地震と航空救命活動

地震被害の、あまりのすさまじさに愕然とする。
テレビやネット画像に伝わってくる、こうした映像があるからこそ、
都内にいる我々にも、この地震の被害状況のひどさが、実感でき、
その後の対応につながるのだと思う。

けれど。
土曜日から救出活動が本格的になっている。
千葉県からも、北総ドクターヘリが、DMAT隊を組み、被災当日に現地に入っているし、
(救命センターのドクター&ナースは、DMATトレーニングも受けた、スペシャリストたちです!)
千葉市消防ヘリ「おおとり1号」も、隊員8名で、ホイスト救助活動のため、当日、現地入り。
(この間、千葉県の安全は、君津中央病院の君津ドクターヘリと、
千葉市消防ヘリ「おおとり2号」が、守ります!
おおとり2号は、市原市の石油コンビナート火災への対応のため、24時間体制でやっています!)

今回のように、津波で陸路がまったく使えない状況になると、ヘリの機動力が発揮される。
ただ、ヘリが飛び交うと、ヘリ同士の事故や、燃料調達などの問題も浮上。
以前、DMAT出動したドクターヘリのスタッフによると、
飛行中は常時、ドクターやナースも、360度、監視しながらの気を使う飛行になり、
また、燃料補給のため、報道ヘリといっしょに、順番待ちさせられることもあったとか。

事実を報道することの大切さは、わかる。
けれど、いまのこの段階で、最優先されるのは、人命のはずだ。
ヘリの爆音で、倒壊家屋から救助を求めるかすかな声が、かきけされたということは、
阪神大震災で、学んでいるはずだろう。

ドクターもナースも、夜間は病院内での活動をするし、
機長も整備士も、安全な飛行のために、飛行時間終了後は、夜を徹しての整備を行う。
体力と集中力の戦いの最前線にいる彼らが、十分に活動できるよう、
各報道機関には、配慮を求めたい。いや、
政府は「自粛を求める」なんて、生易しいことではなく、
ニュージーランドや、ドイツを見習い、飛行禁止区域を設定するべきだ。
高速道路をはじめとする道は、緊急車両のみの通行としているのに、なぜ、空はそれができない?
日本の、航空医療への認識の低さが垣間見えるとともに、いまこそ、学ぶべきだ。

国交省で読んでくれた方! 航空局に伝えてください! 異動したKさん! よろしくお願いします!

ドクターヘリ出動!

12日のお昼ごろ、成田空港ターミナルのなかで起きた事故。
点検中の作業員がエスカレータにはさまれ、救出困難!
日本医科大学千葉北総病院のドクターヘリが出動です!

出動要請の電話から、わずか3分で離陸です! この機動力はドクターヘリならでは!
*写真はこの日の出動のものではありません。

救出の様子は、フジテレビのニュースでも、報道されました。 →こちらをクリック!
フジテレビ、ここで一言「医師もドクターヘリで到着し……」って、入れてくれたらなあ。

黒いフライトスーツを着ているのが、フライトドクターです。
成田空港内にも、常駐の医者はいるけれど、こうした事故の患者に対応できるのは、
やはり救急医として訓練を受けている、救命救急センターのドクター&ナース。
千葉県はドクターヘリが二機飛んでいて、こうして救出作業中に、もし他の要請があっても、
君津中央病院のドクターヘリが対応可能です。すばらしい。

ちなみに、フライトスーツに見覚えのある方は……→
『フライトナース ハナ』シリーズは、北総病院のフライトスーツをぱくっています 参考にしています!

本日は朝から某所で取材。今日も、超充実。

フライト2 出動!

さてさて、本ページの右側にも、アップさせていただきましたが、
『フライトナース ハナ フライト2 -わたしは空飛ぶ人魚姫?-』
無事に、上空へと舞い上がり、出動いたしました! わーい!

にしけいこ先生のハナちゃんは、ほんとにキュートです!  中の挿絵も見ごたえ十分!

青い鳥文庫の、今月の新刊にも、アップしていただきました!  →こちらをクリック!
青い鳥文庫の、フライトナース ハナのスペシャルページも更新しました!  →こちらをクリック!
そして、私のBOOKSのページにも、あとがきのあとがきを、書きましたので、
お読みいただければ嬉しいです!  →こちらをクリック!

そして本日は、原稿、書いています。
外は寒いらしい……そんなことも、わからんちんな状態。人間として、どうよ?

ドクターヘリの安全を考える

早起きをして原稿を書き、集中力が切れたところで、
HEM-Net 主催の、シンポジウムへ。

理事長は元警察庁長官の國松孝次さんです。

防災ヘリ、海保ヘリ、民間ヘリ、個人ヘリと、今年はヘリの事故が多発。
飛行中に作業する機会の多いこれらのヘリに比べ、ドクターヘリは飛行中の業務はないものの、
それでも、一度も降りたことのない、周囲のどこに電線があるかわからない場所に離着陸するため、
安全の確保は急務。

機長が操縦に集中できるため、同乗する医療クルー、地上のCS、消防隊の対応はもとより、
機体の整備やヘリポートの充実など、課題山積です。
運航クルーも医療クルーも、こうしたトレーニングは自費で休みの日に行っていることも多く、
正義感と熱意だけに頼るには限界があるわけで。

しかし、こうした操縦中のミスについての論理は、クルマのドライバーにつながること多し。
基調講演は、医学博士の柿本由紀子先生でしたが、
「注意せよ、という精神論だけでは、限界がある。
周知徹底ってみんな大好きだけれど、そんなものは通用しない!」(言葉尻うろおぼえ) と、ばっさり!
すばらしい! そのとおりだと思います!

運航会社の整備士の方がおっしゃった、
「ヒューマンエラーは、結果であり、原因ではない。」という言葉にも、至極納得。
ヒューマンエラーを引き起こす、クルマ作り、街づくり、道作り。
こうしたものを解決しなければ、交通事故だってゼロにはならないのです。
「標識さえ見ていれば、事故は起こらない」と、某検討会で言い切った、某関係者に突きつけたい気分。

ついでに。ヒューマンエラーを起こす、
腹部損傷をさせるようなシートベルトも、同じだと思いますよー。

終了後は、補習=しかし、楽しい。今日もめいっぱい。

日本航空医療学会

起きると、朝日が遠くの山にあたって、すっばらしい景色!

そんなに標高は高くないはずだけど、すでに山頂付近には白いものが~。

雪山が見えるところに住みたいと願う私にとって、北海道は憧れの土地。
これで寒くなければ……=無理!

金曜~土曜の二日間は、日本航空医療学会の総会です。
ドクターヘリ、防災ヘリ、県警ヘリ、ドクタージェット……など、空飛ぶ救命活動の総本山。

エアレスキュー好きな私には、たまりません~……じゃなかった、
これも、勉強、勉強、自己啓発であります。

会場が5つもあり、時間帯が重なっているので、すべてのプログラムを拝聴することができず残念。
タイスケをにらみながら、気になる発表をばたばたと追いかけ、
おおう! とか、ほほうっ! とか、うなりまくっておりました。
そっかー、高知や和歌山の防災ヘリは、ドクターをホイストで降ろしちゃうんだ!
とか、(いやーん、私も降ろしてほしい=バカ)
そっかー、富士スピードウェイで昨年起きたあの爆発事故のときは、そんなことになっていたんだ!
とか、(ドクターヘリが普及していない10年前なら、死亡事故になっていた可能性高し)
そっかー、やっぱりうちの(どこ?)フライトナースって、最強なんだなあ(感想)
とか。

今日現在、日本に23機あるドクターヘリ。
だけど、フライトドクター、フライトナース、基地病院、救急隊の質は、同じじゃなくて、
つまりはドクヘリの効果も異なってくる。
ヘリ(ハード)だけ買えばいいってもんじゃなくて、いかに人材(ソフト)を育成して、
空飛ぶ救命活動の質を上げるかが、問われる時代に突入してきたような。

ついでに、ドクヘリだけではできない救命活動もあり、
その土地の特徴(僻地とか、山間部とか、ドクヘリですら着陸できないエリアとか)に合わせ、
防災ヘリ~ドクターヘリといったくくりを超えた「一番いい活用方法」を確立していくことが大事なんだと思います。

こうした「今、目の前にある課題」に対して、行政がどこまで理解し、動けるかが勝負なんでしょうね。

ちなみに基調講演は海堂尊さんでありました。
「中央が合法的に地方から人材を引き剥がしている」(うろ覚え)というセリフに、
ぞっとしました。そ、そうなのか? そうなんだ? 
私、医療ジャーナリストじゃないんで、そのあたりの問題は、ようわかりませんが、
最前線のドクター&ナース、及び、後方支援するドクター&ナースの地方都市での人手不足を見ると、
このままじゃヤバイんじゃないの? っていう感じがむんむんです。

群馬防災ヘリ「はるな」

「要救助者、60代男性、右足骨折で歩行不可!」
「ランデブーポイントにて、救助隊員三名を乗せ……!」
「ランデブーポイントへの到着予定は、10時!」

わくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわく……。
指揮隊から入る無線連絡に、ああ、もう、興奮して倒れそう。すいません、わくわくで。
でも、訓練なので、ご勘弁を~。

だって、サイトで見つけちゃったんですよ。群馬防災ヘリ「はるな」の、山岳救助訓練日程を。
そしたら、あなた(←だれ?)、じっとしてはいられないってもんでしょうよ。
朝もはよから起き出して、渋川まで行っちゃいましたよ、私=ばか。

「はるな」到着です。ひょえ~! すてき~!
着陸態勢にはいると、スライドドアをあけて、航空隊員が後方確認しながら飛んでくるんですよ。かっこいー!

航空隊員のユニは黄色です!
その後、オレンジのユニを着たレスキュー隊員を乗せて離陸!
要救助者がいる場所まで飛んでいき、そこからホイスト下降で、レスキュー隊員を投入!
うひー、たまらん~。

でも、これがですね。ヘリはすぐそばでホバリングしているのが、音でわかるのに、
木立にかくれてどこだか見えない。
ああ、ここまで来ておきながら、ホイストが見られないなんてっ!
走りましたよ、私。でも、一直線にヘリに向かって走っていったら、
その先は、ぐえっ、これはガケ? いや、ガケではないんでしょうけれど、とんでもない斜度。
でも、ここを降りれば、ここを降りれば……。
ころげ落ちそうになりながらたどりつくと
(こっちが要救助者になりそうです。ちなみに枝をつかみまくって、手は血だらけです~)、
おおおっ!

隊員を吊りあげている真っ最中! すごーい! すごーい! 

ああ、早起きしてよかった……じーん(感涙)。
地上の安全確保担当のみなさま。お声ガケいただき、ありがとうございました。
訓練されていたみなさま。これからも事故のないよう、がんばってください。
最後、すれ違うとき手をふっていただき、超うれしかったですー。

プロフェッショナルな方々にパワーをいただき、本作りに注入していきたいと思います!

原稿と試乗会その1

早起きして原稿書き……のつもりだったのだけれど、
ゆうべ、終電で帰宅したため、はっと気づくと七時半! うわーっ! 寝過ごした!

あわあわしつつ、原稿を書いて、午後は都内で行われている試乗会へ。

ブルーテック=ディーゼルです。
でも、ボディがめっちゃいいので、振動が少なく、めちゃ静か。メルセデスならではですなー。

そして本日、JAFがドクターヘリ支援事業への協力を発表しました! 詳しくは、→こちらをクリック!

昨日の「フライトナース勉強会」も、そうですが、
広がりをみせるドクターヘリ。でも、ヘリがあっても、ドクターやナースのスキルが伴わなければ、
活用することは、難しい。
フライトナースなんて、病院の救命救急センターのなかとは、ぜんぜん違う仕事もしなくちゃならないし!
しかも短時間で! こりゃもう、センスも大事ですが、それなりのトレーニングは必須なのです。
いままで、そういうことって、各病院が自腹をきって行ってきたけれど、
でも、自腹だけじゃ、限界があるし、ちゃんとした制度がないと、長続きもしないってもので。

ドクターヘリが出動する件数の4分の1は、交通事故。
ドクヘリで助けにいくことで、救える命はたっくさんあり、しかも、入院日数も減り、後遺症も減るとあれば、
こりゃもう、JAF、自動車工業会、損保会社、国民健康保険などなど、ドクヘリをバックアップしないで、なんとする?
(自称:ドクヘリ応援団員のワタクシ、鼻息あらくて、すみません!)