スクランブル交差点

横断歩道は、歩道なのだ。
右左折するクルマは、その歩道の上を、一瞬、走らせていただくのだ。
だけど、どうもクルマには、そんな意識はほとんどない。

クルマが右左折するとき、ひととクルマの動線がクロスする。
そのときに、事故はおきる。
だったら、スクランブル交差点にすればいい。

クルマはクルマ。ひとはひと。

そうすれば、動線が交差することもなく、事故の確率は大幅に減るだろう。
時間的にむずかしいと言う人がいる。
クルマが通過できる時間が短くなり、渋滞が起きると。

でもそれって、経済最優先、というのがベースにあるからだ。
安全最優先にすれば、へでもないだろう。

ただ、環境最優先なら、話は違ってくる。渋滞は燃料の無駄遣いだから避けたい問題でもある。

だったらせめて、こどもたちが通る通学路周辺とか、
スクランブル交差点にしたって絶対に、渋滞が起きそうにないエリアとか、
そういうところから、どんどん導入したらどうなんだろう。

クルマの安全性を求められるたびに、
じゃ、「道」はどうなんだよ、と、ムカついてくる。
道づくりと、道の運営について、そろそろ真剣に考えるべきだ。

なんてことを考えながら、午後は週末仕事にそなえて北上。

原稿、のち、原稿

朝から原稿書き。
短い原稿はあとまわし……としていたら、
気がついたら、かなりの本数がたまってしまい、げっ、やばい、という状況です。

そうそう、昨日、NHKの昼のニュースに出ていました、私。
幼稚園送迎バスの安全性について、国交省安全基準検討員として、NHK前橋の取材を受けたものです。

思うんですが、
少子化対策とか言いつつ、生まれてきた子供の安全対策って、壊滅的な状態かと。
自動車メーカーは、子供の安全性なんて、考えていないし
(異論反論あれば、いつでも受けます、自動車メーカーのみなさん)
民主党が勝ったとはいえ、「子供手当てを出す」って、
それ、こずかいわたして子供の面倒みない父親といっしょじゃん。

三人乗り自転車問題にしろ、幼稚園送迎バスの安全性にしろ、
病院の小児科不足問題にしろ、
子育てしなくて、自分で現場を見たこともない人がなんかやるから、
こんな状況になっちゃうような。

前橋のお母さん方、もとい、保護者のみなさん。署名活動がんばってください。
わからんちんの政治家のおじさん(女性もいるけれど)に、現場の声を届けましょう!

9月の新刊

9月になり、今年も3分の2が終了。
なんだかあっという間だったような。

そして9月17日、ドクターヘリ物語(2) 「テイクオフ!」が離陸します!

青い鳥文庫の、今月の新刊をチェックしてくださいませ。こちらをクリック!

さらに。青い鳥文庫の私のコラム、「イルカ、ときどき、ドクヘリ」も、アップしました。
こちらをクリック!

フライトドクター候補生、陸は、ついにドクターヘリで出動します。
取材をさせていただいている、日本医科大学千葉北総病院の先生に、
「半年でヘリに乗るのは、早いんじゃないの?」と。

いえ、先生、し、小説ですからー。

これは○○先生でしょ。って声も聞こえますが、いえ! それは気のせいです。
だって、これは、し、小説ですからー。

そして、小説の最後に登場するのは、シートベルトで内臓損傷した患者です。
自動車メーカーのみなさん。これが救命救急の現場です。
天井の低い後部座席をつくっている場合ではないと思います!

それも、小説でしょ? って、とんでもない! これは現実です!

DMAT災害訓練

昨日、ずぶずぶになって歩いていたので、台風直撃かと思ったら、
かすめただけで上陸しなかったそうな。

そして台風一過の今日、9月1日は、防災の日。
ヘリ部隊も大規模災害に備えて、訓練です。
川崎市にある、日本医科大学武蔵小杉病院のグラウンドに、
ドクターヘリが飛んでくるという情報をキャッチして、行ってみました!

090901
多くのドクター&ナース、近県のDMAT隊、警察などが参加しています。

「ふだん使っていないものが、緊急時に使いこなせるわけがない」
ドクターヘリを運航している、日本医科大学千葉北総病院の救命救急センター長、益子先生の言葉。
まさに、そのとおりだと思います。

我が家も、食料品のチェック。とりあえず三日間、しのげれば。
いや、この備蓄量なら一週間はカタイかも? たくわえた食料を見て、ほくそ笑む私。
問題は、非常食が常用食になってしまうことか?
「ふだん食べていないものが、緊急時に食べられるわけが……」ないわけないか。

日本カーオブザイヤー

台風直撃ですっ!
朝からものすごい風雨のなか、日本カーオブザイヤーの総会です。

090831
今年も選考委員を務めさせていただきます。

今年は、モーターショーの会場で投票&開票&表彰式というスケジュール。
その後も、モーターショー会場には【日本カーオブザイヤー】のブースが設置され、
一般のみなさんにも、30年の歩みをご覧いただけます。

モーターショーの開催期間は、実行委員&選考委員がローテーションを組み、ブースで待機。
来場くださった方々とコミュニケーションがとれるプログラムになっています。
ぜひぜひ、お越しくださいませー。

夜は情報交換会。情報はどんどんアップデートしていかないと、あっという間に取り残されるもので。
今宵も、へー&ほー、な状態。
プロ意識の高い方々との時間は、純度の高い情報がいっぱい。
トリッパのカリカリ焼きがものすごく美味しくて、シアワセ。

NHKプロフェッショナル

朝から取材。今日もたくさんの人の笑顔と、感激の涙と、がんばる姿に遭遇し、
取材をしつつ、パワーをいただいております。

そして!

私が、講談社青い鳥文庫で出させていただいている、
「命をつなげ! ドクターヘリ ~日本医科大学千葉北総病院より~」、そして
小説「ドクターヘリ物語シリーズ」の、医局長=桐嶋先生のモデルでもある、
(詳しくはこちらをクリック!)

日本医科大学千葉北総病院、救命救急センター松本尚准教授が、
9月8日(火)午後10時~の、NHKプロフェッショナルに登場です!

090829
患者のもとに飛び立つMD902。コンパクトなヘリが、大活躍します。

NHKのサイトにも予告編が出ています。
予告動画、めっちゃかっこいいので、ぜひ、チェックしてください。 こちらをクリック!

今回の番組では、松本先生だけがクローズアップされていますが、
ドクヘリに乗る救命救急センターの先生方は、みなさん、同じようにがんばっています。
もちろん、ドクターひとりで患者が救えるわけもなく、
そこには、ヘリの運航担当、地上の救急隊、ヘリを安全に着陸させる消防隊、
いっしょに飛ぶフライトナース、患者を受けいる病院のすべてのスタッフ……などなど、
本当に多くの人の協力があって成り立っていることを、読み取っていただければと思います。

交通事故の現場で、なにが起きているのか。
こうした救命救急にかかわる人たちが、どれだけ、必死に戦っているのか。
クルマの安全性は高まった、
第八次交通安全基本計画の目標はクリアしたと、喜んでいる場合ではないことを、
この番組を見て、現実を直視していただきたいと思います。
特に、自動車メーカーのみなさん。
「取り扱い説明書に書いてありますから」とお気楽に言っている場合ではないことを、
もっとちゃんと理解して、自分たちの責任を果たしていただきたいです。

壮行会

午前中に、ラジオの仕事。
夏の疲れかカツゼツが悪く、終了後、猛省。
やはり、午前の収録は発声練習やってからスタジオ入りしようと、
固くココロに誓いました。
次の収録まで、この誓いを覚えていられるかどうかが、不安だけれど=情けない。

夜は、マガジンハウスでものすごくお世話になったN氏の壮行会。
ものすごい鋭利な切り口と、絶妙なリズム感の文章を書くN氏。
彼に原稿を出すときはいつも、どきどきでした。
1~4pという、短い世界ですべてを伝えなければいけない雑誌のなかで、
タイトル、写真、本文、キャプションが、どういう存在で、どういう関係であるべきか。
本文に必要なものはなにか。なにをどう伝えるべきなのか。
いっしょに組ませていただいた数年のあいだに、
たくさんのことを、教えていただき、本当に感謝&感謝です。

私のハードディスクの容量は少ないけれど、
こうして才能あふれる多くのセンパイ(たまには後輩)に刺激され鍛えられ、
良質の情報にアップデートする機会をいただけて、幸せです。

まだまだ努力の日々です。