ユーザー視点

やらないことに、言い訳をしない仲間たちに触発され、
(もっと早く触発されろ、自分!)
原稿一直線。
今朝も早くから起き出して原稿原稿。
九時にタイムアップで、打ち合わせへ。

打ち合わせ、すればするほど、
やりたいことだらけで、カラダが足りない。

そして午後は、AACN研究会。

s-P1100700
ところで、AACNってやっぱりよくわからないですよね。
事故自動通報システムといわれても、なんのこっちゃ。

クルマのシステムは、いろんな名前がつけられているけれど、
その多くは、技術者の思いいれたっぷりなもの。
だけど、ユーザーにとっては、んなもんどうでもよくて、
名前を聞いて、なにかわかる方が大事だと思う。
どうでしょう?

文庫化されます!

原稿を書きながら、校正をして、さらに再校と、
三冊が入り乱れていて若干、パニック中。

現在、校正まっただなかの一冊は、
2012年に単行本として出させていただいた、
「青い鳥文庫ができるまで」の青い鳥文庫版です!

まぎらわしくてすみません。
以前出したのは、ハードカバーで、
今回は、価格も控えめサイズも小さめの文庫本。
こどもたちが、おこづかいで買えるよう、
価格も半額近くになる予定ですー。

s-P1100698
気分転換で、カフェりながらの作業です。
人目があるせいかさぼることができず、すばらしく集中力が引き出されます!

青い鳥文庫版「青い鳥文庫ができるまで」は、
7月上旬に書店さんに並ぶ予定です。お楽しみに。

そしてもう一冊、7月出来の新刊の再校と格闘中。
イラストのラフを見せていただいたら、舞い上がりたいほどすばらしく、
(実際、舞い上がっている)、
感激でふるえておりますー。

T巨匠撮影の、中にある扉写真もため息ものです。
本づくりって、文章だけじゃないと改めて感じています。

Go for it!

台風の動きに翻弄され、
どうなることかと思ったけれど、午前中はこちらへ。

P1100693
実際の現場は、このわきです。
へー、ここ(謎)からスカイツリーがこんな感じに見えるんですね。

葉が生い茂り視界は悪いわ、蚊に食われるわでしたが、
すばらしい場面を見ることができ、感動でした。
ものすごいパワーをいただいて、午後は会議へ。

技術はときどき、逆に不便になるもので、
アナログでやったほうがいいんじゃないの?
小学生や、こどもの手をひくお母さんはどうすんのよ?
って感じです。
ITなどの技術活用大好きな人たちだけで社会をつくるなー!
と、ここで愚痴ってみる。
守秘義務あるゆえ、詳細書けずですいません。

続いて向かった国際交通安全学会の会議では、
午後の会議のうっぷんはらしのような発言を繰り返すありさま。
(すいません、K先生!)

ダッシュで移動して、某アスリートチームのミーティングに合流。
熱い思いを持つ人たちとの交流は、
私のパワーの源です。みなさん、ありがとうございます!
次は、あの場所(謎)で再会することを期待しています!

おサルちゃんとアザラシちゃん

あららら……とやっているうちに、またしても一週間経過。
生きています。
P1100692
こんなところに、ちらりと寄ったり。
でも、まだ未試乗! S660、大人気でスケジュールがあいません!

P1100686
こちらは、七月に出る本。再校です。
イラストをたくさん入れていただく予定。

タイトル発表&発売日お知らせは、もうしばらくお待ちください!

s-P1100486
そして、会議もいくつか。
いつものこの坂(首相官邸のわき)も、何度か登りました。

わらわらやっているあいだに、行く末を見守っていたのは、
おサルちゃんの名前問題。

こんなことでもめるのか! という驚きが一番強かったです。
それぞれの国が、特定の動物に対して特別な思いを持っているのはわかります。
でも、そういう差別は時代遅れだし、
そもそも、動物を人種差別に使うなんて失礼な話だと思う。

少なくとも「大きくなったら忍者になる!」と、
日々、自主トレを欠かさない友人に(小学一年生男子)、
「なんでおサルちゃんにシャーロットってだめなの?」とたずねられたら、
私は、彼が納得できる回答をすることができません。

飼育員にとって、担当する動物の赤ちゃんは、自分の子ども同然。
おサルちゃんのいる街の人たちが、その名前がいい!というのなら、
それでいいじゃんと思うのです。

それにしても、鶴岡市立加茂水族館のアザラシちゃん、
「エリザベスに決定」の広報発表タイミングのすばらしいこと。
絶妙な対応に、うなりましたよ。
悪しき習慣は、どこかで絶たないとね。
勇気をもって前へ進む人たちを、こっそり応援しています。

黄金週間後半

カレンダー的には五連休の後半。
やるべきことを、机の前に張り出して、
終わるごとに、黒く塗りつぶすのが唯一の楽しみ。

初日は実家にもどって両親の元気な姿を確認し、
残りは怒涛の仕事です。
唯一の息抜きは、実家でもたせてもらったツイストドーナツを持って、
近所の公園での朝ごはん。

P1100676
こんなささやかな出来事が、幸せに感じる自分が、
実はかなり好きだったりしますー。

あとはもう、本当にオシリに根が生えるかと思いましたよ。
ぜんぶのノルマを達成したとき、連休最終日の午後4時。
むむ、これは?
思わずクルマを走らせて、アスリート集団の練習会場へ!
目標に向かってがんばる姿を見て、
まだまだがんばれるもんねと気合を入れていただきました。
みなさん、ありがとうございます!

いい黄金週間でした。
明日から、次の書籍に向けてスタートです!

黄金週間前半

世の中的には、黄金週間で盛り上がっているようですが、
今年の私は、いつにも増して原稿の締め切りが折り重なっております。

前半は、「4月中に草稿を書く!」と宣言したとおり、
29日~30日のラストスパートで書ききりました!
P1100674
最後は頭からケムリが出ました。ぶほー。

そして5月。
初日はこちらに没頭です。
P1100675
校正です。

二時間くらいで終わるかなーと思ったら、甘かった。
どっぷり一日、費やしました。しかし、渾身のでき!

そして、明日から五日間! 逃亡だー!のわけはなく、
次の本の再校と、次の次の本のプロットと、次の次の次の本の企画の締め切りが、
見事に並んで待機してくれています。
ありがたいことです。
五日間で、できるかな。
「できるかな、じゃなく、やるんだよ!」と言われそう。

脳みその使っていないところ

どうしても、今月中に草稿を書ききりたい!
エンジンがかかって、早朝からがしがし進行中。

月曜日は昼過ぎにタイムアップで、取材~夜は勉強会へ。

火曜日は、昼にタイムアップで打ち合わせ。
のち、取材をひとつしたあとは、
先日、アワードの選考委員をさせていただいた
ATTT(国際自動車通信技術展)の打ち上げへ!

P1100662
とーってもお洒落な空間で、おいしいイタリアア~ンをいただきました。
うっとり~。

その場では、日本を代表するITジャーナリストのメンズの方々とテーブルを囲ませていただき、
6人中5人が、Apple Watch着用(もちろん使いこなしている)というすばらしさ。
さっそくお借りして、着けさせていただきましたー。

P1100670
電話でつながった相手に対し、自分の画面をなぞると、
その文字(模様)が、先方の画面に現れるという!

「すき」と送っていただきました。
いや~ん、てれちゃう←ばか。
いきなり「なんか書いて」と言われると、多くの日本人は、
「すき」か「ばか」と書くような気がします。気のせい?

ITは私の超不得意分野。でも、ジャーナリストのメンズのみなさんは、
伝えることが専門であるがゆえ、
説明も超お上手! めっちゃわかりやすい!
使っていない脳みそが刺激され、IT、楽しい~!!
伝える人によって、こんなに印象が違うのかと、
改めて思うと同時に、自身を振り返る機会になりました。

みなさん、ありがとうございましたー。
また、ぜひ!