天の声

原稿を読んでくれた、担当ももちゃんの反応を聞くまでは、
生きた心地がしません。
もっともこれは、児童書界の巨匠I先生もおっしゃっているので、
私だけ、小心者というわけではないと思うんですが。

そして、5時起きで、往生際わるく原稿をいじりつつ迎えた約束の6時。
電話の向こうから、「できたんじゃないでしょうか!」
という、ももちゃんの天の声が~!

あああああ、脱力。
ここからまだ、校正さんやら、池面軍団のチェックやらあるんですが、
まずはひとつ、山を越えましたでございます。
これで、こどもたちの夏休み前に本が出せそうですー。

そして、ごちゃごちゃと、草稿をいじり、ぽちっと送信。
これでゲラになるまで、私の手から離れます。いってらっしゃーい!
ほっとひと安心した私が出向いたところは、こちら。



ATTTアワードです。今年も選考委員&トークショーをさせていただきました。

いや、しかし。トークショーの内容よりも、
控え室での、ITジャーナリストの面々の話のほうが、百万倍面白く!
プロが知る真実の世界って怖い……(笑)。
みなさん、お疲れ様でした!