ビンゴ!

取材です。
前回、こちらに取材におじゃましたとき、遠方から差し入れの南国フルーツが届いていて、
おすそわけをいただいた私。
なんて、タイミングがいいんでしょと、自分自身にうっとりしたものでした。
で、そのときに「第二弾もある」という噂が。

いやあ、いくらなんでも、そこまでは無理でしょ。
ところが、今日、ふたたび取材先におじゃましたら、こんなものが!

090812
ブルーシール・アイスクリーム! 
ゴーヤ、パッションフルーツ、塩ちんすこう、べにいも、さとうきび黒糖、バニラという、すごいラインナップ。


まさにビンゴ!でありました~。
ごちそうさまです、Kさん(笑)。

この「塩ちんすこう」ってのがあなどれません。
クッキークリームのクッキーが塩ちんすこうになっているので、めっちゃおいしいのです。
はまりそうですー。

みなさんのおかげ

午前中に打ち合わせをひとつして、
午後は、「テイクオフ! ドクターヘリ物語2」の再校。

090811
最後のチェックです。どきどきです。

9月発売が決まり、青い鳥文庫のサイトにも表示されました~。こちらをクリック!

こうしてやっていると、本当に多くの方の手で、世の中に送り出していただいていると実感。
先日、児童書作家I先生のトークショーに行ったときも、I先生が、

「本は書き手とイラストレーターだけでつくっているわけではない。
編集担当がいて、デザインをする人がいて、校正、プロモーションをする人、
日々、書店をまわってくれる営業など、本当に多くの人がかかわって一冊を作っている」


と、おっしゃっていたけれど、本当にそのとおりだと思います。
むむむー。ラストスパート、がんばります~。

そしてラジオ

朝から原稿書き。かなり厳しい状況。
こんなはずでは……と思ったところで、後悔先に立たず。
でも、どこでまちがえたんだろう=っていうか、もともと計算した人生じゃないじゃん、自分。

今日もラジオです。
今日は、トークは勢いよくいったのに、ニュース原稿読みで、カミカミでした……。
なんであんなにカんだんだろう=っていうか、もともとカツゼツよくないじゃん、自分。

日々、自分を見つめ、新しい自分を発見しております。

バカまっしぐら

「青木拓磨」と書いて、ふり仮名は「バカまっしぐら」。
あんたねー。褥瘡わるくして、何ヶ月も入院していなかったっけ?
で、退院したと思ったら、

「タイラリーに出ます!」

って、どういうことよ?

すっかり専用サイトなんて作っちゃって、
タクマの「タイラリー参戦記」はこちらをクリック!

すっかりタイまでエントリーに行っちゃって、
詳しくは、タクマのブログでチェックしてください。こちらをクリック!

開いた口がふさがらない、とは、こういうときに使うものだと、実感しましたよ。
でもね、この人が動くと、まわりに風が吹くわけです。
きっと、まわりの誰もが、忘れていたなにかを思い出す。
いまの場所の、居心地のよさに、うずくまっている自分に気づかされるわけです。

駅の階段を二段飛ばしで駆け上がりつつ、走れる自分に感謝して、
まだまだ、ローリング・ストーンでありたいと思います。

トークショー

取材です。
いつもながら思うのは、この体力と行動力と前向きさが、
17歳のときにあったなら、きっと私はちゃんと大学に行って、別の人生になっていただろうに。

ま、行かなかったから今の人生があるとすれば、行かなくて行けなくて、正解かも~。

夕方終了し、夜は、児童作家の大御所、I先生のトークショーへ。

090808
シリーズ累計160万部! いまの小学5年生に、圧倒的な人気です!

勢いで児童文学の世界に踏み込んでしまった私と違い、
I先生は、子供と本について、いろいろと調べていらして、
ほー、とか、へー、とか、ひざをたたきまくりな90分。
先生、ご推薦の本は、ぜひ、読んで勉強させていただきたいと思います!

若者の読書離れって言うけれど、実はいまは完全に回復しています。
子供が本を読まないと嘆いている、いまの小学生の親世代からはじまって
いまの社会人なりたてくらいが、
実はいちばん、読まずに成長した世代のようですー。

自爆中

午前中に原稿書き。
午後は、急遽、召集がかかって、打ち合わせ。

090807
打ち合わせに出てきたオレンジジュース。濃縮還元じゃなくて、おいしい。

最近、仕事がどんどん雪だるまになっていて、
もう少し、じっとしていればいいものを、
なんでもかんでも首を突っ込もうとする性格で、ぜったい自爆中だと思う……。
自爆、ウェルカム!←やるなら、徹底的にね(笑)。

朝インタビュー

午前中に、インタビューを受け、
聞き手のうまさにとっぷりはまって、語りまくってしまったような=反省。

打ち合わせをいくつかすませ、
試乗会に行きそびれていたプジョー308CCをピックアップ。

ああ、やっぱりきれいだし。
プジョーのボディラインはやっぱり素敵。
こういう嫌味のないきれいさ、ラインの潔さって、プジョーならでは。
4ATは、たるいよ、という噂も聞いていたけれど、
都内を走るには、瞬発力がめっちゃよくって、かなりポジティブドライブが可能。

原稿がたまりまくって、危険水域。