道の駅「にしかた」自動運転実証実験

本日は、栃木市へ。
内閣府SIP-adus、国交省道路局が行う、
道の駅を利用した自動運転サービスの実証実験開始です。

最初にスタートする道の駅「にしかた」で、式典が行われました。

s-ロボットシャトル (2)
このエリアで使われるのは、DeNAがサービスを展開するロボットシャトル。
運転席はなく、前と後ろ、向い合せになるように3つずつシートがついています。

この「にしかた」の周辺は、田んぼが広がっており、
直線路(自動運転で走りやすい)+高い木々がない(GPSがちゃんとキャッチできる)という、
とても、自動運転車両に向いているエリアです。
このほか、今年は全国12か所で実験を予定。
高齢者の方々の足の確保のためのデータがうまくとれますように。

私の雑感は、今月中旬ぐらいに【レスポンス】にてお読みいただけるようにします!

防災の日

9月1日は、防災の日です。
私も、この日と3月11日に、防災リュックの点検をしています。

そして、今年は、朝からこのような安否確認メールが!

s-DSCN1776
現状とメッセージを書き込んでぽちっと送信します。
集計は、総務の方々! ありがとうございます。

6月から東北自動車道や関越自動車道などの、SA/PAを担当する、
ネクセリア東日本の仕事をさせていただいて、
総務さまが、私も安否確認の仲間に入れてくれましたー。

フリーランスは、どこでのたれ死んでいても、誰にもわからないため、
こうした安否確認は、なんだかすごくうれしいです。
ありがとうございます。
ちなみに、東日本大震災が発災した2011年は、
Tarzan編集部でレギュラーページをさせていただいていたので、
セクスィー編集長の指令により編集担当さんが、安否確認をしてくれました。
あのときも、うれしかったなあ。
フリーランスにまで連絡をくれたのは、Tarzan編集部だけだったなあ(遠い目)。

災害は、忘れたころにやってくる。
みなさんも、いざというときの準備をお忘れなく!