初校が届いた!

7月に出版する予定の、次のノンフィクション。
取材させていただいた方からの、赤ペンチェックをもどしていただきました!

ゲラにするまでに、結構、書き込んだつもりなのに、
こうして、ゲラにしてみると、
もっとこうすれば、もう少し、この部分を……という箇所がいっぱい。

ゴールは遠い。
赤入れ部分も、しっかり反映させていただきます!

植村直己、完成!

植村直己さんを書かせていただいた書籍が、完成です!
完成見本が届きました。
曽田正人先生のイラストが、感涙物のすばらしさ。
本文中のイラストも、声が聞こえてきそうな躍動感です。

小さくしたり、上に文字がのったりするのが、
もったいないほど、細かな部分まで書き込まれています。

曽田先生がtwitterで、
「どんどん直己が好きになる」と、ツイートされていましたが、
私も同感。
何冊もの資料を読み込み、
直己の生まれ故郷である兵庫県豊岡市まで行かせていただき、
知れば知るほど、直己のことが好きになりました。

植村直己がなぜ、こんなにも愛されたのか。
日々の生活を生きぬことも冒険だとすれば、
生き抜くヒントとなる言葉をたくさん詰め込みました。
3月20日ごろから書店に並びます。
ぜひ、ご一読くださいませ!

I♡YOKOHAMA

転勤族の家庭だったので、
出身地を尋ねられると、横浜と答えています。
中学一年生からずっと過ごした横浜が、
いちばん、私の人生に大きく影響を与えているので。
(生まれたのは東京です)

今日は、横浜で家族集会。
来月、87歳になる父の誕生会。
ほんとに元気で、もりもり食べて(ついでに飲んで……)、
神さまに感謝してもしきれない気分。

こういう景色を見ると、帰ってきた感まんまん。

先週からかかりきりの、七月出来を目指しているノンフィクション。
月末の脱稿目指して、ラストスパート中です。

植村直己

情報解禁。

3月は、講談社の火の鳥伝記文庫から、(→こちらをクリック!)
「植村直己」さんのノンフィクションを出させていただくことになりました。

表紙と挿絵は、私の大好きな漫画「め組の大吾」の作者である、
曽田正人先生です。

表紙やモノクロ挿絵、拝見しましたが、
感激物のすばらしさ。

ご期待くださいませ!

三月出来!

7月出来ノンフィクションの草稿を、
取材相手の方々に確認していただいているあいだに、
この週末は、3月出来本の、最後の追い込み。

再校です。

著者として、本文を整えられる最後のチャンス。
少しでも読者が読みやすいように!

そして、月曜午後に編集さんに送付!
あとは、待つだけ!

3月20日ごろ、書店に並びます。
今月末に情報解禁になるので、詳細、しばしお待ちを。

おこもりMAX

木曜に三日分の食料品を調達し、
マジこもりしました。
一日13時間。
でも、布団の中でも食事中でも、主人公のことを思う日々。
レトルト食品ってありがたいなー。

そして、気合入れまくり、草稿完成です!
最初の読者は、編集担当さん。
どんな反応がくるか、どっきどきですー。

しっぽをなくしたイルカ@台湾

拙著「しっぽをなくしたイルカ」、
台湾で販売開始です!

台湾版の見本が届きました!
版が大きくて、フジのジャンプの迫力が5割増し!

台湾では、
「ハチ公物語」「ベイリー大好き」「もしも病院に犬がいたら」に続き、
4冊目の翻訳本です。
尽力くださった翻訳者さん、台湾の出版社さん、
契約等々でお世話になった講談社&小学館の担当さん、ありがとうございます!

たくさんの子どもたちに読んでもらえて幸せです!