木々のなかで

喧騒のなかで、余裕がなくなってきたので、
今日は、自分に向き合う日。

s-DSCN0299
大好きな場所。
空気がぜんぜんちがいます。

交通安全シンポ@名古屋

本日は名古屋。
国交省主催、交通安全シンポジウム@名古屋です。

s-DSCN0297
交通政策審議会で、今後の車両安全のプランがまとまり、
その発表の席という位置づけです。

会議では、「うるさいよ、イワサダ!」といつ言われるかってくらい、
「こども、こども、こども、こども!」と、言い続けました。
だって、いまの車内の安全って、成人体型だけで、
こどもや小柄な人のこと、ぜんっぜん、考えていないんだもん!
自動車メーカーに「ちゃんとアナウンスしようよ!」って言ったら、
「そんなこと、できるわけないじゃん、売れなくなる」って、つぶやいた人がいるとかいないとか。
おい!

でも、クルマだけにすべてを担わせるのは酷だよね。
ちゃんと使ってこその安全装備。
これからは、車両安全技術と、使わせるための道交法はセットで考えないと。
歩行者も、自転車も、もちろんドライバーも、
交通社会の一員として、甘えることなく行動する時代になっています!

自動運転

自動運転は、世界的な競争状態にあるがゆえ、開発も急ピッチ。
ただ、実現するのに一番のハードルは、
技術ではなくて、法律の整備と、社会受容性。

そう、買う人がいなければ、モノは普及しません。

ただ、機械は壊れるものと理解する欧米人に対し、
日本人は完璧が好き。
英語学習を見ても、完璧じゃないと話さないし。

開発の途中で、事故でも起こしたら、
ましてやそれが、被害者がこどもだったら、
社会受容性は一気に下がると思います。

クルマのなかにいる人なんて、速度さえ下げれば、
いまの衝突安全技術をもってすれば、死者数なんてかんたんに減らせる。
問題は、クルマの外にいる人たち。
歩行者を守れなければ、自動運転は一般道ではむずかしい。

そんなことを思いながらの会議。
相変わらず、しゃべりすぎ=自爆。

使いたくなる

本日は、某公共施設へ。
すると、入り口わきに、こんなものが!

s-DSCN0292
自転車置き場。おっしゃれー!
使いたくなるデザインって、いいと思いますー。

これを受けて、使う側もちゃんと使っていかないと、
また、めっちゃ実用的で、だっさださな案内になっちゃう。
がんばれ、住民のみなさん!

施設内誘導

先日、某病院に行ったら、
駐車場から目的の病棟まで、施設内案内がつながっておらず、
右往左往したっけなー。

そして本日@上野駅。
永遠に出られないかと思いました……。
目的の出口に向かって歩き、おかしいなーと振り返ると、
いつの間にか、目的の出口が後ろ方向に誘導されている……。

迷路ゲームか。

s-DSCN0288
日本人でも迷うのに、これで海外の観光客って、大丈夫なのか。

施設内を熟知しすぎている人が、アリバイ的に作ろうとするからこういうことになる。
相手の立場にたって。この言葉を、担当者はちゃんと考えるべき。

本日は、某プロフェッショナル様に取材。
話、おもしろくて時間足りないし!

本日発売!

「未来のクルマができるまで ー世界初、水素で走る燃料電池自動車 MIRAIー」

本日、発売になりました!

s-DSCN0287
表表紙と裏表紙。
登場してくれた方々を、青山浩行先生がイラストにしてくださいました!

MIRAIがどうやってできたかが、正確にわかる本ではありません!
=期待して買っちゃうといけないので、先に言っておきます。

大人でも、トヨタの人でも、迷ったり、失敗したり、落ち込んだり、
それでも仲間を信じて、最後まで諦めずにがんばったんだよ、
だから、世界初のクルマができたんだよってことを、
こどもたちに、楽しく、わかりやすく、伝えたくて書かせていただきましたー。
完全独自企画、自費取材。もちろんタイアップなしの、買取約束もなしです!
なので、それはもう自由に書かせていただきまして。
=自由すぎて、事実誤認もそのまま原稿にしてしまい、
校正段階で、指摘修正していただきました……。

取材にご協力くださったみなさん、ありがとうございました!

クルマ好きの人には、ぜったい面白いと思います。
そしてこどもたちが、クルマ作りやモノづくりに興味もってくれるといいなー。

ぜひ、読んでください!  あとがきのあとがきは、こちらから →クリック!

「われわれ保護者」

交通事故関連の会議に出ると、
こどもをどうやって守るかしか、考えていない。
いえね、高齢者とか、大人は、ほかに考えてくれる人がいるので、私じゃなくてもいいんです。

だけど、こどもって人数少ないし、となると事故も少ないし、
「数を減らす」を目標にかかげている日本の交通事故対策だと、ないがしろにされてしまう。

「われわれ保護者」

私が、会議で口にするセリフです。
われわれ、って?
私、こども産んだことないです。母になったことないですよ。
だけど、こどもに責任をもち、
社会で守るという信念からいえば、
こどものそばにいる大人は、保護者だと思っています。

他人の子であろうと、会ったことのない子であろうと、
交通事故に遭わすわけにはいきません。
朝から会議づけで、こどものことを一所懸命考えた水曜日。