「お米ができるまで」7月23日発売決定!

ついに、発売日が決まりました!
今夏のノンフィクションは、農業です。
魚沼の若きお米農家さんで、半年間の取材をさせていただきました!

タイトルは、
「お米ができるまで」
amazonでの予約も開始です! →こちらをクリック!

s-s-米でき
イラストは、武田美穂先生。
なかの口絵は、私の山の師匠でもある田丸瑞穂さんです。

書店さんには、7月24日ごろ並ぶ予定です!
ぜひぜひ、お手にとってくださいませ~。

ドーピング中

公私にわたり、ジェットコースタのような二週間。
もうだめかも……と思ったときに届いたのは、
もしかして、ドローンで私の行動を見ているのか?と思うほど、
絶妙なタイミングの差し入れ!

s-P1100890
さくらんぼですー。あまいですー!
Yさん、ありがとうございます!

これで月曜日から、またがんばれる。
ええ、がんばりますとも。

情報の精度

インターネットが発達して、
だれでも簡単に情報が発信できるぶん、
いい加減な情報や、
単にアクセス数をかせぐために、仕立てられた情報も多い。

三流の情報をいくら集めたって、
知識の精度は上がらない。

情報を集めるなら、できる限り一次情報(本人)が発信するものを。
それが不可能なら、できる限り、信頼できる発信者のものを。

少なくとも、三流の情報にふりまわされて、
人生の時間を無駄に使うことのないように。

人生の無駄な時間は、
モノを探す時間と、悩む時間(検討するじゃなく、ただ悩む)と思っていたけれど、
ネットやSNSが発達すると、
三流の情報にふりまわされる時間ってのも、無駄だよなあと思う今日このごろ。

湘南

本日は、辻堂での試乗会へ。

s-s-P1100849
メルセデスのCLA・シューティングブレイク。
めっちゃボディラインがきれいです。ああ、この写真だとわかりにくいなー。

このところ、辻堂づいております。
昔、バイクで走り回っていた身としては、
このあたりの空と海がなつかしいような、せつないような。

脱稿!

昨日、今日と早朝から起き出してブラッシュアップをし、
会議に向かう前に、ぎりぎり章タイトルと小見出しまで入れることに成功し、
脱稿です!
これから、原稿は校閲さんの手にわたり、
編集さんといっしょに厳しいチェックを受けることになりますが、
バトンはわたしました!
Aさん、ご期待ください!

そして向かった霞ヶ関。
会議の場所をまちがえて、右往左往するという……。
s-s-P1100761
早めに出てきてよかった……。
Hさん&Yさん、おつかれさまでした!=私信。


今日もわたされた資料で、点火中。
だって一覧表の〇×は技術的なことだけで、
使う人の立場がぜんぜんないんだもん。

「医師と技術者は、いいものは浸透すると信じている」って、
某技術者が、自戒の念をこめて某シンポジウムで発言されていたけれど、
ほんとに、そうだと思う。
玄米がいいとか、野菜をたくさんとか、ドクターの言うことはわかるけれど、
カラダに悪いと知っていても、昼ごはんをチョコレートにしちゃうのが人ってもんで。
え、私だけ?

通学路の安全

こどもたちの徒歩での行動範囲はかぎられていて、
だから、そこの道路の安全性はしっかり確保してあげたい。
自動運転をはじめ、自動車や人の対策もあるけれど、
道路だって、まだまだできることがたくさんあります!

最近は、プローブ情報でビッグデータがとれるため、
どの道のどこで、急ブレーキがかけられているか?
が、わかります。
現地に行くと、街路樹が視界をさえぎっていたり、
停止線が超見えにくかったりという、たしかな「原因」が!

s-s-P1100846

通過交通の速度低減のために検討されている「ハンプ」。
計算されたなだらかな傾斜ゆえに、車両の衝撃や周囲への騒音はかなり軽減されています。

*駐車場などに、ぽっこり盛り上がっているのを「バンプ」、
こうした、なだらかな傾斜を「ハンプ」と、呼ぶようです。

クルマがちゃんと速度を落とせば、
こんな無駄な設備投資も、今回のような検討会もしなくていいのに。
税金の無駄遣いは、自らがまいた種の、典型例。

今冬出来

7月に発売予定の書籍が、最終段階に入るなか、
こちらは、冬に出す予定の本をラストスパート中。
いまから冬? と、疑問に思う方は、
拙書「青い鳥文庫ができるまで」をご一読くださいませー。
来月9日、青い鳥文庫から、文庫になります!
s-青でき(文庫版)

amazonさんでも、予約が始まりました! →こちらをクリック!

単行本はハードカバー、
新書が、青い鳥文庫版です。お間違えのないように!