仕事を追え!

このところ、自分たちに言い聞かせるように交わされる言葉。
「仕事に追われるな、仕事を追え!」
し、しかし~。

朝、取材。いちどもどって仕切りなおして、
撮影車をピックアップしにいき、試乗会をさぼったクルマをひとり試乗会しにいき、
そこでつかまって、あわあわしつつも、次の打ち合わせで、
『ベイリー、大好き -セラピードッグと小児病院のこどもたち』の、
最終校了前の原稿を受け取り、
夜の懇親会の前に、クルマのなかでこっそりと原稿チェックをし……という、
まったくもって仕事に追われる一日。

こちら、懇親会の最後のデザート。どれもこれも、めっちゃうま! 

こういうあせる日は、寿命が縮むんですがな。
まあ、100歳以上生きる気まんまんなので、少し縮んだほうがいいのか。

オフィスレディ

本日はこちらに潜入させていただきました。

こんな緑の空間があるですよ。ここに机を作っていただきたい。

一見、静かなようで、実はものすごいエネルギーが渦巻く某現場。
好奇心のアンテナがピシピシいって、大変なことに!
帰り際には、お土産までいただいてしまいましたー。

チュイルです。アーモンドが香ばしくて、ものすごく美味しいです!

みなさん、お世話になりましたー。
また、遊びに 学びに伺わせていただきます。
その際は、ぜひぜひ、よろしくお願いいたします!

約束

「では、10時半に」
「ホームの一番、先端ってことで……」
「封筒に入れてお持ちします」

機密情報の受け渡しか、ヤクの密売かのようなセリフを交わし、
編集さんに渡したのは、昨日、まっ赤っかにした校正用紙の束。
おとといの夜に受け取って、昨日一日で真っ赤にし、今日の校了に間に合うように手渡し。
綱渡りとは、まさにこのこと? 
電車が止まったらアウトってこと???(そんなことはない)

「ベイリー、大好き -セラピードッグと小児病院のこどもたち-」
タイトルも決定しました。
小学館から11月11日発売予定です! ←と、さりげなく宣伝。

そして、肩の荷を降ろし気分すっきりで向かったのは、こちら!

YSがどーんと置いてあります。
クルマも飛行機もディーラーネットワークが基本なのだと実感(謎)。

航空医療に興味を持ち始めて4年目。
好奇心の雪だるまがどんどん大きくなり、大変なことに!
とりあえず体力つけて、取材が続けられる体制だけは作らないとと再認識しました~。

その一瞬

お盆の前にどうしても会いたい人がいて、新幹線に乗って西へ。
ほんとは、ものすごく迷っていたのだけれど、
やっぱり会いにきてよかったなあとしみじみ。

チャンスというのは、その瞬間にしかなくて、
「次でいっか」「またの機会に」なんて言っていると、
ぜーったいそのチャンスは訪れないと思う。
いつもその一瞬に反応できる自分でいたいと思います。

訪問後、時間調整をかねて、ほっつき歩いていたら、
それが夏で、しかも酷暑で、高温注意報まで出ていることもすっかり忘れていて、
途中、倒れそうに~。
「無料休憩所」という文字に誘われて、よろよろ倒れこんだら、
お姉さんが、きりっと冷たい緑茶を出してくれました。
私が倒れそうになるときは、水分だけでなくもれなく糖分も不足しているので、
安倍川もちも食べてみたり=これが超おいしい!

夜は大好きなYちゃん&Bくんと合流。暑さでへばるBくんを残し、女子ご飯。

補充

私の故・恩師は、いろんなことを教えてくれたけれど、
そのなかのひとつが「親が死んでも締め切り守れ」。
締め切り当日までひっぱると、もし、親が死んでも会えなくなるから、
一日くらい余裕をもって書いておけ、とも、教えてくれました。

以来、それを守ってきていて、締め切り当日にがたがたしても、
原稿を落とさずにこれているのだけれどー。

ただ、実働については、なかなかそんなふうに動けず。
本日も、電車の時間に合わせて支度をしていたら、
携帯電話がちろりろりん♪
つい出てしまったら、これがちょっと長い電話で……。
結局、一本、電車に乗り遅れましたー(というわけだったですよ、ももちゃん)。

でもこれも、電話がかかってきても大丈夫なように、
10分くらい前倒しで準備していれば、問題なかったわけで、
ああ、まだまだ青いな、自分。

5時起きで原稿を書いて、予定通り昼にアップ。
のち、来年に向けての打ち合わせ。むむっ、がんばりますよー!

やる気向上のために、愛するお菓子箱に補充してみました。
まだまだ隙間が気になるんですけれど、ぎりぎり合格ってことで。

夏至+1

モータージャーナリストの仕事は、クルマに乗るか、原稿書くか、打ち合わせしているか。
つまり、ずーっと座っているわけで、不健康極まりない状態。
しかし、この二日間の取材は、歩いて歩いて歩いて……の連続。

夏至のこの時期、太陽はほぼ真上。自分の影も短く、つまりは、
どこにも日差しから隠れるところがないわけで。お嫁に行くまでは白い肌を……?

先日、導入したコンフォマーブルのインソールを仕込んだら、
最初は「?」だったものの、夕方になると土踏まずをぐぐっと押してくれる感覚が。
それだけ自分の足が疲れて扁平になっているってことで。
次の登山が楽しみです!

取材は、予想外の展開があり、幸運の連続。いやー、願えば通ずとは、まさにこのこと。
「チャンスは準備した人に訪れる」って言いますが、
私の場合、準備というより、しつこく網はっているというか……。
みなさん、どうもありがとうございました。
みんなの強さと笑顔に勇気付けられる日々です。みんな、応援しているからね!

地産地消

西へ移動して、木~金と取材。
移動した先の駅前コンビニで見つけたのは、こちら!

土佐の高知といえば、フルーツトマトに、文旦!
ものすごく美味しい組み合わせです!

あ、えーと、うーん。
私が行ったのは、高知県よりずーっと手前なんですけれど。
地産地消とサブタイトルがついているのは、ご愛嬌ということでー。

私の姿を見つけ、すごい勢いで駆け寄ってきてくれる先様に感激しつつ、
(こういう素直な感情表現は、ぜひ、見習わせていただきたい)
今回も気合の取材。