雪?

朝から取材をひとつ。
昼過ぎにクルマでもどりつつ、フロントウィンドーにあたる、この粒々は、雪?
寒いわけです。

そういえば警察庁が以前、
「ワイパーの動きを、ITSでつなげば、どこで雨が降り出したかわかる」
という、くだらない個性的な使い方を打ち出していましたっけ。
進行方向のエリアでの、雨の降り出しがわかると、どういういいことがあるのか、わかりません。
「すべるかも?」と、心構えができるって言うらしいです。へー。
だけど。
フロントウィンドーに「ぽつっ」と一粒落ちたことに、気づかないドライバーは、そうとう少ないと思うんですけれどー。
ぽつっと落ちるのがわかれば、路面の砂と水が混ざって、滑りやすい状態になるまでに心構えできるから、
わざわざ高い税金使って、ITSでつなぐ必要はないと思うんですけれどー。

雪を見ながら、だったら「雪の降り出しがわかったほうが、よほどいいのに」と、警察庁案を、思い出した次第です。
技術的には、かなりむずかしいんですけれどね。

いちど帰宅して仕切りなおしをし、夕方は、某霞ヶ関で謎の懇談会。
「言いたい放題でいい」ってS先生が言うから……。
でも、なんかそうじゃなかった気もするし……。
終わってから、下りのエレベータ内でみんなで反省して、どうするんですかー、S先生!

来月の後半戦は、そうとう「オリコウ」な発言が用意される気がします。ほんとか?

なんだこれ?

駅のホームに、でっかいポスターが貼ってありました。
なんでしょう、これ?

091227
アタマ下げている、コウちゃん……って、だれよ?

「ご理解ご協力を……」って、
いったい、なにをやるんだかわからないのに、どう協力しろと……。
だれに、なにを、伝えようとしているのか、さっぱりわからない。
中学校の文化祭のほうが、よっぽど目的を果たしたものが作れているだろうに。
大丈夫か、経済産業省……税金使って、なにやってんだか。
もう少し、マシなポスターがつくれないものなのか?



クラッチが……

昼過ぎまで取材。
午後は原稿を書くべく、PCに向かったつもりが、
どうもペースが上がらず……。

アクセルは踏みまくって、エンジンはうなっているのに、
クラッチがすべっているような感覚。うひー、燃料とパワーの無駄づかい。

ああ、でも、最近の人に「クラッチがすべる」と言っても、わかんないですかねえ。
ワタクシ、OL時代にいちど経験いたしました。
第三京浜を走っていて、冷や汗ものでございました。

みなさん、車検だけでなく、しっかり12ヶ月点検も出しましょうね。
ドライバーの義務ですからー。

ラジオ・スペシャル

朝から原稿を書き、午後は、ラジオの収録@都内某所!

091214
今日の収録はこんなかんじ。スタジオを抜け出して、特別ゲスト用セットです。

口約束、というのは怖いもので、
「出てね」と言ったセリフに「いいよ」と軽くこたえたつもりが、
いつの間にか、本気モードで確定していたというのが、今回。
ラジオ・オーナーG氏の技あり一本勝ちでありました~。

そのゲストはなんと、T社のU副社長! じゃーん!
そしてPのチーフエンジニア、O氏! じゃじゃーん!

豪華だ。しかもU副社長もO氏も、ものすごーくお話が面白くて、
時間オーバーで、語っていただいちゃいました。
オンエアは時間制限がありますが、オンエア後にアップする、
ザ・モーターウィークリーのサイトでは、ポッドキャストでフルバージョンをお届けする予定ですので、
オンエアが聞ける方も、聞けないエリアの方も、ぜひぜひ、チェックしてください!
私のリンクから、おすすみくださいませ!

終了後はダッシュで移動。秘密結社・コードネーム『K』の会=謎。
ひじょーにマジメに、今後の交通社会を語り合っていたつもりが、
最後は、水みたいに日本酒があいていたという……センセイ、それでは焼酎断ちの意味がないんじゃ……。

やっぱりね。交通事故死者数を減らすためには、
救命救急体制をつくっていかないと、無理なような。
厚生労働省、年金あたりでもそもそやっていると、この波に乗り遅れますよ。
机の上で計算するだけのアドバイザーじゃなく、
ちゃんと救命救急の現場を知る人を、検討委員に入れてください!
よろしくお願いします。

おこもりの、お供

さて、12月は原稿最強化月間です。
今月は、スケジュールの余白ゼロ、というかんじ。
乾いた雑巾をさらにしぼって……というトヨタ方式を見習いたいと思いつつ、
私の場合、しぼったらそのままやぶれそうなので、もうしぼれませんー。

でも、なんとかクリアして、無事な年末を迎えたい……。
そのためにも、今週がひとつの勝負どころ。これがハンとでるか、チョウとでるか?

091203
そんなおこもりのお供は、ゆうべのパーティでいただいてきた、ヨロイヅカさんの焼き菓子! おいしい!
カワシマナオミさんの臭いがする?


さて、原稿書きだと、理屈こきになる私。
今回は、理屈こいているヒマも、本当はないんですが、
でも、ぼーっとすると、あれこれ考えてしまいます。

エコカー&電気自動車が盛り上がる中、
でも、もし、家で充電し、ガソリンスタンドにいかなくなったら、
一番やばいのは、タイヤでしょうね。いまだって、超ヤバイのに。

ぜったい、タイヤの空気圧なんてみなくなるから、
空気圧センサーは標準装備にしないと、大変なことになると思います、S室長!

セーフティ・セミナー

この週末の二日間は、ブリヂストン・タイヤ・セーフティ・セミナーでした。
紅葉のきれいな季節の栃木は、空気がすんでいて、すっばらしくきれい。
そんななか、大勢のみなさんにお越しいただき、ありがとうございました!

091129
那須工場は、クリスマス・イルミネーションでいっぱい。トナカイの耳がハートです~。

一日10分、新聞や雑誌を声に出して読むだけで、
認知症対策になりますので、みなさん、いつまでも元気に安全に運転できるよう、がんばりましょう。
継続は力なり、ですよー。

スタッフのみなさんも、お疲れ様でした!

きのうの続き

私のまわりのモータージャーナリストによると、ふたつめのクラクション(ソフトクラクション)は、
「自動車メーカーは安全のためにつけたいのに、国交省がゆるしてくれない」
と、自動車メーカーが言っている、という。

だけど、少なくとも私の知るなかでは、ソフトクラクションに反対しているのは、自動車メーカーって情報もある。
理由は、土地がないから。そして、鳴らし間違えたら困る、という言い訳から。

だったらそれこそ、法律でうんぬんじゃなく、自主規制か、自主性に任せてみればいいのに。
常時音はマスト、ソフトクラクションは任意、という自主規制。
そうすれば、いったいだれが、どのメーカーが、ソフトクラクションをつけたがっていないのか、すぐにわかるのに。

それぞれのメーカーが、独自に音や、いいソフトクラクションをつくっていけばいい。
クルマとバイクだって、エンジン音はまったく違うんだし。
使い勝手のいいクルマは、すぐにユーザーに受け入れられる。
各メーカーに競争させれば、よりいいものが、出てくる気がする。
やっぱり技術は、切磋琢磨させないと、いいものができない。
そして市場で育てられなければ、いいものにはならないのだ。

どうでしょうね、ブチョー、シツチョー、作業部会のミナサン。

というわけで、本日もPC前に12時間。
オシリ、痛いです~。