ドラえもん

ドラ焼き、好き。
きっと私の前世は、ドラえもんだったに違いない。

うそです。すいません、ドラえもんファンのみなさん。

週末、原稿書きの糧にせよと、神のお告げがあったのか、
なぜか私の手元に、いただきもののドラ焼き。

091114
やっぱりドラ焼きは、文明堂ですよねえ、富樫先生=だれ?
わからない人は、
「エンジンスタート!」を、読みましょう。

もちろん、本日、完食です。
だってー。賞味期限が今日までって書いてあったもーん=だからって食べるな?

シアワセだー。
ちなみに、ハトも大量死しております、Yさん&Hさん!=私信。

『テイクオフ!』

来ました! ついに届きましたー!
ドクターヘリ物語、第二巻『テイクオフ!』
書店に並ぶのは17日ごろですが、
ひと足先に、著者分見本、到着ですー。

090912
にしけいこ先生の表紙。ドクヘリもしっかり描いていただき、感激ですー。

えっと、表紙とタイトルからおわかりいただけるように、
主人公の「陸くん」、ついに出動なのであります。

もちろん、巻末には、現役フライトドクターT氏による「毒へびクン」も、再登場ですよー。
K先生、血圧の左右差の話、入れさせてもらいましたー。どこかで見つけて読んでくださいー。←ひとまかせ。

新型車の担当の方と話をしていると、新車の発表会のその日から、
次のフルモデルチェンジに向けて、動き出すというけれど、本も同じ。
第三巻に向けて、むむむー、がんばります。
ここからは、がんがん飛ばしますよー。

救急の日+1

8月8日はフジテレビの日、9月9日は救急の日。
ということで、昨日と今日、新宿駅南口でドクターヘリが展示されていました!

090910
アーチ状の天井にひろがる羽。撤収前、メカニックのS氏が「どうやってはずそう……」と思案顔でした~。

救急車やAED講習や、もろもろ展示がありましたが、
やはり一番人気は、ヘリ!
子供たちがきらきらの目で、ヘリに乗り込み、
ドクター席に座って感慨深げ(?)なのが印象的。

みんながんばれ! フライトドクターになるのだ!
そのためには、青い鳥文庫の「ドクターヘリ物語」を読むと、よくわかるぞー!

ドクターヘリ物語、第二巻「テイクオフ!」
来週17日ころ、書店に並びます~。こちらをクリック!

夜は、「ハチ公物語ー待ちつづけた犬ー」が「6刷」にもなり、その打ち上げ&大感謝祭であります。
参加者、若干名(笑)。
表紙を撮影してくれたTカメラマン、挿絵を描いてくださったMさん、
そして、本を企画~編集~宣伝~営業……と、すべてにわたってたずさわってくれた、本当に多くのみなさん。
ありがとうございました。
ドクターヘリだけでなく、本作りも多くの人のチームワークで成り立っています。

9月の新刊

9月になり、今年も3分の2が終了。
なんだかあっという間だったような。

そして9月17日、ドクターヘリ物語(2) 「テイクオフ!」が離陸します!

青い鳥文庫の、今月の新刊をチェックしてくださいませ。こちらをクリック!

さらに。青い鳥文庫の私のコラム、「イルカ、ときどき、ドクヘリ」も、アップしました。
こちらをクリック!

フライトドクター候補生、陸は、ついにドクターヘリで出動します。
取材をさせていただいている、日本医科大学千葉北総病院の先生に、
「半年でヘリに乗るのは、早いんじゃないの?」と。

いえ、先生、し、小説ですからー。

これは○○先生でしょ。って声も聞こえますが、いえ! それは気のせいです。
だって、これは、し、小説ですからー。

そして、小説の最後に登場するのは、シートベルトで内臓損傷した患者です。
自動車メーカーのみなさん。これが救命救急の現場です。
天井の低い後部座席をつくっている場合ではないと思います!

それも、小説でしょ? って、とんでもない! これは現実です!

HACHI~!

ほんとは「ハチ公物語」の出版前に行きたかったのだけれど、
なかなか行けなかった上野の科学博物館へ。

ここになにがあるのかというと、ハチの剥製です!

090822
夏休み中の土曜日の科学博物館は、こどもたちでいっぱい!

そして、予想通り、ハチはものすごい人気なのでありました。
みんなくちぐちに「HACHI~」と、リチャード・ギアさんの口調をまねしながら近づいてきたりして(笑)。

はっちゃん(←馴れ馴れしい・汗)は、死んだときは、かなりおじいさんだったのだけれど、
剥製は、若かりしころの、立派な姿が再現されていました。

足をのばして、初上野動物園。
バッファローのでかさにびびり、猿のしっぽの器用さに感動し、
きりんのかわいさに感激し、暑さに倒れそうになりながら帰宅。

火に油

朝いちばんで、青い鳥文庫の編集部へ。
9月に発売になる「ドクターヘリ物語第二巻」、『テイクオフ!』の最終校正。

これで本になるんだと思うと、感激でいっぱいなのと同時に、
医療関係の細かな部分で、ほんとに大丈夫なのか? という心配もいっぱい。
でも、見れば見るだけ手を加えたくなるので、
えいや!
で、もどしました。あとは野となれ山となれ……=やけくそ。

今回も、挿絵を描いてくださった、にしけいこ先生の絵が、すばらしくて、
桜沢先生の色っぽさに、どきどきする私です←ばか。

7月に「ハチ公物語」、9月に「テイクオフ!」出版。
隔月出版という、駆け出しの人間には身に余る機会をいただけ、
うれしさのあまり、緊張しているヒマもなかったけれど、
こうして手を離れると、ふ~っと気が抜けて真っ白になってしまい、

ああ、私、気がはっていたんだ。

と、改めて感じる次第。
そして、時間があいたら動きたいというせっかちさと、
昨日までのひとり合宿で、やる気まんまんな状態なところに、
担当ももちゃんは、さっそく、油をそそぐのでした。

結果、ごおおおおおおおおおおっ!

ああ、やばい。また火がついた気がする……。

090820
昨日、歩いた森の道。何時間でも歩いていたい場所。

みなさんのおかげ

午前中に打ち合わせをひとつして、
午後は、「テイクオフ! ドクターヘリ物語2」の再校。

090811
最後のチェックです。どきどきです。

9月発売が決まり、青い鳥文庫のサイトにも表示されました~。こちらをクリック!

こうしてやっていると、本当に多くの方の手で、世の中に送り出していただいていると実感。
先日、児童書作家I先生のトークショーに行ったときも、I先生が、

「本は書き手とイラストレーターだけでつくっているわけではない。
編集担当がいて、デザインをする人がいて、校正、プロモーションをする人、
日々、書店をまわってくれる営業など、本当に多くの人がかかわって一冊を作っている」


と、おっしゃっていたけれど、本当にそのとおりだと思います。
むむむー。ラストスパート、がんばります~。