再校もどし

来月出来の書籍。
いよいよ、再校も最終段階です。
校閲さんが赤入れした原稿が手元に届きました!

s-P1110421
届いた封筒には、激励のキットカットが!
いっただきまーす!

自分が赤入れしたものと、校閲さん&編集さんから赤が入った部分をつけ合わせ、
確認していきます。
そして……、宅配便に託して私の手を離れました!
と、思ったら!
あんなに何回も見たのに、校正も再校も見たのに、

ぎゃーっ!!!!!

マジで血の気が引きました。
物語の、根本的な部分が、
いちばん、大切な数字が、まちがっている!
ありえない! いや、ありえた、いや、現実にあった!
がーん!
大至急、編集さんに連絡です!

印刷所にまわるまで、あと数日の勝負。
これ以上、原稿を見たくないような、見て見つけたいような。

ツマコさんからのメール

「お米ができるまで」の登場人物、
ツマコさんこと、主人公ダイヒョーの奥様からメールをもらいました!

なんと、ダイヒョーの家のそばの図書館で、
このように扱っていただいているとのこと!

1442729951262
おおー! 手作りの宣伝イラストがかわいいです!

ダイヒョーの田んぼでは、刈り取りが着々と進行中。
山間にあるダイヒョーのところでは、
山すそから、山の上のほうへと、時間差で実るため、
最後は、雪解けの一番水を使う、おいしいおいしいお米の田んぼを刈り取ります!

ダイヒョーが考えに考えて作った有機肥料で育てたお米、
ぜひどうぞ!  新米のご予約はこちらから! →クリック!

コウケンテツさま!&新米販売開始です!

秋の新米の時期に合わせて、
講談社さまが、お米プレゼント企画を作ってくれました!
そして、な、な、なんと!
帯には、あの、あの、コウケンテツさまがコメントを!!!

s-P1110408
「やっぱりごはんが大好きだ!」
じーん。ケンテツ先生、ありがとうございます!

実は実は、私は料理は不得手なものの、ケンテツ先生が大好きで、
以前、連載をさせていただいた、
【TARZAN】のクルマ連載インタビューで7年ほどまえ、
「誰に会いたい?」と、編集さんに尋ねられて、
ほぼ、初回からずーっと「ケンテツさま!!!」と言い続けていたのでした。
結局、叶わず、残念に思っていたところ、
まさかまさか、こんなところでお目にかかれるとは。
しかも拙書を読んでくださってのこのコメント。

ありがとうございます!!! 感涙~!!!

そして、この「帯」の内側には、プレゼント応募券があります!
この本の主人公、ダイヒョーこと、小岩孝徳さんが丹精こめて作った新米2kgを、
10名さまにプレゼント!
締め切りは11月20日です。
とっても美味しくて、安全&安心なお米、ぜひどうぞ。
そして、もしも抽選にもれた方で、ダイヒョーのお米を食べたい!という方は、

うおぬまのお米農家」のサイトから。刈り取ったばかりの新米、予約販売開始です!
→ こちらをクリック!
生産者ブログには、私もちらりと出していただいています!

再校

私が頬を腫らそうが、痛みで眠れなかろうが、
原稿はどんどんとカタチを変えて、
本に向かって一直線。

そして届きました。
再校。

s-P1110405
校正で、赤入れをしたものが反映されています。
これをもういちど確認して、私の手を離れます!

シルバーウィークは、先週の遅れを取り戻すべく、
仕事一直線です。
そして、夜は歯が痛い……。
どうも、歯を食いしばるのではなく、
横向きになると顎がマクラに押し付けられて痛むような。えーん。