勉強中

そもそも文系脳で、さらに精神年齢15歳。
児童書を書くときは「こどもにわかりやすいように……」と悩むこともなく、
自分がわかるように書けば編集さんに褒めてもらえるのでいいけれど、
クルマの世界はそうはいかない。

高校生のとき「物理や化学って、どうせ卒業したら二度と見ないんだし」と、
「2モル」で爆笑した(注・わかる人だけ!)過去はとっくのとうに化石状態。

しかしー。
今になって、安全やら環境やらで物理も化学も電波も電気も、
最低限のこと知っていないと身動きとれず。
私の頭からケムリが出始めているのを見かねた親切な方に、
補習していただきましたー。

P1080650

待ち合わせは東京駅。つい、お菓子だけ買って帰りそうに!(違)

先生は、超一流。講演会したら高額聴講料でもあっという間に満杯確実。
そ、それをタダで。しかも、マンツーマン。贅沢すぎる。
そしてやっぱり、本当に頭のいい方は、教えるのもすごく上手です。

子どもたちに告ぐ。
学べる時間と環境があるのは贅沢なことだ。
そして、頭のやわらかいうちに勉強しよう。
「こんなこと覚えたってさー」ということも、
30年後、きっと役に立つときがくる!(かもしれない)。

TARZAN!

朝からばたばたと動き回り、
午後は、内閣府SIP会議。
時間足りなくて、議論にならないじゃん、と、思います。みなさん、どうでしょう。

終了後は、移動してヘムネット定例会。

おなかすいたなー。もつかなー。
会議始まる前に、かばんに隠しもったウィダーインゼリーでチャージするかどうか迷っていたら、
おおお、N先生から、和菓子の差し入れが~。
うれしすぎますー。いただきまーす!

そして夜は、久々の【TARZAN】編集部へ!

私、脱走兵なもので、TARZANに顔向けできない状況なのですが、
今日は特別。
17年前、私が住んでいたイタリアまで、わざわざ国際電話をかけてくれ、
「もういちど、いっしょに仕事しない?」と言ってくれた、
当時クルマ担当~現副編集長K氏が、
ついに異動になったため、送別会@恒例のコロッケパーティです!

P1080648

コロッケのほかにも、焼き鳥やおすし、ピザが並びますー。

TARZANはいつも、こうしてオープンスタイルなので、
ライター陣はもちろん、仕事帰りのアスリートやフィジカルトレーナー、
スタイリスト、カメラマンさんたちが、続々と集まります。

そして……巨匠ー! お久しぶりですー!
さらに……ポパイ編集部からも若大将が参加! 速攻、同窓会です。たのしー!

ほかの編集部では味わえない連帯感。
この雰囲気がパワーを生み出し、絶好調な誌面になるんだと思います。
ああ、なつかしいなー。
辞めるんじゃなかったなー。
でも、自分で決めた引き際なので、前に進まないとね。

編集長、みなさん、ありがとうございましたー。
脱走兵イワサダ、幸せです!

飛ぶようにすぎる週末、そして半年終了

おかしい。
まったくもって、浦島花子である。
私の週末は、どこへ行ったんだろう。

今年の一冊めを週末にリリースし、
二冊目も、原稿は手を離れ、
来年に向けて一冊目の取材と現段階のまとめと、
二冊目のプロット作りをしなければいけないというのに、
細かな家仕事と、雑務と、短いクルマの原稿を書いているうちに、
どんどん時間が過ぎていく。
やばい。

そして、今年も半分終了の本日は、某誌の座談会へ。
どこでどう突っ込んでいいのか、
タイミングがとれず、あわあわな状況に。
すいません~。
あとは、なんとかまとめてください!=やり逃げ。

AACN研究会

本日は、AACN研究会です。

日本では「ヘルプネット」が有名なACN(事故自動通報システム)。
欧州では2015年10月から法制化が決まり(ただし、諸事情で遅れそうとの情報も?)
日本の対応が問われ始めているところ。

AACN研究会は、ACNの前に、さらにアドバンスドのAが着く。
ACNをさらに進化させ、事故と同時に車内乗員の受傷度を知り、
同時に医師を現地に行かせることで、死者数削減できるシステムを構築中。

P1080634

チームJAPAN。ここでも、メーカーや各省庁、研究者、関係各社の枠を超えて、
死者削減へと取り組み中。

私のような文系児童脳は、数字の羅列に「?」が飛び交うばかりですが。
でも、死者数1000人減らすと言っても、
積み重なる数字のひとつひとつには、
名前があり、家族がいて、友人がいる。

大海の一滴、費用対効果の限界等々、いろいろ言われるけれど、
やってみなくちゃわからない。
そして正しい道を進んでいると信じているし。
荒野につくる獣道は、必ずや大動脈になると信じています。

新刊のお知らせ

本日26日、新刊が発売になりました。

講談社「世の中への扉」シリーズ
「わたしたちは、いのちの守人」

世の中への扉シリーズは、小中学生に、さまざまな職業や
世界で起きていることなどを紹介していくシリーズです。
ご購入はこちらから! →こちらをクリック!

P1080637

女の子のなりたい職業として人気の「看護師さん」を取材させていただきました。
表紙は、静岡こども病院のK看護師さんです!

日本医科大学千葉北総病院の、フライトナース、
静岡こども病院の、がん化学療法の認定看護師、
名古屋市立西部医療センターの、助産師(もちろん看護師でもあります)。

同じ看護師でも、仕事の内容はまったく異なり、
それぞれの世界で命と向き合う姿が素敵です。

今回はシリーズのなかの一冊ということで、
文体も、統一感を最優先に書かせていただいたので、
イワサダ節は封印です(そこはちょっと消化不良)。
でも、こどもたちにはきっと読みやすいはず!

障子を開けよ、外は広い

本日は、昨日のトラウマラリーのシナリオ解説を聞きに、
日本外傷学会の総会会場へ!

P1080631

以前、何度か交通外傷のヒントを探りに聞きにいったものの、
あまりにも専門用語が飛び交い、早々に離脱した外傷学会ですー。

昨日の5つのシナリオを、作ったベテランドクターたちが解説です。
これが、ものすごくわかりやすい!
ポイントがどこで、チームの多くがどういう動きをして間違えたか、
どうすればよかったのかを、理路整然と教えてくれます。
パワポは昨日の写真あり、動画あり。
ということは、ベテランドクターたちは、終了後~今朝早朝、これを作ったわけで。
すごい熱意が伝わります!

救命救急は、経験という引き出しをいくつもてるか。
メディカルラリーでは思いっきり間違えられる環境を、
こんなに多くの人たちが作ってくれる。
すごく幸せなことだと思います。
今回、成績がふるわなかったチームも、
たくさん間違え、自分たちがどのレベルなのかを知るだけでも
得るものは、すごくあったかと。

障子を開けよ、外は広い。

トヨタの創設者、豊田喜一郎さんがお父様から言われた台詞。
今回、参加した意志ある若きドクターたちに贈ります!

そして、あれ? 結果は?
優勝は……ないしょ!

外傷メディカルラリー

本日は、トラウマ(外傷)メディカルラリー@日本医科大学千葉北総病院へ!

メディカルラリーとは、医師、看護師、救急隊からなる医療チームが、
救急現場活動や、治療の技術を競い合う競技会のこと(メディカルラリーのサイトから抜粋)。
仮想状況で繰り返し訓練することで、技術もチームワークも磨けますが、
それに競技性をもたせることで、より楽しく、より能動的に学んでいこうというものです。

んで。
今回は、日本外傷学会のオプショナル企画ということで、
研修医+専修医一年目、つまり、医学部を卒業して国家資格をとってから、
三年目までのドクターだけが三人でチームを組むという、全国初の大会です!
ベテランのナースや、百戦錬磨の救急隊員がいないなか、
若手のドクターたちは、自分たちで考え行動しなくては!

さて、どうなる???

P1080608

北は青森から、南は熊本、全国の外傷にとりくむ若手医師が集合です。
三人一組、全16チーム。すでにやる気のオーラがめらめらと!

2

開会式が行われるなか、会場では予行演習が密かに進行中。ん? この方々は??

3

こちらでは、負傷者役を「作成中」。かなりリアルな役作り。
そうです。想定は「熊に襲われた!」です。

大会を支えるのは、千葉県の救命救急を支える救急隊や、医療関係の学生さんたち。
中心となっているのは、北総病院を中心に切磋琢磨する『北総救命会』の方々です。
シナリオを作ったドクターたちも、評価者(採点担当)として駆けつけています。
みなさん、当直明けや、休日を使っての参加。
救急医療の底上げをしたいという熱意が、ひしひしと伝わってきます。

今回のシナリオは5つ。ベテランのドクターたちが考え抜いて作ったもの。
1)災害の多数傷病者=すばやいトリアージ
2)救急車のなかでの活動=救急隊の立場になって行動し共通言語を知る
3)夜間、自分たちしかいない病院に重症患者が=的確な治療開始と上級医への正確な申し送り
4)山中でけが人発生。熊出没中で安全確保はどうする=増えるけが人に対応せよ
5)そうじ道具を持って移動中に、ひき逃げ事故を発見=人間性が問われます

いろんな要素や裏テーマが隠されています!
私は、4)と5)を中心にチェック!(すっかりスタッフ気取り……)
まずは、4)から。

4

血まみれの患者を見つけて、さっそく治療を開始する研修医!
救急隊員役の防護服は、「南会津消防本部」からお借りしたもの。
役作り、徹底しています。

会津では、熊による患者さんがとても多いので、リアル設定です!

5

一方、少し離れたところでは、幼稚園児が腕から血を流している!
そして、呼吸もヘンだ! どうする、研修医!

半狂乱なお母さんも登場します。研修医は「家族への説明」という要素も求められます。

さらに、治療中、熊が! 熊が襲い掛かってきた!
パン! パンパン!
逃げる研修医。響く銃声音。猟友会により熊、射殺(ごめんね、熊)。
研修医の安全は確保されました。治療、続行です。

6

シナリオが続くあいだ、ずっと倒れつづける、エセくまもんと、パチりらっくま。
みんな、本気だ! 本気すぎる! 笑ってはいけない。笑ってはいけない……ぷぷっ。

7

そうこうするうちに、安全確保にあたっていた警察官が、いきなり倒れている!
どうした、警察官! 研修医は、倒れた理由をつきとめ、対応しなければ!

そして、響く「終了ー!」の声。
タイムアップです。やりきった感のあるチーム、ただ、ぼーぜんとするチーム。
さまざまな表情です。

そして、後半は、5)のひき逃げシナリオを拝見しました。
通行人をクルマの下敷きにしたまま、運転手は逃走!
エンジンがかかったままのクルマ、まわりは交通流ががんがん。
研修医はこの状況に、ちゃんと対応できるのか?

8

さっそく掃除用の手袋をつけ、自己の安全を確保する研修医。さすがだ。
しかし……。

エンジンを切らないとか、三角表示板たてないとか、
下敷きの人を救出するためのジャッキアップが使えないとか(多数!)、
さらには、人が下敷きになってるっつーのに、クルマに乗り込む研修医。
おい!

私、モータージャーナリストとしての無力さを痛感しております。
もっと事故時の対応もなんとか伝えていかなければ……。

9

と、そうじゃなかった。メディカルラリーでありました。
ベテランドクターの、厳しいチェックの目が光ります。

治療道具がなにもないまま、研修医たちは自分たちの目と耳と、
身の回りにある掃除道具で、どこまでけが人に対応できるのか?
おおお、そうか、そこまでできるのか。
大変、勉強になりました!

そして思いました。
人は、本当に真剣になると、ものすごいパワーを発揮し、
そして、ものすごいことをするのだと(謎)。

すごく楽しかったです。
参加者のみなさん、スタッフのみなさん、お疲れさまでした!
ラリーのシナリオ解説と、結果発表&表彰は、明日の外傷学会にて!