東京モーターショー

第42回東京モーターショー@ビッグサイトです。

一昨年はリーマンショックの影響で、輸入車がほとんど参加せず、
(でもほんとの理由は別のところにあるらしい……
お御輿はみんなで担がないとね、日本のメーカーのみなさん=半謎)
なんともさみしい雰囲気でしたが、
今年はほぼ復活です!(国債利率が超ハネ上がっている某国は不参加ですーおお、我が故郷が~)



今年は幕張を離れて、東京にもどってきました。ビッグサイトでの開催です。

これでほんとの「東京モーターショー」になったというか。
東京ディ〇ニーランドにしろ、新東京国際空港にしろ、東京ブランドがひとり歩き中。

エコを真面目にやりつつ、でもクルマの楽しさも追求する。
今年の東モは、あちこちから気合と決意表明がびしびし伝わってきたような。
うーん、私としては「安全」もちゃんとやってねって、言いたいところではありますが。

世界的に見て市場縮小中の日本。対して、超加速度ついて拡大中の隣国・中国。
東モの立場もびみょーですが、
ユーザーをふくめた質の高さでは、評価されているので、
がんばってほしいです←だれに?

日本カーオブザイヤー投票日

日本カーオブザイヤー。
今年は、富士スピードウェイで投票です。



最終選考に残った10台を、きれいに並べて撮影すべく、
オフィシャルチームが調整中。

こちらで投票し、開票は12月3日(土)@モーターショー会場。
一般公開日の初日でもあるので、盛り上がりそうです。

ちなみに選考方法は、25点の持ち点を持つ選考委員は、
10ベストカーのうち、どれかに10点をいれ、
残りの15点を、ほかの4台に入れるというもの。
60人の選考委員から与えられた点数の一番多いクルマがイヤーカーです。

えーっと私がなにに入れたかというと……。
開票するときにぜんぶオープンになります。お楽しみに~。

日本カーオブザイヤー 10ベスト決定

午前中に取材をひとつ。
午後は、日本カーオブザイヤーの総会へ。



今年のエントリー車のなかから、本日、10ベストが決定です。

あらかじめ郵送された用紙に、60名の選考委員が10台をピックアップ。
単純に得票数の多いクルマから10台が、最終選考会へ、という感じ。

テンベスト、ノミネート順に。
1)トヨタ・プリウスα
2)日産・リーフ
3)ホンダ・フィットシャトル
4)マツダ・デミオ
5)ダイハツ・ミライース
6)VW・パサート
7)メルセデスベンツ・Cクラス
8)BMW・1シリーズ
9)プジョー・508
10)ボルボ・S60+V60

えーっと、私の選んだ10台と、ちょっと違いますー。
でも、テンベストは記名投票&非公開なので、このなかのなにを選ばなかったかはナイショ。
最終選考会は18日(金)。
開票&表彰式は、12月3日(土)@東京ビッグサイトのモーターショー会場にて!

女子でもうっとり

首都高速の事故による通行止めもなんのその。
本日は撮影です。
オープンスポーツを撮影するのにちょうどいい、
気持ちのいい天気です。やった!



AMGサスペンションが組み込まれたSLK。めっちゃ足がいいです!
首都高のつなぎめを、しゅたっ! と超えていくサマ……惚れます!

本日のゲストは、同じ女子の私も、見とれてしまうほど、
目が大きくて、お人形のようなモデルのあの方!
でも、実は好きなクルマは、あら、それではページの構成が……!!
詳しくは、【Tarzan】にて!

あわただしくダッシュして、午後は取材。
某分野の第一人者サマの、本音にふれられるひととき。
うむむ、やはりプロはすごい……いまさら感じ入ってどうする?
いや、気づかないまま人生を終える前にわかって、めっちゃよかったです!

エコラン

プリウスαを使ってのエコラン試乗会へ。



走り方次第で大きく燃費が変化するのも、ハイブリッドの面白いところ。

時間より早く会場に着いたというのに入り口がわからず、
受付の方に向かえにきていただくという失態ののち、
受付をすませて、気が抜けたままぼーっとしていたら、
エコランの説明が始まっていたという……あちゃちゃ。

一応、言っておきますが、
私は9時53分には、最寄り駅に降りたっていたですよ、Tりん! 
えーん。あんなに走って予定の電車に乗ったのに、結局、遅刻って!

まあ、そんな日もありますですよ。
エコランは、いっしょに乗ってくれたS嬢のがんばりもあり、
その日の3位を獲得いたしました! ぱちぱち!

そろそろ秋の気配

10月に入り、自動車業界が一気に活気付いてきた感じ。
今週の業界イベントの多さといったら、
体、ひとつしかないこともあり、パスさせていただくところ続出中。
少しメーカー間で調整していただきたいような(贅沢)。
それともこれは「踏み絵」なのか?(げげっ?)

取材も遊びもスケジュール調整は「早い者勝ち」を基本にしているので、
本日は、とんでもなく早く「日程だけ確保を!」と連絡をくれたプジョーの試乗会へ。

流れで夜は懇親会もあり、久しぶりにジャーナリストの諸先輩方に、
情報をいろいろいただいたり。
フリーって、いつもひとりで動いているので、
こういう懇親会は情報収集や交流の場として、とっても貴重。
活用させていただいています。



週末ドライブ

この週末は、ちょっと遠出。いま旬の「栗」を目指してGO!



落ちた栗を、ゆでています。長時間ゆでるので、農家ではこのように薪でやります。
この木の煙の香りがたまりませんな。

自分で作ったもち米で、栗おこわをつくり、
自分で作った小豆でつくった餡で、栗蒸し羊羹をつくり。
農家のお母ちゃんって、つくづくスーパーだと思いますー。

こういう都市生活と対極にあるエリアでの生活を見ていると、
「軽自動車」の担う役割を痛感します。
公共交通機関のない場所で移動しなければいけない人たちにとって、
ランニングコストの安い移動手段は生活必需品。
そりゃ、コンパティビリティも考えなくちゃいけないんでしょうが、
一日走って、3台くらいしかすれ違わないような生活環境だと、
コンパティビリティ? はあ? ってなるもんで。
自動車メーカーの世界戦略展開をみていると、軽自動車不要説もあるようですが、
私は、軽自動車賛成派です!