リーフくん

本日は、電気自動車リーフくんの試乗会です。
なぜに、リーフ「くん」?
なんか、そう呼びたくなっちゃうんですよね、「がんばれ、リーフくん!」 みたいな~。

みなとみらいの、日産本社を出発して、3時間の試乗タイム。
充電スポットが記載されている地図を手渡されたのですがー。
勝手知ったる横浜。3時間もあるんだしと、卒業した高校のそばを走っていたところ……。



偶然、コンビニに充電器を発見! リーフくん、充電中。



ICカードが必要なんですが、お店の人に聞いたら、すぐに貸してくれました。

お姉さんの説明によると、このコンビニでは、一年ほど前に充電器を設置だそうな。
「企業の方が、ときどき、充電にみえます」とのこと。むむ、日産? 三菱? それとも、東京電力とか??
しかし、コンビニでの時間つぶしって、ちょっとしにくい。
でも、駐車場に停めたクルマの中で、本が読める? 
寒くてもエアコン、かけていられるってのも、電気自動車のいいところ。
だって、排ガスもエンジン音もしないから、ご近所迷惑にならないんだもん。
そのぶん、充電しているはずなのに、あまり走行距離アップにつながらなかったような気がしないでもない……。

こうやって充電すると、ガソリンスタンドに行かなくなる。
ということは、みんなどこで、タイヤの空気を入れるの???
空気を入れるためだけに、ガソリンスタンドやディーラーに行くとは、思えない。
タイヤの空気圧警告装置って、電気自動車にはマストではないでしょーか。
リーフくんだって、アメリカ仕様はついているんだし、つけようよ、日本仕様も!
ESCが義務化されたって、タイヤがダメじゃ、効果も半減。
ESCの義務化なら、ぜひ、セットで空気圧警告装置も!

それにしても、飛行機が離陸するときみたいな加速は、とっても素敵。
これで300km、走れるようになってくれたらなあ。がんばれ、バッテリー、がんばれ、リーフくん!