自動車技術会

本日は、仙台です。
東京駅、やたら混んでいると思ったら、
そうでした、三連休の初日でした。
東北新幹線、さすがにスノーボードをかついだ人も、
多くみかけましたねえ=遠い目。

そんな私は、自動車技術会東北支部にお招きいただき、
技術者の方々にユーザー視点について、お話させていただきました。

会場のホテルの方々がとっても親切!
ありがとうございました。

事務局の方々にもお世話になりました。

技術は人を幸せにするためにある。
よりよいものにするために、私も変わらない姿勢で叱咤激励いたします!
(叱咤が強すぎるという話はこの際、抜きにして)

SIP-adus第一期終了

本日は、内閣府SIP自動走行システム推進委員会
システム実用化WGの、5年間にわたる第一期のラスト会議です。

5年前、委員を拝命してから、
先輩ジャーナリストの清水和夫さんにの取材力と猛進する速さに圧倒され、
スリップストリームに入ってついていこうと試みるも、
結局、引きずられながらなんとかゴールを果たしたという有様。

それでも、技術者、研究者の方々が出してくる資料に対し、
清水さんよりも、子どもに対する思いだけは強いので、
ユーザー視点で発言させていただいてきました。

「イワサダの発言はパワハラに近い」と冗談交じりに言われますが、
すみません、本気になると口調がきつくなり、
(っつーか、あの会議、おだやかにだらだら発言する時間ないですよね?)
いかに届く言葉で指摘するかと真剣になるあまり、
ご無礼の数々、お許しくださいませー。

警察庁会議

今日は警察庁会議。
自動運転のレベル3では、携帯電話を手でもって運転してもいい試案がまとまり、
発表になりました。
詳しくは、警察庁のサイトにて。

ただ、レベル3は、現在の道交法では、走らせてはいけないことになっており、
これはあくまでも、
「今後、レベル3が走行可能になったとき」
のために、議論がされている話。

すぐに携帯電話を持って話ができたり、
カーナビでテレビを見たりしていいわけではないし、
いま現在、それが認められているクルマがあるわけでもないので、
ご注意ください!

会議のあとはランチに向かいこちらを通過。
このあいだ行って気に入ってしまった国会図書館へ。

午後は、会議、打ち合わせ、そして、
ネクセリア東日本の仕事納めで、
達磨の目入れ式に参加させていただきました。

……楽しい。ほんわり。

ポン先生

今日は、国際交通安全学会の総会&セミナーです。
交通安全の研究をされている方々を講師にお迎えし、
さまざまな角度からの話を伺いました。

特に、自動運転の視点からいくと、
ポン先生(ご本名は、ポンサトーン・ラクシーン・チャラーンサク先生)の研究は、
危険速度は、状況に応じて細かく変化させなければいけないという、
そうそう、そこ! という切り口。
10月に行われた内閣府SIP-adusのシンポでもご登壇いただきましたが、
何度聞いても、納得でうっとり。

土木、交通、法医、医学、自動車……さまざまなスペシャリスト集団。
私、学会の底辺を支えております。

自動車アセスメント評価結果発表会

本日は、日本自動車研究所の城里テストコースへ。
自動車アセスメントの評価結果発表会です。

平成7年度から、衝突安全性能評価をしていますが、
平成26年度からは、予防安全性能評価も加えられ、
今年度からは、夜間街頭ありの、対歩行者被害軽減ブレーキの評価も行っています。

今日はそのデモンストレーションも見せていただきました。

今回の評価で最高得点を得た、カローラスポーツを使っています。
デジカメの露出の関係で明るく見えますが、試験はまっくらな状態で。
でも、街灯ありなので、ちょっとだけ照らされて明るい。

毎回、きちんと実験条件がそろうよう、
カローラスポーツの操作は、アクセルもブレーキもハンドルも、
ロボットが行っています。
ほほー。
車両は時速40キロ。歩行者は5キロ。
歩き出すタイミングを少しずつ変えて、
真正面、ちょい左、ちょい右と、ぶつかる場所が変わるようにセットして、
試験を行うんだそうな。
トヨタの技術者さまがいらしたので、話を伺ってみると、
技術者さま「夜は、人間の形を認識するのがむずかしいんですよ」
イワサダ「ということは、背の高い人ほど、ヘッドライトが当たりにくくて危険とか!?」
技術者さま「いや、3メートルくらいまでなら、変わりません」
人が今後、成長して3メートルを超えても大丈夫だ!(わけのわからない安心)

ただし、条件次第で、止まれないときもあるので過信は厳禁!

寒い中、みなさん、お疲れ様でした!

自動車安全運転センター

本日は、日本カーオブザイヤーのテンベスト発表会。
そちらを欠席させていただき、
伺ったのは、こちら。

自動車安全運転センター、シンポジウムです。

毎年、シンポジウムのモデレータを務めさせていただいて5回目。
今年のテーマは、
「高齢運転者のための自動運転技術の活用方策」

ご登壇者の方々の発表内容が多岐にわたり、
まとめるのは腕の見せ所? 
いえ、自分の興味の赴くままに勝手にまとめています。
すみません!

ご登壇くださった方々、スタッフの皆様、
ありがとうございました!

ITSスポット

本日は西へ。
立ち寄ったのは、駿河湾沼津SA。
建物がかわいい上り線がメディアに取り上げられるけれど、
私は、海が近くに見える下り線がお気に入り。

海が近い!
そして、ITSスポットもあり。

……。
っていうか、ITSスポット、使っている人、いないんじゃないの?
ITSスポットがやろうとしていることって、すべてスマホでできるし。
そもそも、エンジンかけたまま、カーナビに落ちてくる情報を見るって、
どれだけ環境負荷なのよ?
とっとと撤収して、駐車場スペース、解放してほしいなあ。