愕然その1

二日間、机につっぷすように原稿を書き、
試乗会に行けなかったクルマをピックアップし、
帰路についたときのこと。

信号待ちでふと前方を見ると……!



こんなのありなんですか!

どう見ても、昨日や今日、この状態になったとは思えないナンバープレート。
そして、見事なほど堂々とこのバイクで走るおじさん……。
あの、一応ここは大東京のどまんなかなんですけれど?
人口数百人で顔を見れば「どこそこのだれだれ」とわかる温厚なエリアとは違うんですが?
顎がはずれるかと思いましたよ。
おじさんもおじさんですが、職場の人とか家族とか、注意する人はいないのか……。

こういう場合、私はどうすればよかったのでしょう。
クルマのあいだを”さっそうと”駆け抜けていくおじさんを、どうつかまえれば……?
やはり110番通報するべきだったんでしょうか。
人生、悩むことだらけです。

第三回国際自動車通信技術展

東京ビッグサイトで開催されている、国際自動車通信技術展。
いまやクルマは単体で行動しているのではなく、
安全装置にしても、快適装備にしても、通信技術が駆使されています。

そんななか、今年度の技術として優秀であるという技術への表彰に、
選考委員として参加させていただきました。



選考委員長は、慶應義塾大学の夏野剛さん。
というか、TVコメンテータとしても活躍しているドコモの……と言ったほうがわかる?

超超気さくな方です。お話もさすがにお上手です。

今年の最優秀賞は、トヨタのH2Vマネジャー。

ビジネスイノベーション部門は、ふたつ。
カーセブンディベロプメント「インスマートシステム」
パーク24「Times PLUS カーシェアリング用車載装置&取り付けシステム」

UIデザイン部門は、
パイオニア「ARナビゲーション サイバーナビ(AVIC-VH09CS/AVIC-ZH09CS)」

ナビゲーション&コンテンツ部門は、
キャンバスマップル「ことりっぷ」

東日本大震災復興支援特別賞
本田技研工業「東日本大震災での取り組み『通行実績情報マップ』」

くわしくは、レスポンスのサイトにて! →こちらをクリック!

国際交通安全学会

ひなまつりの本日、向かったのはこちら。経団連会館。
国際交通安全学会の内部報告会です。



経団連の建物ってめっちゃきれいです。大手町周辺は相変わらず新しいビルが建設ラッシュ。

自転車関連の発表を聞いて、「へー!」
危険運転致死傷罪の発表を聞いて、「ほー!」

やっぱり私、研究とか向いていないとはっきり認識。
それでもキライではなかったりして=タチが悪い。

うるう年に桜田門

うるう年の今年。この一日があって救われた! と、あちこちから声が聞こえるような。
私も原稿を書く時間を、一日分もうけた気分=でも終わらない。

そして今日は、テレビドラマなどでカットインされるこの風景、
このなかに潜入です!



警視庁。防犯対策課にて、自転車関係の会議です。

東日本大震災以降、自転車ユースが増えて、チャリ事故急増。
ルール知らない人、知っていても守らない人、多すぎだし。
とはいえ、いままで野放し状態でだれも注意しなかったゆえに、
そのことにも責任あり。
これからは、しっかり啓蒙活動して、安全を保つべし、ということで。

たしかにね。私とて、二十代のころは、
「ねえねえ。チャリも飲酒運転すると、バイクの免許から減点されるんだって」
「へー。でも免許持っていないっていえば、わかんないじゃーん」
「だよねー。それって、都市伝説なんじゃないの?」という始末。

だいたいアイポッドなんてない時代にクルマの免許とったから、
自転車しながら音楽を聞いてはいけません、なんて道交法、知らんかったし。

警察の方々が思う以上に、ルール知らない人は多いし、
知っているはずだ(つまりは伝えているはずだ)と、思うのは違うんじゃないのと思うし。
ただ、自転車は交通社会にデビューする第一歩と考える私は、
これを機に、自転車教育&自転車マナーがよくなるといいなと思うわけです。

次回会議は五月です。

東京マラソン

「また太陽を見ない生活じゃないんスか?
骨粗しょう症になったら、ぶつかったときにシートベルトで胸骨骨折して、
心臓破裂するかもしれないって言ったの、イワサダさんじゃないスか。」

そう若大将が言ったかどうかは不明ながら、
こもりつづけて、足が退化しそうになっているときに、
彼が連れ出してくれたのは、こちら。



東京ビッグサイト。東京マラソンのゴール地点です。

当然ですが、走るのではなく、インタビューです。
だれにインタビューしたかは、【Tarzan】にて!

ちなみに、編集部に向かう途中の地下鉄で、
カメラゼッケンと取材証をじゃらじゃらつけた外国人さんが乗車。
あわてて、メトロマップを出し、ここに行きたい。このラインでいいのか? と。
思うに、福岡や大阪に比べ、東京の街や駅って、英語対応がめっちゃ遅れている。
プレスも取材しにくかろうなー。

安全会議

エコが流行り、クルマも燃費で選ばれるような時代。
でも、安全なくして平和なし!
本日はゼロクラッシュ・ジャパンの打ち合わせ。

安全装置の開発&普及への提言と同時に、
いかにユーザーに、上手に使いこなしてもらうか。
いずれもジャーナリストとしての課題であり使命なんだけれど。

一日が72時間くらいあればいいのに。

冬の撮影

太陽がまぶしい冬の朝、撮影です!



巨匠と若大将、アングル確認中。

冬の撮影は寒くてきついけれど、天候に恵まれる確立高し。
午前と午後と一台ずつ撮影するなか、
若大将はその合間にインタビュー取材を二本こなすという綱渡り。
勢いのある編集部は時間の使い方にソツがありません~。

詳しくは、【Tarzan】にて!

ちなみに、アルファ・ジュリエッタはカーナビがついていないのだけれど、
若大将、すかさずiPhoneを取り出して誘導開始。
午後は鎌倉に移動して「昼食べよう!」となったら、
即座に、おいしいおそばやさんを、検索&誘導。
走りながら面白い建物を見つけたら、そこがなにかまで教えてくれる。
スマホ優秀&使いこなしています。
国交省のITS担当は、この現実をちゃんと認識した方がいいと思います!
SAに「ITSスポット」などという時代に取り残されたもの作っている場合じゃないかと。