東京モーターショー

第42回東京モーターショー@ビッグサイトです。

一昨年はリーマンショックの影響で、輸入車がほとんど参加せず、
(でもほんとの理由は別のところにあるらしい……
お御輿はみんなで担がないとね、日本のメーカーのみなさん=半謎)
なんともさみしい雰囲気でしたが、
今年はほぼ復活です!(国債利率が超ハネ上がっている某国は不参加ですーおお、我が故郷が~)



今年は幕張を離れて、東京にもどってきました。ビッグサイトでの開催です。

これでほんとの「東京モーターショー」になったというか。
東京ディ〇ニーランドにしろ、新東京国際空港にしろ、東京ブランドがひとり歩き中。

エコを真面目にやりつつ、でもクルマの楽しさも追求する。
今年の東モは、あちこちから気合と決意表明がびしびし伝わってきたような。
うーん、私としては「安全」もちゃんとやってねって、言いたいところではありますが。

世界的に見て市場縮小中の日本。対して、超加速度ついて拡大中の隣国・中国。
東モの立場もびみょーですが、
ユーザーをふくめた質の高さでは、評価されているので、
がんばってほしいです←だれに?

ナンシーかわいい!

本日もインターfmへ。
今日はザ・モーターウィークリーではなく、
「Pet Jam」の収録です。 →こちらをクリック!

拙書「ベイリー、大好き!」とともに、
「しっぽをなくしたイルカ」「ゾウのいない動物園」をとりあげていただきました。
DJは、早見優さんと、獣医師の佐草一優さん。
ナンシー、超かわいいです! きらきらしていて、うっとりです~。

放送は、12月のevery火曜日。6日、13日、20日、27日の、15時30分~37分。
しどろもどろのイワサダ、お恥ずかしい限りでございますー。

収録後は、某第一人者さまの職場訪問取材へ。



お昼までごちそうになってしまいまして。
初対面だというのに、あまりの落ち着いた空間と、お人柄のあたたかさに、そのまま住み込みたい気分。

仕事しろ、自分!

そして夜は、国際交通安全学会の勉強会です。
実験結果やデータをもとに、安全への解決策を模索します。



一日、がんばった自分へのご褒美か、こちらもいただいてしまいました。
お風呂あがりにはると、お肌ぷりんぷりんだそうですー。

どなたにいただいたかは、ないしょ。Hさん、ありがとうございます!

ダブル・ラジオ

うおー! と、アタマから煙を出しつつ、平日のだだ遅れなデスクワークを取り戻した週末。
でも、トイレはびかびか=くどい?

そして月曜は年末進行中のラジオです。
簡単なようで、ない脳みそをフル回転させているため、
二本収録のときは、脳内でなにかが溶ける音がします=それはなにっ!?
みなさんに支えられ、なんとか終了。

モーターショー前のすべてのイベントをフルキャンセルし、とっとと帰宅&原稿書き。
すいません、ご担当者のみなさま!

手から生み出されるもの

ペットボトルとス〇ッカーズをカバンにしのばせ、新幹線で西へ。
(新幹線って天災等々でときどき長時間止まるので、必ず食料持っています!)



降り立った駅には、おお、青い鳥が! いきなり幸せだし?

今日は某プロフェッショナル様のお仕事拝見、現場訪問です。
はい、魔法の手です。
目の前にどんどんカタチとなって現れてくるものに、感激です!
しかも作業されるF嬢のお人柄がすばらしい。
文字には性格が反映されるというけれど(悪筆な自分に反省をこめて……)、
こうした手から作られていくものも、同じなんだと思います!

本当はもう少し早く失礼する予定だったのに、
あまりのミラクルな仕事ぶりに、こっそり携帯電話操作して、
予約した新幹線を遅らせてみたり←読みが甘すぎました~。

あまりに楽しくて仕事なんだか遊びなんだか=いつものこと……。
みなさん、ありがとうございました!!

マダムな夜

出会いの運の強さは、自分でもあると思っています。
「この人に会いたい」
そう願うと、近いうち必ず会えるというか。

いま一番、会いたい人は誰ですか?
以前、担当ももちゃんとそんな話をしていたときの私の答えは、M嬢。
なんでどうして、そんなことができるのか、一度、お話したいと思っていたところに!
本日、そのチャンスが!



肉食女子(!)にあわせたメニュー♪ 食は元気の基本です! 

以前、一度だけお目にかかったことはあるものの、
きちんとお話させていただくのは、今日が初めて。
予想通り? いえ、予想以上にチャーミングで好奇心いっぱいで、
愛らしくて、でも芯の強さが垣間見え、すてき~!
ああ、こんな落ち着いたマダムになりたいですー。

本日の危機感あふれる(?)現場取材のあとの、ほっこりした時間に癒されます。
みなさん、ありがとうございました~。

J-WAVE「Hello World」

夜、こっそり(?)家を出て、22時からの生放送のためJ-WAVEへ。
「Hello World」。ナビゲータは、大好きなDJ TAROさんです! 感激! →こちらをクリック!



六本木ヒルズビル33階。超お洒落なオフィスです~。

セラピードッグ、ベイリーの活動について、話をさせていただきました。
生放送ゆえ、言ったらそのまま放送される、というのに不慣れでして。
つい、いつもの癖で「ここ切って」と言いそうになりまして。
言いっぱなしで言葉が足りず、誤解を受ける表現だったなー、とか、
これを言っておけばよかったなー、とか、
終了してスタジオを離れ、自己嫌悪の嵐です。とほほ。

セラピードッグはストレスがあるのでは? という質問に「はい」と言ってしまったんですが、
でも、本当にストレスがあるかどうかは、ベイリーにしかわからないんですよね。
少なくとも、ベイリーは子どもたちといっしょにいるのが大好きで(たぶん)、
だから子どもに触られるのは、そんなにいやではないんだろうし(たぶん)
でも、じっとしているのは、それなりにストレスもあるはずなんだし(たぶん)。
そう、ぜんぶやっぱり、人間の想像のなかでしかないわけです。

水族館のイルカたち同様、人間よりで生活している動物に対する考え方はさまざまです。
私は、美ら海水族館の元館長が言っていた「必要悪」という言葉が、一番、納得できます。
動物の自然体とは違うことを強いている。でも、こうした活動は必要。
ならば、それに関わる人たちは、動物たちに対して、できるだけのことをする。
水族館のスタッフにしろ、ベイリーのハンドラーさんや病院スタッフにしろ、
頭が下がるほどの愛情を、動物たちにそそいでいます。

それに、そこを言い始めたら、ペットはどうなの、とか、
食用動物はどうなの、とか、ああ、話が広がりすぎてようわかりません!

いつもこういう問題に直面するたびに、ぐるぐるぐるぐる、いろいろ考えて、
そして最後はいつも「がんばろう!」という思いに行き着きます。
人間は、生き物の命をいただいて生き延びていて、
動物に癒してもらいながら、生き延びていて、
だったらそのぶん、自分が精一杯生きなきゃ、申し訳ないじゃん? 
そう思っています。

ひとりSASUKE状態

いま、どういうことになっているかわからないのだけれど、
以前、テレビで見た「SASUKE」という体力勝負の番組。
時間制限が設けられていて、目の前に立ちはだかるいろんなトリッキーなものを、
体力と技術と精神力で乗り越えていくというもの。
なんか、このところの時間に追われるばたばたと、
細かく押し寄せる「乗り切った~」という安堵感は、なんかそんな感じかも。

早起きして原稿書いて、午前中に打ち合わせひとつ。
昼から東京交通安全教会さんの講演をしたのちに、場所を移動して取材、と。
刻々と動く状況に、ちょっとでも気を抜くとワケわからなくなりそうですー。



ソウルシスターが差し入れを届けてくれました。みかん、甘いです!
キウイも味が濃厚で美味しいです。ありがとう!