ずーっとそばで見てきた身としては、感激ひとしおですー。


関係者のみなさん、お疲れさまでした!
今後は、ドクヘリの飛べないとき(夜とか、濃霧とか)に出動予定です。
ドクヘリを補完する形でドクターカーを導入するドクターヘリ事業は、ロンドンで行われていますが、
日本では初めて。
活躍、期待しています!

そして私、本日は、全国展開に加速がついてきたドクターヘリの、
フライトドクター&フライトナースを養成するための、
(救命救急のドクター&ナースが、ほいっと乗れるような簡単なものじゃないんです)、
支援事業の審議会発足会合に、行かせていただきました。

たしかに国や県からの助成金はありますが、
それはあくまでも、ヘリ運航費用と、活動するときの人件費等々。
新しい県にヘリが配属されたとき、すぐに活用するためには、
あらかじめ、その基地病院となる救命救急センターのドクター&ナースが研修する必要があるのですが、
その旅費や滞在費はもちろん、教える側も教わる側も完全なボランティア状態。
貴重な人材が救命救急の現場からはずれることは、ひじょーに痛手なのです。

強烈な負担を強いながら、双方長続きするわけもなく、そして質の低下も懸念されるわけで、
せめて活動費(保険料なども含めて)の基盤をつくり、
ドクター&ナースが安心してトレーニングできる環境を整えようというものです。

資金源となるのは、民間からの寄付。法人、個人から受け付けることになりました。
民に加わってもらうことで身近に感じ、積極的に意識をもってもらい、よりよい事業にしていく狙いもあります。
私、ドクターヘリ応援団として、審議委員をさせていただくことになりました。

支援基金については、通常のヘムネットへの寄付金とは別に、特別会計で処理します。
興味のある方は、ぜひ、こちらのヘムネットのサイトでご確認ください! →こちらをクリック!