気合注入

取材が終了したので、プロットもって打ち合わせ@講談社。
「イワサダさんというと、粉モノ連想しちゃって」と、
担当さまが待ちながら用意してくれたのは!

P1090714

たい焼き~! しかも、あんこ&クリームチーズ!
うんまー!

あまりの美味しさに、打ち合わせの気もそぞろ(だめじゃん!)
草稿の完成目標日、入稿予定日などざっくり決めていただき、
気合注入です。

いずれにせよ、原稿がないと話にならないので、
あとは書くだけ。
来年は2冊! 今夏からずれこんでいるのを入れると3冊!
できればさらに、もう一冊!(=欲が深い=書いてから言え!)

火山灰とヘリ

火山灰は粘土質で、航空機やヘリなどのジェットエンジンが吸い込めば、
破損することがあり、結果としてエンジン停止へとつながる。
雲仙普賢岳の活動の際、自衛隊のヘリがエンジントラブルを起こし、
不時着した過去の事例もある。

「ヘリでどんどん救助すればいいのに」
そういう声を聞くけれど、
あの場所に行く自衛隊ヘリも、ぎりぎりの判断で活動していることを、
理解していただきたい。
噴煙は避けたとしても、自ら起こすダウンウォッシュで、
積もった灰を巻き上げているのだから。

今日はそんなことを思いながら、胸がつまる思いで過ごす。

P1090713

原稿のお供は、新たに届いた「豊水」。あまいですー!

山の事故

山を愛するひとりとして、
御嶽山の噴火事故は胸が痛む。
なにも、紅葉がきれいなこの時期の、
晴天の土曜日の、お昼どきという、
一年でいちばん、山好きが集う時間帯に噴火しなくてもと
思わずにいられない。

怪我をされた方の回復と、亡くなられた方のご冥福と、
いまなお山で助けを待つ方々の救助と、
救助活動をされている方々の安全を、祈るばかりである。

死亡確認は医師でないとできないため、
死後硬直や、部分的に切断など、あきらかに生存していない状態以外は、
消防も警察も自衛隊も「心肺停止」として、対応をする。
そして私は、東京消防庁の取材のなかで、なんども聞いた言葉がある。

「僕たちは、死亡確認はできない。どんな状態でも生きていると信じて行動する」
「たとえ死亡確認されたとしても、少しでもいい状態で、
一刻も早く、ご家族やご友人のもとへ返してあげたい」

空路、陸路で要救助者のもとへ向かう各隊員の制服姿を見ながら、
その覚悟と決意が思い出される。
火山活動が続き、降り積もった火山灰が巻き上がる過酷な状況のなかでの活動、
どうぞ、ご無事で。

しゅーっ。

肉体労働が続いたあとは、頭、使っています。
本日、さまよったのは、こちら。

P1090712

午前は4号館。午後は3号館です。
頭からケムリが、音をたてて出たような。

合間に少し時間があいたので、久しぶりの銀ぶら(古い!)。
10年愛用している手帳用のシャーペンがボロボロになり、
セロテープ補修も限界に。
改修工事中の伊東屋さんの仮店舗へ行ったら、
さすが、すばらしいプロ対応。
文具が好きな人がそろえる品の数々が並ぶ店内は、
アウトドアショップの次に好きな場所ですー。

アクアライン通行止め!

台風が熱帯低気圧になったとはいえ、
まだら状の雲が繰り広げる天候に右往左往中。
本日は、千葉方面。
行くには、アクアラインを通るけれど、強風、大丈夫か?

行きはOK。でも、横風でふらつくトラック。ひえー。

P1090711

まだ登録前のクルマゆえ、クローズドコースでの試乗です。
発表もまだなので、写真での紹介もできず。

読んでくださっているみなさんには、なんのこっちゃな状態ですが、
解禁になった暁には、【レスポンス】にレポしておきますー。

そして帰りは予想通り、アクアライン、通行止め!
あっちゃー。
東京湾をぐるっと回って帰宅。
渋滞がなかったのが、せめてもの救い。

霧の箱根

雨予備でキープしていた三日間でリセットし、
本日は、霧の箱根です。

ターンパイクを貸切にし、試乗させてもらいました。
まだ、登録されていない状態の、BMW i8!

P1090708

ガルウィングってだけで、気分、上がります!

色といい、デザインといい、乗り込むときの儀式といい、
ハンドリングといい、視界といい、音といい、うっとり~。

拡大版青い鳥文庫

10日間ほど、レッドゾーンに入りっぱなしで過ごしたため、
ふー、なんとか乗り切ったー! な状態。
書籍取材が終了したので、取材セットを片付けたり
(でも、訳あって、セットのまま押入れに。ふっふっふ)、
たまりにたまったルーティンな仕事にとりかかったりの三日間。

そして、届いたのがこちら。
「ぞうのいない動物園」、拡大版にしていただきました!

P1090707

比べてみると大きさの違いを実感。
弱視の子どもたちがよみやすくなります!

電子書籍の普及で、簡単に文字を拡大できるようになり、
高齢者や視力の弱い人も、読む機会が増えたのは喜ばしいこと。
でも、やはり「本を手に取る」という楽しみは、
こうした物理的な「本」だけのもの。

拡大版作成にご尽力くださったみなさん、ありがとうございます!