群馬防災ヘリ「はるな」

「要救助者、60代男性、右足骨折で歩行不可!」
「ランデブーポイントにて、救助隊員三名を乗せ……!」
「ランデブーポイントへの到着予定は、10時!」

わくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわく……。
指揮隊から入る無線連絡に、ああ、もう、興奮して倒れそう。すいません、わくわくで。
でも、訓練なので、ご勘弁を~。

だって、サイトで見つけちゃったんですよ。群馬防災ヘリ「はるな」の、山岳救助訓練日程を。
そしたら、あなた(←だれ?)、じっとしてはいられないってもんでしょうよ。
朝もはよから起き出して、渋川まで行っちゃいましたよ、私=ばか。



「はるな」到着です。ひょえ~! すてき~!
着陸態勢にはいると、スライドドアをあけて、航空隊員が後方確認しながら飛んでくるんですよ。かっこいー!


航空隊員のユニは黄色です!
その後、オレンジのユニを着たレスキュー隊員を乗せて離陸!
要救助者がいる場所まで飛んでいき、そこからホイスト下降で、レスキュー隊員を投入!
うひー、たまらん~。

でも、これがですね。ヘリはすぐそばでホバリングしているのが、音でわかるのに、
木立にかくれてどこだか見えない。
ああ、ここまで来ておきながら、ホイストが見られないなんてっ!
走りましたよ、私。でも、一直線にヘリに向かって走っていったら、
その先は、ぐえっ、これはガケ? いや、ガケではないんでしょうけれど、とんでもない斜度。
でも、ここを降りれば、ここを降りれば……。
ころげ落ちそうになりながらたどりつくと
(こっちが要救助者になりそうです。ちなみに枝をつかみまくって、手は血だらけです~)、
おおおっ!



隊員を吊りあげている真っ最中! すごーい! すごーい! 

ああ、早起きしてよかった……じーん(感涙)。
地上の安全確保担当のみなさま。お声ガケいただき、ありがとうございました。
訓練されていたみなさま。これからも事故のないよう、がんばってください。
最後、すれ違うとき手をふっていただき、超うれしかったですー。

プロフェッショナルな方々にパワーをいただき、本作りに注入していきたいと思います!