改めてわかったこと

本日は激走往復700kmです。

今日の八ヶ岳は、こんな感じ。雲がかかって残念。

どうしても、行かなくっちゃなことが起きて、突発的にねじこんだスケジュール。
そしてわかったことは……。

1)時間は作ろうと思えば、なんとかなる。

2)原稿を早く書けると、ほかにいろんなことができる。

3)世の中の女性は、ものすごく歩幅が小さい。

5年ぶりにスカート(喪服ともいう)を着たら、歩けないのなんの……。
私の歩幅は、そんなに大きかったのか。というか、世の中の女性は、そんなにちょこちょこ歩いているとは!

ふさちゃん、やすらかに。

今日も100%男子

本日、久しぶりに100%男子に会いに、取材しに。

昨日のブログで説明を端折ってしまったので補足。
遠距離家族の彼は、はるばるクルマを飛ばして家族に会いに行き、こどもに接する。
で、前回、会いに行ったとき、せっかく行ったのに、
眠さに負けて寝ちゃったり、携帯をいじったりして過ごしてしまい、帰路ふと考えたんだそうな。
「俺は今日、こどもと100%向き合ったのか?」
答えはノーで、
月間スケジュールにはなかったものの、ふたたびすぐに休みの日に、
クルマを飛ばして向かったのだとか。
そして、徹底的に100%、こどもとガチで向き合って、
その思いは、長男坊にもどすんと響き、
それはそれは、いい時間を過ごせたのだとか。

カタチだけ作って、やったつもりになるのではなく、
しっかりちゃんと、結果を出す。……いいなあ、こういう話。

というわけで、そんな彼を含めたエネルギーあふれる池面男子たちは、今日も全開です。
私も階段ダッシュ、がんばります!(謎)。

100%

このところ、年下の池面男子たちが、やたら心に響く格言を言う。

「力なき正義は、無力なり」

ああ、ほんとだよ。私ってば、やすっぽい正義感をふりかざすだけで、
結局、わなわなふるえるだけじゃん=エネルギーの無駄遣い。
もっと戦略とか、戦術とか、相手をどうすれば説得できるかとか、
オトナな「力」をつけたいものである。

そしてもうひとつ。

「自分は今日、100%やったか?」

たぶん、150%くらいずつやらないと、私の夢や目標に届かないのはわかっているけれど、
そして、ときどき自分でも驚くぐらい、180%の力が出ることもあるんだけれど、
でも、2サイクルエンジンみたいなもので、
自分を鼓舞してがんがん焚き付けないと、そんなパワーが出るわけもなく、
そしてトルクがないもんですから、ちょっと回転数が落ちると、ぐだぐだになるという。

これじゃいかん!
100%男子に顔向けができないではないか。
でも、やれなかった自分を叱咤しすぎると、心の病になるらしいから、
今日ももぐだぐだではあるけれど(それでも、トイレはぴっかぴか!)、
眠る前に「よくがんばりました!」と、自分を褒めてから目をつぶることにしよう。

今週で10月も終わります。すでにフリースの季節って現実に愕然です。

日本図書館協会選定図書

取材と講演会が続いていたけれど、家にいる平日。
仕事に曜日は関係ないけれど、でも、平日、外出の予定がないと、なんだか得した気分です。
なぜだろう。なぜかしら? ←こどものころ、そういう題名の本があって、すごく好きでした。
*ただし、どうして雨が降るの? という問い(うろ覚え)への答えは、
こども心にも、ものすごく解せなくて、そんな答えでこどもがだませると思うなよ!と、
幼くして反発精神を満々にみなぎらせたのを覚えています~。

そして!
「青い鳥文庫ができるまで」、日本図書館協会選定図書に選ばれました!

ありがたいですー。嬉しいです!

10月24日の東京新聞「大波小波」でも、紹介くださったとのこと。
多くの方が話題にしてくださって、光栄です!

今日は西へ

クルマを西へ走らせて、安全運転へのお手伝い。
60分のお時間をいただいて、話をさせていただきました。

張り紙が立派すぎて、落ち着きません=貧乏性!

クルマの運転は、認知>判断>操作。
目で見てしっかり認知して、的確な判断&動作を!
加齢とともに、うっかりもふえます。みなさん、お気をつけて!
従業員のみなさんへの、健康管理もよろしくです!

東京交通安全協会

撮影車両を返却し、東京交通安全協会さんの講習会へ。

今年最後の講習会です。内臓エプロン、出番多しです。

今日もシートベルトやドラポジ、高血圧、そして睡眠時無呼吸症候群などについて、
話をさせていただきました。
健康管理が交通安全への第一歩。健康がいちばんです。

終了後は、打ち合わせをふたつ。
怒涛の10月も、最終コーナーがちょこっと見えてきました。
もう一息、がんばりますー。