安全はつくるもの

京都で起きた花火大会中の事故では、
これを書いている時点で、3人の方がお亡くなりになり、
いまなお多くの負傷者への懸命の治療が続いている。
亡くなられた方々のご冥福と、ケガをされた方々の早い回復と、
多くの人のココロについた傷が少しでも癒えることを祈るばかりである。

報道を読む限りでは、今回の事故原因は、
ガソリン携行缶の不適切使用にあるらしい。
高温で気化したガソリンが、一気に噴出する様は、
文字で読むだけでも戦慄する。
圧力を下げてから、注ぎ口を開けるようにすべきところ、
なぜ、おろそかにしたのか。

理由1
いつも大丈夫だから。
よくあることである。いつも大丈夫。だから今度も大丈夫。
クルマの世界でもよく言う人がいる。
私はここで一時停止はしないが、事故は起こしたことがない。
だから、これからも大丈夫。

しかしながら、神さまは、そんなに優しくはない。
これまでは、幸運だっただけだ。
事故の確率は平等であり、そして事故は必ず起きる。

理由2
うっかり忘れた。
よくあることである。私もよくある。
出かける前に洗濯物をとりこもうと思いながら、
うっかり忘れて出かけ、雨にやられて悔やむのである。

いつもとは違う、環境の変化。
洗濯物の場合、雲の動きを見極めて行動しないからこういうことになる。
今回も、いつもよりも高温状態になった(外的要因はさまざまだが)携行缶に、
より注意して行動しなければならなかったはずだ。

そして今回の事故は、洗濯物がズブ濡れになるようなヤワな話ではない。
危険物を扱っているという自覚をもち、
基本に立ち返り、指差し点検して行動する安全確認は必須なのである。

そして思う。ガソリンほどの危険物の扱いを、
こんなにも安全ボケした日本で、使用者ひとりの行動に任せていいのだろうか、と。
せめてガソリン携行缶は、圧力抜きをしないと、注ぎ口が開けられない構造になっていれば、
今回の事故は防げたかもしれないと。

物理的な構造は、文系バカの私にはよくわからない。
でも、それでも、
せめて一回の屋台営業で使うものなら、
圧力抜きのねじと、注ぎ口のフタに、
長い紙かなにかを一枚はって、まわしにくいようにしておけば、
「おお、先に圧力を抜かなくっちゃ」と気付くんじゃないかと思ったり。
屋台組合とか、花火大会の大会事務局がやれば、
安全性は少しは上がるんじゃないかと思ったり。

これからもまだ、花火大会など、屋台が出る行事が続く。
こどもたちが笑顔で二学期を迎えてくれることを、願うばかりである。

感涙

午前中は、某アスリートの応援に行き、午後は、暑気払いへ。
と思ったら、大大大好きな仲間たちが、出版記念のサプライズを用意してくれました~。

130730

手作りのくす玉です! めちゃくちゃうまくできています!
あまりの感激に、その場で写真撮るの忘れて、今現在の@我が家です。

さらに、超お宝の記念の品まで!
これは、レアどころの騒ぎではなく、うちにドロボーが入るとまずいのでナイショです!
みんな、どうもありがとう。
その場では笑っていましたが、ちょっと油断すると感動で泣き崩れそうでしたよー。

フリーランスの根無し草ゆえ、いつもひとりで意地張って生きているけれど、
こうした仲間の存在に触れるたびに、本当はひとりじゃないんだなって、嬉しくなります。
本当に本当にありがとうです。また、ぜひぜひですー!!!

しゃべってしゃべって、飲んで笑って、あっという間に時間がたって、
はっと気付いてあわてて、国際交通安全学会の研究会へ。
法律と数字で、アタマから煙。今日はいろんな意味で、脳みそフル回転。

Think BLUE

本日は、VW「Think Blue Driving Experience」@二子玉川ライズです。

130728

ファミリーデーということで、ちびっこキッズがいっぱいです!

青い地球のことを考えて、クルマを選ぶだけでなく、
ドライバーも、環境と安全のことを考えて上手に運転しましょうね、というイベント。
私は、チャイルドシートについて、話をさせていただきました。

なかなか、本当に必要な方々に伝えるチャンスがないなか、
こうして、リアル・ユーザーのみなさんに、ダイレクトに話をする機会をいただけ、光栄です!

高速道路では全席シートベルト義務化になるなか、
身長150センチ以下のこどもたちは、大人用のベルトを、首にかかる状態で使われている現実。
ぜひぜひ、ジュニアシートを活用して、しっかり、鎖骨の中央&腰骨の上にかかるよう、
お願いします!

夏休み&お盆休みで長距離ドライブや高速走行も増えると思いますが、
タイヤの空気圧チェックと、こどものチャイルドシート、お忘れなく!

岡山国際サーキット

この週末はこちらで、『Think Blue Training』です。

130714

前日の土曜日入り。到着する直前に夕立になり、きれいな虹が!

岡山国際サーキットです。
いちどだけF1が開催されたことがあり、
私は、シューマッハの単独インタビューをさせていただいたのでした!
あのころのシューミィは、取材相手にもんのすごく気配りしてくれて、
ダンディだったんだけれどなー(遠い目)。

新型ゴルフに試乗していただき、その安全&環境性能にふれていただき、
安全運転へつながるようにと、お手伝い。
みなさん、時速ゼロまで制御できる、ACC(オートクルーズコントロール)など、
堪能(きっと!)していただきました~。

参加者のみなさん、ありがとうございました。
暑い中、いっしょにがんばったみなさん、お疲れ様でした!

安全装置と価格戦争

週末、オフを楽しむ人々にまぎれて、こんなところへ。

いわゆるロクヒルです。仕事以外で来たことないし……。

あちらこちらから、雨後のたけのこのように出る衝突被害軽減ブレーキ。
しかし、ついに恐れていた、誤作動による追突事故が発生>リコールへ。
精神年齢15歳、技術関係の理解度サル以下のワタクシ、
すっかり脳がウニになりまして、
先輩ジャーナリストにお時間をいただき、補習です。

私もかなり忙しぶって、ブログも盛り気味なんですが、
先生は、掛け値なしの超多忙な方。
にもかかわらず、「わからーん!」と暴れる私を見かねて、
こうして時間をつくり手をさしのべてくださり……。
こんなオトナな対応ができる人になりたい……っていうか、実年齢はやばいくらいオトナなんですが。

そして、結論は、
止まればいいってもんじゃない!
ということ。そして、
こんな発展途上の技術、価格戦争して安く作っていたらおかしな方向にいく。
ということ。

実際、安くあげようとして作った技術が誤作動をしているわけですしー。

止まるか止まらないか、何キロから作動するかしないかではなく、
どういう事故を減らすべきなのか?
が、いちばん大切な部分。
安全装置を、単なる技術競争&営業戦略の道具にしてはいけないのです。

ということを、みっちり教えていただきました。
ありがとうございました!&そして、教えていただいたのに……ごちそうさまでした!!

外の日

家で原稿を書くパターンの人間にとって、
「30分ほど打ち合わせを」と言われても、30分という感覚にはなりませぬ。
往復にかかる時間
身支度を整えるのにかかる時間
帰ってきて、キライな化粧を落として、ゆるゆるのTシャツへと着替える時間。
トータルするとざっと見積もっても3時間くらいは中断してしまう。
さらに、もういちど机に向かって集中して原稿を……となると、
やはり、「30分」って言われても……と躊躇してしまいます。

なので、外出する日には、詰められるだけ詰め込みます!
全部の予定がテトリスを組み合わせるように、ぴたっとはまると、
「おお! 家を出ないでいい日ができた!」と、
ものすごく得をした気分になるわけで。

本日は、そんな「外の日」。
試乗車を返却に行き、途中の駅で「特急指定券」なるものを購入し、
(ふだんは、モバイルスイカや、EX予約なのですが、
某県に行く場合、ふつうに乗車券を買うより、お得な乗車券があるんですよ!)
ほんとは、ここで打ち合わせをひとつ詰め込んだのですが、キャンセルになったのでとばし、
そして、こちらへ。

赤羽消防署です……って、ちがいます! この奥にある「赤羽会館」におじゃましました。

本日も、安全推進委員の方々に向けての「講話」です。
情報をしっかり吟味して、自分の身は自分で守っていきましょう!

終了後は、次の撮影車をピックアップ。
さらに、国際交通安全学会の会議。
編集部によって、編集長とヨタ話。

これで明日も原稿&資料読みに没入です!

さらに講話。

強化月刊、本日は、銀座の会場へ~。
熱心な聴講者の方々ゆえ、どんどん気合が入ります。
でも、本当に情報が必要な人のもとへは、
なかなか伝わらないので、
こうして、安全の伝道者の方々に話をする機会をいただけ、光栄です。

身長140センチ以下の人は、クルマにあるシートベルトはほとんど役に立ちません。
チャイルドシートを卒業した子供たちには、
ぜひ、ジュニアシートの活用を!

国交省、警察庁が動かないなら、高速道路会社のみなさん、
キャンペーンやってくれませんか?
「全席シートベルト着用」という名の下に、
凶器になりうる状態で、シートベルトをかけさせられている子供たちをなんとかしましょう!
よろしくお願いいたします~!!