表紙撮影

毎年、夏に出させていただくノンフィクション。
半年に及ぶ取材も終わり、ラストは表紙撮影です!

s-P1090698

Tカメラマンの見つめる先に、今年のテーマが!
まだ、内緒なので、空抜けカットで失礼。

晴れマストの表紙撮影ゆえに、一泊二日の日程を組んで臨んだものの、
初日が予報に反して、雨は降るわ曇りだわで、びびりました。
でも、夕暮れどきの光を使い、それはそれはきれいなカットが。
さすがTカメラマン!

土曜日は雨予報なれど、Tカメラマンの晴れ男ぶりが炸裂し、
ぴっかり晴れ。朝の光が、これまた素敵。

取材~撮影と、長期にわたりお世話になったみなさん、
本当にありがとうございました!
まだ一行も書けていない原稿ですが、
これから気合いれてがんばります!

北上

5時起きにて、一泊二日の取材へいざ!

P1090085

ワンストップめは、いつもの上里SAです!
学校が休みのこともあり、子ども率高し!

今日の相棒はパンダちゃん。
ちびちびゆえに、ロングドライブは不得手かと思いきや、
適度にしなるサスペンションが快適!
っつか、デュアロジックのぎくしゃく感がないので、
ひょっとして街中より高速のほうが得意なの、あなた?

P1090124

着いた先は、こんなリラックスモードな場所。

花が咲き、川が流れ、空は青く、山は穏やかにそこにあり……。
はー、たまらん!
取材も、とーっても順調。
最後に涙腺がゆるみそうな、すばらしい話を伺わせていただき、
「だれかのためにがんばる」って素敵だなあと、しみじみ。

夏の湘南

本日はインタビュー取材で、湘南へ。
……。
…………。
昨日は、三連休の初日に群馬だし、
今日は、夏のいちばん盛り上がる休日に湘南。
とくに季節に関係のない取材なのに、
このスケジューリングの運の悪さはどうしたことか。
まあね。「ゾウのいない動物園」のときも、
なにをどうすればどんぴしゃになるのか、花見の季節に上野公園だったけど?

昨日も今日も、渋滞想定して早めに出すぎて2時間以上現地待機。
でも、質問事項をまとめるにはいいクールダウンです。

P1080898

美味しいご飯いただきながら、話がはずみましたー。
こ、これは? 木槌で割ると中から……!!!

話は面白いし、説明はうまいし、思わず聞きほれ状態。
だいたいひとつの取材対象で必ず一人、こういう貴重な存在がいてくれます。
ありがたや。
半永久的に、ずーっと話を伺いたい気持ちをぐっとこらえて終了。
ありがとうございましたー!

なにしに行ってんだか?

台風が本州にそって北上するというこの週末、
10日(木)~12日(土)と、二泊三日で取材です。

お昼は、取材先のお母さまに、こんな素敵な食事を用意していただきましたー!

P1080778

さらりと笹があしらされた食卓。なんて贅沢な!

P1080797

さらにこちらは、奥様が作ってくれた朝食。朝から超ハッピーに!

しかも、帰りには持ちきれないほどの、いんげん豆をいただいてくるという……。
まるでご飯を食べにいったような取材。
ちがうし!
仕事したし!(たぶん)

仕事は楽しく! がテーマだけれど、
美味しく! も、これから加えよう。

飛ぶようにすぎる週末、そして半年終了

おかしい。
まったくもって、浦島花子である。
私の週末は、どこへ行ったんだろう。

今年の一冊めを週末にリリースし、
二冊目も、原稿は手を離れ、
来年に向けて一冊目の取材と現段階のまとめと、
二冊目のプロット作りをしなければいけないというのに、
細かな家仕事と、雑務と、短いクルマの原稿を書いているうちに、
どんどん時間が過ぎていく。
やばい。

そして、今年も半分終了の本日は、某誌の座談会へ。
どこでどう突っ込んでいいのか、
タイミングがとれず、あわあわな状況に。
すいません~。
あとは、なんとかまとめてください!=やり逃げ。

ハイパーレスキュー

本日は、日本交通科学学会オプショナルツアーで、
ハイパーレスキューこと、消防救助機動部隊と、東京DMATの連携訓練見学です!
伺ったのは第二消防方面本部。
私が芝消防署の取材でお世話になった、U士長とO士長も現在こちらで活躍中です。

P1080435

おおおー。ついに足を踏み入れました。
消防ファン垂涎の、聖地ともいえるハイパーの敷地!
消防取材以降、自称応援団OGとしても心踊りまくりです!

想定訓練開始。
乗用車が交差点でハンドル操作を誤り、二人跳ね飛ばした上、
ひとりを巻き込んでマンションに突っ込んだというもの。
乗用車はマンションにめり込んで、車内から脱出不能!
「252が3!(要救助者が三名)」という設定です。

P1080437

指令、入電中。

P1080440

まずは救急隊が駆けつけます。ほんとは、ふつーの救急隊員が行きますが、
今回はハイパーレスキューとの訓練ゆえ、ハイパーの機動救急救援隊が救急隊員の役をしています(た、たぶん)。

さいしょに、倒れている二人に声かけ。複数傷病者ゆえ、まずはトリアージです。

P1080441

さらに、クルマの下敷きになった人のところへ! こ、これはー!
救助隊の要請を~!

P1080450

指揮隊車が到着! すぐに本部を設営!

東京消防庁では、管内の交通事故は指揮隊車が出ます。
現状を把握し、隊の増強が必要であればすかさず要請します。

P1080453

要請された救助隊、到着です!

P1080454

指揮隊は、作業が安全に行えるよう、規制線を張ります。
これも、とても大切な仕事。交通事故の場合は、警察が行うことも多いです。

P1080476

車両の下敷きになった人を救出すべく、エアークッションみたいなもので、隙間をつくる救助隊員。

P1080479

このときすでに、東京DMAT(ドクター)も、必要な処置をしていきます。

P1080489

下敷きになった人を救出したあとは、マンションにめりこんだ乗用車をひっぱりだします。

可搬式ウィンチ・チルホールしか見たことのない私。
救助車両での巻き上げ、初めて見ました~。感激~。

P1080515

さらに、ドアが開かないため、救助隊員がスプレッダーとカッターを使って、
ドア部分を切り開きます。

エアですごい力を出すため、救助隊員二人がかりでも、支えるのが大変……、って、
取材中には聞いていたけれど、目の前で見て納得!
このとき、要救助者の気道を確保すべく救急隊員が頭部を保持し、
さらにドクターにより点滴のラインが一本、とってあります。

P1080547

ドアを開放し救出された要救助者。意識喪失したため、すかさずドクターが気管挿管します。

交通事故をはじめ、現場への医療投入ってすごく大事。
でも、救助隊が上手にできても、ドクターの腕がよくても、
お互いの連携がうまくいかなくては、力を発揮できないのも事実。
こうした訓練を通じて、体で覚えていくのは必要なんだと改めて思います。

終了後は、機動特科隊が扱う車両の数々を見せていただきましたー。
クルマ好きには、たまりませんなー。
みなさん、ありがとうございました!

いざ、ゆかん!

来客があったり、原稿かたずけたり、
飛ぶように週末が過ぎ去り、
月曜からは、ふたたびの二泊三日の出張です!

P1070873

最近、関越道が多い。東名~中央高速のヘビーユーザーにしてみると、
関越道は新鮮で楽しい。そして、ワンストップめは、いつもの上里PAです。

本日の試乗車は、マツダのアクセラ・スポーツ。
ディーゼル+6ATは、トルクフルでなめらか~。
詳しくは、【レスポンス】に書きます。
今回は、ロングラン・テスト。燃費や、いかに?

取材は、超々楽しくて、やばかったです。
私って、なんて取材運が強いんだろう……じーん。
10時と3時には、きっちりおやつタイム! 
ご飯もすっばらしくおいしくてしあわせー。