山中湖は紅葉まっさかり

本日は、こちら。
CR-Vです。

キャンプ仕様で、撮影できるようになっていました。
キャンプ行きたい!

山中湖周辺は、きれいな紅葉の季節を迎えていて、
こんな景色のなかで仕事ができるって本当に恵まれているとしみじみ。
で、CR-Vはというと。
詳しくは、【レスポンス】にて!

A8はレベル2

本日、試乗したのはこちらのクルマ。

アウディのA8です。乗り心地はソフト!

さて、このA8に関して、自動運転レベル3という報道もあるようですが、
レベル2です!

常にドライバーに周囲の監視義務があり、
クルマがなんでも判断して走ってくれるわけではありません。
たしかにね、A8はボディのまわりにぐるりとセンサーがついていて、
人間の目よりも、あれこれ見れる……かもしれないけれど、
でも、レベル3で運転するためには、
ドライバーが寝ていないかどうかチェックする車内カメラとか、
あれこれ必要なのですよ。
でも、まだついていないし。

試乗会~会議~打ち合わせ~そして試乗会もどりと、
イレギュラーで走り回る一日。

秋の北海道

気持ちのいい秋晴れに恵まれるなか、
ボルボのフルラインナップを試乗させていただきました@函館!

ちょうど紅葉がいい感じにはじまっています。
秋の色がとってもきれい。

函館新道と道央道がまだつながっておらず、
その途中にある道の駅が大活躍。名前がかわいい。

からっとした空気のなかで紅葉を見ながら走ると、
クルマの評価も5割増しになりそう。
北欧のクルマゆえ、北海道はとても似合います。

ずっとこの季節なら、北海道に移住したい!

自動運転を垣間見る

試乗会にいきそびれて、キャッチアップした一台、
メルセデスベンツCLS。
運転支援技術がてんこ盛りで、高速走行の楽なことといったら!

めずらしく左ハンドルの試乗車。
大きなクルマは左ハンドルのほうが乗りやすいと思う。

そして午後は、まるで受験生のようにマンツーマンで勉強させていただき、
(授業料、払いたいくらい先生が秀逸!)
そののちはドクターヘリの会議へ。
今月は原稿がひっ迫していて、胃が痛い。

ダブルヘッダー

今週は祭日の関係で4日間。
内閣府などの仕事や会議に加えて、クルマ関係のイベントが目白押し。
みなさんのバイオリズムが合ったようで。
クルマ業界、仲良しだなー。
いろいろ調整した結果、今日は4時半起きで日帰り軽井沢へ!
眠い!

軽井沢で待っていてくれたのは、こちら。
メルセデスベンツCクラス。グレードによってまったく違う表情が!

そして、そのまま倒れこみたいところをぐっとふんばって、
東京にトンボ返りでもどり、
夜は、国際交通安全学会の新会員デビュートークへ。

進行役を仰せつかりました。

日本を代表するえらい先生方へのリスペクトは欠片もなく、
まるで、小学生の引率状態。
だから私にまかせるとこうなるって言ったのにー。
でも、楽しかったです。
ご協力、ありがとうございました。

終了は21時。眠い!

車載ホルダー

火曜日は、内閣府のイベント打ち合わせ、
のち、
春に出来する本が、一段落したので、
次のノンフィクションに向けての行動開始です!
次は秋くらいに出せるかな?
まだ、どんな取材ができるかのプレ取材期間ですが、
めっちゃめちゃ興味深い話を伺い、
やたら気合が入っています。

原稿書きと資料読み込みをして、
金曜日、伺ったのは、
トヨタの法人向けモビリティショールーム

タフな現場でも壊れない、マルチディスプレイホルダー。
ラリー車の振動テストにもクリアした強靭さ!

トラックで急ブレーキをかけると、スマホが落ちたり、
さらに、それを拾おうとして事故が発生。
そんな状況を改善したいとの思いがつまった製品!

あとは、欲しいと思わせる価格設定とデザインか?
そこが、製品と商品の違い。
(と、えらそうに書いてみる)

フォレスターのHMI

本日は、フォレスター。
いつも思うのだけれど、スバルのHMI
(Human Machine Interface=つまりは使いやすくするためのデザイン)って、
なんか、おかしい。
主張があるのはわかるけれど、
それは本当にユーザのためになっているのかなあ。

ACC使うときの、前方にいるクルマとの車間距離を3段階に調整できるスイッチ。

ほかのすべてのクルマは、
上が車間距離を「つめる」なんだけど、
なぜかスバルは、下のスイッチが「つめる」。
うーん、慣れないぞ!
下のスイッチのどこが「つめる」なんだよ! と、吠えてみる。

試乗インプレは【レスポンス】にて。