脱稿したー!

連休最終日の夜、ぽちっと送信。
脱稿しました!
予定より10日早い脱稿ですー。人生初の快挙。

さあ、遊ぶぞーと思ったら、
本の原稿で、ぜんぶほったらかしていたメールの返事や、
クルマ関係の原稿の締め切りが。

さらに、机のうしろをふりかえると、
荷物が私を中心に衛星のように並んでいる……。

まずは生活の立て直しからだな。

「もしも犬が病院にいたら」発売!

新刊「もしも犬が病院にいたら -こども病院ではたらく犬、ベイリー-」
発売になりました!

s-DSCN1004
今回の写真は、ベイリーが所属するNPO法人、
シャイン・オン! キッズさんと、個人の方々から提供していただきました。

タイトルは、なんと、縦書き!
斬新です!

ぜひ、BOOKSのページから、「あとがきのあとがき」も、
お読みくださいませー。

講談社

新刊「もしも病院に犬がいたら」
見本ができあがったので、青い鳥文庫編集部に、受け取りに。

s-DSCN0999
編集部の入り口のところに、私が敬愛してやまない、
さかなクンさまのご著書「一魚一会」のための直筆ポスターが!

ベイリーとハンドラーさんに出会ったののは、
2011年3月10日のこと。
翌日に、東日本大震災が発災しました。
一日、ずれていたら小学館で出させていただいた、「ベイリー、大好き」の企画は、
なくなっていたかもしれません。
そして、6年後の同じ日に、青い鳥文庫から、
こどもたち用に書き直したこの本を出せること、
感慨深いものがあります。

こどもたちが笑っていられる世の中を
大人のひとりとして、しっかり作っていきたいと思います。

青い鳥文庫のサイト

木曜日から、ふたたび、原稿書きで深海にもぐっています。
月末までに、夏出来の本の草稿を書ききりたい!

そんな私のモチベーションを上げる出来事が!
講談社の青い鳥文庫さまに、「岩貞るみこの感動ノンフィクション」なる、
特設サイトを作っていただきました!
詳しくはこちらから。 →こちらをクリック!

すごい。
ありがたき幸せ。
そして、3月11日に発売される新刊、
「もしも病院に犬がいたら -こども病院ではたらく犬 ベイリーー」も
アップされています。
ベイリーの話もそうですが、裏テーマも2つ、入れました。
ぜひ、ご一読を~。

浮上しました

深海にもぐりつづけた生活から、一旦、浮上しました。
初日があまりにもぐだぐだだったので、
この六日間、予定の半分もいけないんじゃないかと不安になりましたが、
日曜からの三日間、人生最大と思われるほどの猛チャージをかけ、
予定の95%達成という、
それなりに満足な結果になりました。
あと5%……ふふふ、ちょろいもんだ。

こうやってなめているから、痛い目にあう。

その間、ちら見したニュースサイトでは、
労働基準法の話。
へー、一日8時間、週5日かあ。
残業は一日、2時間までなのか。遠い目。
個人事業主には関係ないよなー。

というか、自己完結している企業ならともかく、
下請けと共同して動く業務形態の場合、
親会社の労働時間を「きちんと守れば」、
下請け、孫請け、ひ孫請けにシワ寄席がくると思うんだけどなー。

まあ、そういう会社の場合、
「きちんと守る」人はあまりいなくて、
結局、持ち帰りで作業ということもありそうだけれど。

まあ、仕事が趣味のようなものだし、
(というか、毎日があまりにも楽しすぎる)
日々、人と対峙して、血圧あげまくっているけれど、
児童書書いていると、まるで写経をしているように(したことないけれど)、
心静かに、落ち着けて、気持ちいいし。
仕事のオンとオフのように、
モータージャーナリストと児童書作家の仕事で、気分転換しています。

ぜったい夏にだすぞー!
ぜったい、面白い本を書くぞー!

おこもり強化月間

夏に出来する次の書籍。
取材が終了し、ただいま、おこもり強化中です。

会議とか、情報交換会とか、会議とか、打ち合わせとか、
油断していると、どんどん用事を入れてしまうので、
今週は、週のはじめにきゅっとつめてこなし、
現在、深海にもぐるようにして執筆中。

というのに、こうしてブログなどアップしていていいのか。
いや、生きていることは伝えなければ>誰に?

「もしも病院に犬がいたら」情報解禁

新刊のご紹介。
「もしも病院に犬がいたら -こども病院ではたらく犬、ベイリー」
3月11日に講談社青い鳥文庫から発売です!

s-DSCN0970
再校まっただなか。そして、読みながら泣く。
自分の書いた文章に酔いしれるというより、真子ちゃんの気もちが心につきささって……。

P1010449
いざ、お仕事に向かおうというときのベイさん。
目がきらきらして、やる気まんまんです。

2011年に小学館から出させていただいた、
「ベイリー、大好き -セラピードッグと小児病棟のこどもたち-」に、
追加取材をし、
青い鳥文庫の読者のみんなが読みやすいように
ぜんぶ書き直しました。

ハンドラー、森田優子さんの視点で、
ベイリーのこと、こどもたちへの思い、幸せとは、
そして、仕事の意味を伝える本になりました。

このところ、各会議でおせっかいおばちゃんおねえさん化していますが、
児童書を書くときだけは、真っ白な心でPCに向かいます。
おかげですっかり二重人格者……。