夏から冬

あのうだるような夏から、いきなり富士山が初冠雪。
秋はどこへいった? ということで、あわてて衣替え。
不必要なものを切り捨てると、なにが必要かが見えてくるのは、
アタマのなかも、家のなかも同じこと?

とりあえず、かたわらに置いたままになっていた「ゾウのいない動物園」の資料を、押入れの奥へ。
手が離れるとうれしいような、さびしいような。
書きあがった瞬間は、おなか一杯感があるのだけれど、
そのうちまた、おなかがすいてきて、私の鼻が利き始めるはずなので、
自分のカンを信じ、誰かのお告げがあるまでは、じっとしていようと思います。

PCが10年目を迎え、いつ壊れてもおかしくないという状態らしく、
バックアップをとるべく、後付ハードディスクを調達に。



家電量販店につながる通路で、ハッチ発見!
ぎょえー、かわいい!


子どものころ、よく見ましたよー。幼心に泣きまくっていたような。