謹賀新年

明けましておめでとうございます。

100101

新しい年がはじまりました。
今年は私、年女です。
例年以上に気力体力、絶好調。
運気も吸い寄せ、さいしょからアクセル全開でいきますので、よろしくお付き合いくださいませ!

大晦日

2009年も、ラスト一日となりました。
健康に無事にこの日を迎えられたことに、まずは神様に感謝です。

今年も、仕事を通じて多くの方々に出会うことができ、
その出会いひとつひとつに感謝し、いただいた言葉ひとつひとつに感銘し、
自分の仕事を誇りに思い、同時に責任を痛感した一年になりました。

モーターショーの縮小に代表されるように、
自動車業界は100年に一度の大不況になりましたが、
個人的には、この仕事を始めて以来、今年が一番、スケジュールが埋まっていたような気がします。
数々の意見発信の場をくださった、メディアのみなさん、ありがとうございます。

念願だった小説デビューの機会もいただき、
大好きだった声の仕事である、ラジオ・パーソナリティの仕事も始めさせていただき、
日本医科大学千葉北総病院救命救急センターでは、
救命救急=交通事故の現実を知る貴重な取材を続けさせていただき、
本当に充実した一年でした。
みなさん、ありがとうございます。

秋田犬わんわん

今年の出会いの一番は、秋田わんこです。「ハチ公物語」の、表紙撮影でのひとコマ。
倒れそうなくらいかわいいですー! シライ犬舎さん、ありがとうございます!

そして、せっかちで、ワガママで、おこりんぼで、仕事バカで倒れそうになっている私を、
いつも叱咤激励してくれる、大好きな友人のみなさん、ほんとうにありがとう。
みんなの愛情で生き延びています。
来年こそ、遊びにいきましょう~。

今年一年、本当にありがとうございました。
来年も、よろしくです!

お餅つき!

本日は、都内某所で大お餅つき大会です!

091230

やっぱりついたお餅は、ねばりがちがいます! おいしいです~。

お餅つきながら、大願掛け大会になりまして。
「景気回復!」
「販売台数120%!」
「株価上昇!」
「レース完走!」
「嫁にいく!」

ただ、つき手の高齢化がすすみ、40臼くらいついていると、最後はみんな、よろよろです。
求む、若い人材!

今年も天気に恵まれ、よい一日でありました。
みなさん、腰、お大事に~。

ぷちっ。

タイトルは、私の緊張感が切れている音です。
本当は、まだまだ、書いたりブラッシュアップしなければいけない原稿がたくさんあるのですが、
どうも、すっかり、年末モードに入ってしまい。

そんななか、朝から来客があったり、午後には人に会いにいったりして、
人生の勉強をさせていただきました。

今年も最後の最後まで、ほんとに多くの人に出会い、
助けていただいているような。
人間、ひとりじゃ生きていけません。

今年もあと二日。そして原稿は進みません。とほほー。

忘年会

ええ、ええ。食べてばっかりですよ。
駆け込み的に打ち合わせをいくつかして、最後は忘年会です。

091228

こちらはシメのマンゴープリン。おなかいっぱいでも、つるつる入ってしまう美味しさ!

クルマ業界暴風雨が吹き荒れた一年でしたが、
気力体力あふれる面々といっしょにいると、暴風も「へ」みたいな感じ?
S先輩、いまさら私が来年、年女だって気づかないでくださいー。
おにいさま。チョコレート、おいしゅうございます~。いつも、ありがとうございます!

みんな乙! 来年もよろしくです!

なんだこれ?

駅のホームに、でっかいポスターが貼ってありました。
なんでしょう、これ?

091227

アタマ下げている、コウちゃん……って、だれよ?

「ご理解ご協力を……」って、
いったい、なにをやるんだかわからないのに、どう協力しろと……。
だれに、なにを、伝えようとしているのか、さっぱりわからない。
中学校の文化祭のほうが、よっぽど目的を果たしたものが作れているだろうに。
大丈夫か、経済産業省……税金使って、なにやってんだか。
もう少し、マシなポスターがつくれないものなのか?

とどめのクリスマス・ディナー

さて、毎年恒例、家族のような友人たちと集まるクリスマス・パーティは、
昨年までの、日本一予約のとれない東銀座のリストランテ「B」から趣向を変え、
同じくらい予約のとれない、青山のリストランテ「H」での開催となりました。

091226

エレガントな雰囲気。もちろんお店は貸切です。ぜいたくーっ!

毎年、いまここでなんかあると、日本経済は困るだろうなと思いつつ。
10年前はヤンエグで肩で風をきって歩いていらした、お兄様方も、
そろそろ、ノーマルなエグゼクティブになり。

いつも思うのは、私もそうとうがんばっているつもりだけれど、
ここで会うお兄様方の話をきくと「生ぬるい」と思うこと。
あまりにもレベルが高すぎて、「常識」や「標準」の考え方がちがうような。

楽天のミキタニ氏が以前、なんかのインタビューで
「ほかの会社で一年かかることを、うちの会社では一ヶ月でやる」と、言っていたけれど、
やはり、日本経済を動かすお兄様方の行動も、似たようなもの。
競争に勝つためには、みなさん、尋常な動きではないわけです。

一年の締めくくりに、こうしたエネルギーあふれるみなさんにふれ、
よっし、来年もまた、がんばるぞーと気合を入れています。