ノンフィクション

朝から原稿。
夕方打ち合わせ。
夜は国際交通安全学会の会議。

東京駅周辺はモダーンな建物も多くてすてき。
ただ、館内禁煙なので、建物のまわりは吸える場所を求めている人ですごいことに……。

歩行者の受動喫煙が問題になりそうなレベル。

このところ、ノンフィクションの構成で四苦八苦。
事実を組み合わせてラストのつじつまを合わせていく行為は、
図形の「証明問題」に似ていると、よく思います。
推理小説もそうなんですが。
できた! と思ったら、ここに抜け道があったり、時間軸が逆になっていて理論が破綻したり。
文系アタマなので不得手ながら、キライじゃないので救われています。

キッズ読者

「ベイリー、大好き」を読んだという小学生から手紙が到着。
読んだ感想がつづられていて、
えっ! そこで泣いたの? というところで泣いたそうな。

「泣く」という行為は読み手の過去の思い出とシンクロしたときに出るので、
私としては、もっと後半の、あんなところやこんなところで書きながら泣いちゃったのだけれど、
手紙をくれた女の子は、そうとう負けず嫌いで、
でも、しっかり最後までやりとげた経験があるとお見受けしました。
どうでしょう、保護者の方々?

かわいい切り紙もいっしょに入っていました。こどもって天才!

彼女はいま、フライトナースになりたいらしいけれど、
これでハンドラーになりたいと、言い出さないか心配~。
あ、でもいずれも看護師の資格があったほうがいいよ=私信。

100,000万部!

本の原稿を書いているあいだ、すっかり凍結状態のクルマの原稿に着手する週末。
そして私の机には、こちらの輝かしい一冊が!

『ハチ公物語』、10万部突破! 見本誌の到着です!

発売から二年半、15刷です。すばらしい~!

表紙を撮影してくれたT師匠、
イラストを描いてくださった、Mさん、
そして一冊の本にするまでご尽力くださったみなさん。
さらにその後、この本を読者のもとに届けるべく、
あれやこれやと、いろんな企画に乗せていただき、
多くのみなさんのご尽力あってのこの数字。
本当に、感謝感謝です!

取材納め

本日、取材納めです。
今日も貴重な瞬間に立ち合わせていただきました。
そして今年も、本当にたくさんの方にお会いし、話を聞かせていただきました。
クルマの開発話もさることながら、
ノンフィクションの取材となると、みなさん、すごく熱心に対応してくださる。
それは当然、私=書き手のためではなく、
私の先にいる読者、ひいては世の中に向かって、
伝えなきゃいけないことを、語ってくださっているわけで。

ただでさえ少ない睡眠時間を削って、話をしてくれたり、
思い出したくもないであろう、つらい事故や病気についてすら、
笑顔とともに語ってくれたり、
生活の場所まで開放して、24時間体制で対応してくれたり、
企業秘密に近い部分やプロの技まで、ぜんぶ見せてくれたり、
本当にありがたい以外のなにものでもありません。

メディア=中間にいる媒体=私としては、
その大切な経験と思いをしっかりと受け止めて、
伝えていきたいと思います。

取材納めと同時に、どっちゃり資料もいただきましてー。
ががが、がんばりますー!

ハチ公物語、10万部突破!

本日の取材場所では、社員食堂にごいっしょさせていただきました。
で、スタッフYさんがカバンから取り出したのがこちら。

ふりかけです。ゴマ風味がすごく美味しいです!

そして、青い鳥文庫の担当ももちゃんからメールが!
「ハチ公物語」、重版です! 10万部突破です!
ええええーっ! 

感激です。
書いた本が10冊を越えたら作家と名乗っていいと、
某作家さまがなにかに書いていたのを見てから、
10冊を越えたあたりから、プロフィールに「ノンフィクション作家」などと
入れてみたりはしているものの、それでもやはり気になるのは部数。
でもでも、10万部。すごい数字です。素直にすごくうれしいです。

みなさん、読んでくださって、ありがとうございます!
そしてこの本が世に出るまで、お力添えくださったみなさん、ありがとうございます!
さらに、この本を多くの方に読んでいただけるよう、
ご尽力くださったみなさん、ありがとうございます!

これからも、いい本を書いていきたいと思います。がんばります。

志村どうぶつ園

本日も一日取材です。
風邪をひいている場合ではないのだけれど、
このところの睡眠不足&体力低下でちょっとびみょーな雰囲気。
気合で治します!

さて、拙書「ベイリー、大好き!」のベイリーが、
12月24日(土)19時~2時間スペシャルの、
「天才! 志村どうぶつ園」に登場します!  →こちらをクリック!

ベイリー、自宅でおねむ中。こんな油断だらけの顔も大好きです~!

病気や怪我に真正面に向き合うこどもたちと、
それを支えるご家族や、病院関係者の方々。
そして、ベイリー+ハンドラー森田さんがひきだす、こどもたちの笑顔、
ぜひ、ご覧ください!

今日の仕事

「ベイリー、大好き」は、重版が決定したのですが、
ゆうべきた担当編集S嬢からのメールには「まだまだですっ!」という文字が。
彼女は、
「ベイリーのようなセラピードッグがもっと小児病院に導入されれば、
入院しているこどもたちが、前向きに治療に取り組めるのに!」と、
本を売るという自身のタスクを飛び越えて、
日本のみなさんにセラピードッグを知ってもらいたいという気持ちでいっぱいなのです。
私も微力ながら、プロモーション活動がんばります~。

そして今朝はPCに向かい、のち、ばたばたと取材へ。
夕方は、こんなところにいました。

某テレビ局です。現在、収録真っ最中!

えーっと、こういう写真が撮れているということは、
私はスタジオの外にいるということです。中には、今をときめく方々が~。

クリスマスのころには、いいご報告ができそうです。
間違っても私が画面に映ることはありませんので、ご安心を~。