ちょっとだけよん

次の本の話の前に、そうだ、出たばかりの本も、もう少しきちんとご紹介します!
「救命救急フライトドクター」、講談社から絶賛、発売中ですー。
3年間、日本医科大学千葉北総病院の救命救急センターに通った、
集大成ともいえる一冊です!

「ぜんぶ、ぶつけちゃってください!」という、編集担当ももちゃんの言葉に、
本気でぶつけましたとも!
シートベルト外傷で、内臓損傷の患者さんも、
歩行者で傷ついた少女の話も、クルマがらみの事故、書きましたとも!
クルマの安全関係にたずさわる方、ぜひ、読んで、現実を知ってください!

本気で書いた私に対して、編集部も本気です。
本気の「本作り」一部、ご紹介しますー。



あちこちから絶賛の声をいただいている表紙写真です。私も大のお気に入り!
タイトルデザインもステキです! こんなに完成された表紙って、そうそうないと思います!
帯の文章も、内容を一瞬で推測させる見事さです。



裏表紙はこちら! 北総救命救急センターのドクターたちの、
このなごやかな雰囲気。私の大好きな一枚を、救命救急センターからお借りしました。



表紙をはがすと、こちらがハードカバー本体のデザイン。
ドクターヘリのイラストと、Helicopter Emergency Medical Service の文字。ステキです。
色も渋いし、肌触りもいい。お金かかっています!



そのハードカバーを開くと、おおっ! なんと、千葉県~関東エリアの地図が!
凝っています! 最後、ぎりぎり「横浜」も入れていただきましたー。



さらに開くとこちら。本文表紙です。ステキですー。モノクロにすると、
この「DOCTOR」が背負う責任と覚悟が、びしびし伝わってきます!



それをめくると、さらにタイトルが続き……。



そして、目次です。目次の文字レイアウトも、かっこいいです。
いやー、もんのすごく、ステキです。惚れ惚れ。

文章を書くのは私なんですが、こうして一冊の本になるまでに、
なんと多くの方々のプロフェッショナルなパワーが注ぎ込まれていることか。
こういうあたり、デジタル書籍とは違う、「本」ならではのよさかと。

救命救急センターの、松本尚准教授と、原義明先生に「解説」も書いていただきました。
ありがとうございます!
すでに、全国図書館関係に、千冊単位でご購入いただいたとか。
ありがとうございます!
そんじょそこらの、自己啓発本よりも効き目がある一冊。
ぜひ、ご一読をー!