交通科学協議会

21日(木)~22日(金)は、交通科学協議会@つくば。
交通と名前がついているけれど、医学的知見から交通事故が語られるという、
興味深い学会です。
救命救急や法医学などがご専門のドクターの発表が多く、
スライドやビデオも、ダミー人形しか見ていない人にとっては、
のけぞりそうなものばかり!=でもそれが現実!



今回は、医工連携がテーマだったので、特に興味深し!

救命救急が専門の先生でも、扱う事例や病院の体制はびみょーに異なり、
ゆえに求めるものも違います。
AACNよりも予防安全のクルマを開発して、事故を減らして欲しいという意見も。

だけど私は、北総病院で、1分が届かずに亡くなったり、
ほんのちょっとの差で、四肢切断を余儀なくされたりという症例を見てきただけに、
その1分が縮められるなら、AACNぜひ! と思います。
だって、ほかの病院は、
まだ病院や病院前救護で改善が必要かもしれないけれど、
ドクターヘリx北総病院は、もう削れるところがないんですよ!

北総のM先生のご発表のなかでの、ビデオの右上に映し出された、
患者到着時間から、開腹手術開始までのすさまじい速さを示す時間を、
ぽかーんと見ていた技術者の面々には、ご一考いただきたい!
なんなら私、ご説明にあがりましてよ、メーカーのみなさま!!

自転車対策

午前中に原稿を書き、
午後は、警視庁の自転車事故対策会議へ。
すでにわやくちゃになった自転車ルール&マナーを、逆回転させるのは大変ですが、
でも、タバコも30年前に比べたら、ものすごい環境改善。
正しい方向を向き、少しずつでも歩んでいけば、
必ずゴールにたどりつくと信じています。
ちゃんと「正しく」「前進」しないと、ダメですけれどね。

終了後は、編集部で企画ものの打ち合わせ。
なんか、ものすごく気合がはいっちゃって、
めちゃめちゃ発芽しているんですけれど、大丈夫でしょうか、私。
まあ、毎年、別の野菜を育てているような感じなので、
収穫の実が小さくなることはないような気がします。

夜は、女子トモKちゃんとガールズご飯へ。



ドルチェのイチゴのミルフィーユと、ミニャルディーズ。
花束のように見えるけれど、実はお菓子がささっているという素敵な演出!

Kちゃんセレクトは、代官山のリストランテA。
お料理の美味しさ&美しさもさることながら、演出が楽しくてすごい!
いっしょにえええっ?と驚いて、いっしょに笑える女子トモに感謝です。ありがとう!

訓練

国会事故調の様子をみていると、当時の政府のばたばたぶりが目に付く。
国民の一大事だっていうのに、情報伝達から判断力にいたるまでなんだかなーな状態。

小学校だって、もしもにそなえて年に一度の避難訓練をしている。
DMAT隊だって、資格をとったあと、技能維持のための訓練をしている。
非常時は、日常生活とはまったく違うことを求められるのだから、
マニュアル作って安心している場合じゃないのだ。
政府も関係者も、ちゃんと非常事態の訓練をしないと、
とっさの対応ができないのじゃないかと思ったり。
というか、いち国民としては本当に不安でござるよ。

本日は原稿書きやら資料読みやら。
週末、こけてぶつけてぱっくりいったムコウズネは、腫れMAXな感じ。
ただ、そんなことはどうでもいいくらい、明日への希望でいっぱいな月曜日。



大好きな丘が描かれた額を手に入れました! なごみますー。

一週間プレイバック

おかしい。
今年は、ゆるーく仕事をして勉強の年にあてるつもりだったのに、なんか時間がない。
日々の段取りの悪さなのか、それとも仕事をこなす速度が落ちたのか。がーん!

5月10日(木)


朝、用事を一件すませ、その足で講談社へ。
7月出版予定の本のゲラが出まして、校正作業に突入です!
午後は、名刺ジャンケンでは完敗状態の、HEM-Netの会議へ。
超あったまのいい人の会議は、ものすごい速度感。やっぱ救命救急はこうでなくっちゃ!

5月11日(金)


試乗会に行き損ねた、CX-5をお借りしに。数日、ガソリンを試乗したあと、
今日はディーゼルに乗り換えです。翌週、撮影しますー。
ディーゼル、めっちゃトルクがありますやん! こりゃ、売れますやろ!←だれ?

5月12日(土)


警視庁が行う、ファミリー自転車教室の見学へ。
前回、見学させていただいたものより完成度高し!
でも私は、となりでやっていた白バイトレーニングが気になります~。
バイク乗り(元)としては、白バイのテクニックは「神」の域です!

5月13日(日)


校正中。がんばります。こどもたちの夏休みに間に合うよう、必死です!

5月14日(月)


巨匠、撮影中。本日も2台撮り。若大将は緊急招集がかかり欠席です。
詳しくは、【Tarzan】にて!

5月15日(火)


原稿書いて、打ち合わせをひとつ。
夜は、前クルマ担当だったMやんが、
【Tarzan】から【anan】編集部へ異動のため、壮行会。
最後、急に指名されてしどろもどろになったけれど、
ほんと、Mやんとの仕事は楽しかったんだよ。
またどっかでいっしょに仕事しようね、っつーか、飲み、さそってね(私信)。

5月16日(水)


飛行機で南の島へ。足湯です。でも諸事情により入れず(悲)。

5月17日(木)


東京交通安全協会の講習会@八丈島です! 
ちょうど奥田英朗さんの「町長選挙」を読んでいたところだったので、
しみじみしてしまいました。
どうぞみなさん、安全運転で。そしてくれぐれも怪我のないよう、お過ごしください!

こどもの事故

そして今朝も、クルマがこどもたちの列に突っ込むという事故があちこちで起きた。
千葉県館山市で起こった、バス停付近での事故に関していえば、
なぜ、コーナーのアウト側にバス停があるのかよくわからない。
少なくとも、バスが来るまで、安全なところで待つようにしていれば、
状況はずいぶん違ったのだと思う。

通学は、すでに社会生活を身につけるためのカリキュラムだとしたら、
「安全なところにいなさい」とまわりで教えるべきだ。
そして、横断歩道をわたっているときにはねられるケースにしても、
信号が青だから安全なのではなく、青でも左右を確認し、
向かってくるクルマがいたらその動きをちゃんと見届け、
できればドライバーが、自分をちゃんと見ているかどうかも確認するくらい、
用心深くするように言ってもいいと思う。

もはやドライバーは、安全意識が異常なほど低下している。
大人はもう、こどもを守ってはくれない。
こどもであっても、自分の身は自分で守るという意識を教えたい。

東日本大震災で、釜石小学校の全員が助かったのは、まさにそういうことではなかったか。
あの大震災からは、交通社会に関することでも学ぶべきことはたくさんある。



夜は、K嬢とご飯。シメのスイーツが超おいしくて満足!

スケアード・ストレート

本日は、警視庁が行う、
スケアード・ストレート方式高校生自転車教室の見学へ。



プロのスタントマンによる、迫真の演技!
会場からは思わず「うわぁ!」「ぎゃー!」の声が。

イベント関連を行うチームだけあって、
シナリオも演技も、ぶつかりかたも(!)、めっちゃうまい。
思わずひきこまれていまいます。
そして、うーん、自転車、ちゃんと法規まもらないとヤバイでしょ、という気持ちに。

しかし……。
後半、警察の持ち時間になったとたん……これは~、改善余地がありあり。
なにが目的でなにをしたかったのか、さっぱりな状況。
せっかく、スケアード・ストレートで脅しまくったのに、
こんなゆるい教室内容では「ああ、楽しかった」で終わってしまうのでは。
これ、こんなに人を動員して何度もやっていて、効果評価とかしてきたんでしょーか。

という私の怒り満々な気持ちは、少し鎮火したころに行われる、
警視庁の会議で報告させていただきたいと思います。

愕然その1

二日間、机につっぷすように原稿を書き、
試乗会に行けなかったクルマをピックアップし、
帰路についたときのこと。

信号待ちでふと前方を見ると……!



こんなのありなんですか!

どう見ても、昨日や今日、この状態になったとは思えないナンバープレート。
そして、見事なほど堂々とこのバイクで走るおじさん……。
あの、一応ここは大東京のどまんなかなんですけれど?
人口数百人で顔を見れば「どこそこのだれだれ」とわかる温厚なエリアとは違うんですが?
顎がはずれるかと思いましたよ。
おじさんもおじさんですが、職場の人とか家族とか、注意する人はいないのか……。

こういう場合、私はどうすればよかったのでしょう。
クルマのあいだを”さっそうと”駆け抜けていくおじさんを、どうつかまえれば……?
やはり110番通報するべきだったんでしょうか。
人生、悩むことだらけです。