HEM-Net

たいした量の原稿があるわけじゃないのに、
なぜか慌しく過ごしており、
あわあわと、午前中が締め切りの原稿を仕上げた後は、
ドクターヘリ関連の会議へ。



AACN研究会です。AACNは、交通事故の患者さんを救う、最後の切り札と思われます。

AACNについては、HEM-Netのサイトから。 → こちらをクリック!

視聴率とデータの読み方

報道によると、視聴率はリアルタイムで見ている人のデータであり、
録画して見る人はカウントされていないんだそうな。
でも、いまやタイムシフトの時代。
番組録画が簡単にできるようになってからは、
機械に苦手な40~50代の女性の録画率が一気に高まって、
自分の見たいときに見たい番組を見る、という流れが定着しつつあり、
いまの視聴率ってアテにならないぞ?と思ったり。

そして、先日、IT関係に詳しいジャーナリストの面々と話をしていたら、
面白いデータが。
DVDのボックスは、金銭的余裕のある40~50代のほかに、
20代男性に、購買層の山があるんだそうな。
20代の男性、そんなに好きなのか?
クルマも買わず遊びにも行かず、デートもせずに、ひきこもりなのか?
そんな20代の行動パターンを想像大盛り上がりしたあと、ふと、だれかがひとこと。

「いや、ちがうかも。
転売してもそこそこ高く売れるから、
すぐに売っちゃうのかも」

彼らは、IT機器を使いこなすうえに、
いまや一般の人でも、全国展開の販売網(〇〇オークションとかね)があるから、
売りやすい。
だから、DVDは単なる自分が持っておくためだけに買うのではなく……。
(自分の手元にあるあいだに、いろいろするらしい。
いろいろって? 発言を控えます!)

なるほど。一理あるかも。
となると、年代別購入データは、単に「見ている」「好き」「興味がある」というデータではないわけで。

そういえば何年かまえに、某代理店の人が、
「PCを使う女子には、〇〇メーカーが人気で、
携帯を使う女子には、**メーカーが人気なんですよ」
と、自社で集計したアンケート結果を自信満々に言っていたっけ。
あまり女子受けしないと自覚していた**メーカーの人は有頂天になっていたけれど、
でも、そのとき、**メーカーは、超人気アイドルをCMに起用して、
ばんばん流していた時期だったりするわけで。

メーカーが人気なのか、アイドルを頻繁に見ていたので、一時的に認知度が上がっただけなのか。

アンケートにしろ集計にしろ、
そこからなにを読み取るかが重要なんだけどな。
自分の都合のいいように解釈して喜んでいるアンケートって多いと思う=特に官公庁。
人間、見たくないものは見えない。聞きたくないことは聞こえない。

ううむ。自戒の念をこめて改めて。

今週、二度目の。

今週、二度目の山梨入りでございます。
いまの山梨、最高です!
遠くには南アルプスが雪をかぶって連なっていて、
目の前にはモモの花、新緑、いやされる~。

平日に、オープンカーでこのエリアを走り回るって、
ああ、この仕事していてよかった……。



そして、巨匠が腕をふるっておりまする。
若大将は、クルマのキャラにあわせて赤いパンツをチョイスです。

今回もまた、巨匠の腕が光ります。
ぜひ【Tarzan】で、ご覧くださいませー。

女性セブン50周年

本日は、朝からPC前で奮闘したのち、
小学館「女性セブン」創刊50周年記念パーティにおよばれです。



広い会場なのに、酸欠しそうなくらいの人数がぎっしりです!

さすが女性セブン&50周年。
まわりを見ると、「おお!」やら「うわ!」やら「うっそ?」な方々が。
30年前の私なら、まちがいなく写真とりまくり&サインいただきまくりだったかも?

いまの私はというと、芸能関係の方々よりも、
目の前にいるスーパーでハイパーな方々に萌え~な状況でして。
私のヒーローは名前は残さず、成果だけ残すわけで。

でも、芸能関係の集いのあでやかさは、
ふだん、地べたにはいつくばっている我が身からしたら夢のような世界。
だから「芸能界」なんですけれど。
いい夢見させていただきました!

撮影

本日、出没したのは山梨県。
晴れ男、若大将。今年にはいっても順調にその記録を伸ばしております。



巨匠&若大将、アングル検討中。クルマの右側には、おおお?な景色が。

そろそろ新緑が芽吹き始め、この色どりゆたかな景色を見るだけで、
心が洗われるきぶん。
どんだけ汚れているんだって感じですが。

巨匠の見事な写真は、【Tarzan】にて!

情報中毒

土曜日、御殿場方面にて祖母の七回忌。
終了後、東名高速に入る直前の掲示板の表示は、事故渋滞7km。
さらに、乗った直後に「通行止め」。

なにー!

厚木ICで降りろとのこと。
1)厚木ICの出口で大渋滞なら、秦野中井で降りたいし。
2)事故がそんなにひどくないなら、通行止めはすぐに解除されるかもだし?
どうする、私?
スマホ時代。こういうときは、情報戦である。
判断材料をできるだけ集めて、正しい判断(最善のルート選び)をしなければ。

しかし!
あわてて、同乗の家族にネットで渋滞情報をチェックさせるも、
これがまあ、欲しい情報にたどりつけないことといったら。
御殿場ICから乗った直後から探してもらい、
渋滞がそれなりの長さだとわかったのは、
厚木ICから圏央道へと向かい、圏央厚木ICで降りてR246へ行こうとしたころ。
うーん、これでは夕方になって、今日の天気がわかるようなもの?

たしかに、うちの家族が交通情報を拾い慣れていないというのもあるけれど、
でも、欲しいときに欲しい情報が手に入らないようなサイトの作りってどうよ?
キーワード、ちゃちゃっと入れたら、ぱっと欲しい情報にたどりつけるような、
そういうユーザーサービスもすべきでは?

HPって、作ればいいというもんじゃなし。
使いこなしてもらって、初めて役に立つんだし。

私のサイトは個人の趣味ですので、こういうタスクはないということで、ひとつ!

恋、のち、友だち

好きな人への恋心がみのらなかったなら、
せめて友だちとして、笑いあいたいと願うのは、小さな乙女心?

幼いころは、そうは思いつつも、せつなすぎてたまらなくて、
「友だちとしてなんて、ありえない!」と、わんわん泣いたりしたけれど、
人生経験がありあまるくらい豊富になってくると、
精神年齢15歳の私ですら、そのあたり、上手にいなせるようになるものですよ。

ノンフィクションの取材は、
「その人のことを、もっと知りたい」と願いながら進めるため、
それは「恋」にとてもよく似ています。
実際の恋愛感情と異なることは、重々承知しているものの、
それでも、取材終了とともに、ふっと現実の世界からも、私の過ごす時間からもいなくなると、
まるで恋人がいなくなったようなさみしさに襲われることたびたび。

ああ、友だちになれたらなあ。

自分が「女」だったり、年齢に「差」があったり、
生活する地域や、時間帯がちがいすぎていたり、
障壁はいくつもあるけれど、
でも、きっとそういうのは、自分がふられて傷つきたくない言い訳にしかならないんだろうな。
とはいっても、取材終了後もこっちからアクションをおこすのは、気がひけるんだよなあ。

と、もごもごしている私に、
取材終了後も、連絡をくれるみんなに、あらためて「ありがとう」です。
ねえさんは、みんなが大好きです。



本日は、取材で果てしなくお世話になった方々にお声がけいただいての焼き肉!
しあわせですー。ありがとうございます!