池面、三連発

始発に乗るべきか悩んだものの、ちょっとくじけて4時45分起き。
6時半の新幹線で、一路、西へ。
本日は、インタビュー取材です。

ひとりめの池面は、日本の今を支える方。
「命を削って」という言葉に、しみじみです。
こういう人に、こどもたちの未来は支えられているんだなあ。
たくさんの熱いお話、ありがとうございました!

ふたりめの池面は、日本の未来をつくる方。
強い意志と、着実な歩みに、惚れ惚れです。
しかし、底知れぬ食欲……若いっていいなあ。
いっぱい食べてくれて、ありがとう!

そして、眠いんだからとっとと帰ればいいのに、
せっかくここまで来たのだからと、
世界の夢を一手に担う、三人目の池面と待ち合わせ。



ボーナスない身分ゆえ「ボーナス出たからおごる!」と言われると、
小躍りしそうな勢いで、首をタテにふる私。あざーっす!

同期の桜ちゃんな池面と「初老」をテーマに、語り合いました。
・・・なんだよ、初老って!
いっしょにすんなよ!
同い年だけどさ。

いいなあ、同い年って。
久しぶりに会って話していても、温度差がないってのがすごい。
グラスかたむけて、バカ話できて、こういう友人がいると、
年齢を重ねるのって素敵だなって思います。

私は最終新幹線、逃さなかったもんね。
次回は都内、焼き鳥屋ってどう?=私信。