ウソ発見器

世の中的には、昨日から黄金週間がはじまっていたようで?
そんななか、いそいそとラジオの収録です。
スタッフ・チェンジがありまして、今日から新しいKディレクターになりました。

基本的に、やっていることも台本も同じなんですけれど、
ディレクターが変わっただけで、超噛みまくりなワタクシ……。
精神的動揺が、こんなにも簡単に表にでちゃって、私、絶対、ウソ発見器で一発でバレるタイプです。

100430
終了後は、プロデューサさんに誘っていただき、
ラジオ製作会社の事務所での、パンの試食会へ。 なぜパン?


某パンショップのパンが、ほぼ全種類! チョコミルクパンがおいしかったですー。
ごちそうさまでした。G社長&Hプロデューサー!

さて、事業仕分け対象になったNASVAの衝突アセスメント。
やっと後部座席もダミーが載せられましたけど、
私、やっぱり、アメリカサイズって解せません。
それよりなにより、ダミー人形を座らせ、シートベルトを着用させるとき、
担当者って、ミリ単位で調整するんですよ。
じゃないと、いい結果にならない=それはつまり、シートベルトが役に立たないってことで。

こういう情報も、ちゃんと公開してほしいっす、NASVA。
じゃないと、いつまでたっても、シートベルト損傷で内臓破裂の患者は後を立たないでしょう。

交通事故がメーカーにとって都合がいいところは、
「運転が悪かった」「ぶつかりどころが悪かった」「それは相手のクルマが悪かった」と、
人が死んでいても、それをほかのせいにできるところ。
いつまでたってもそんなことしていたんじゃ、マズイと思うんですけれど。