ゴールはどこか

いつもスペアを持っているマスク。
新しいマスクケースです。萌える!

結婚式に参列すると、
「ゴールイン!」という言葉を聞くけれど、
本当は、ここからが始まり。
同じように、学校を卒業すると勉強はゴールと思いがちだけれど、
ここからが本当に学びたいことの始まりなんだと思います。

研修医になりたての医師たちからは、
「小中高と、勉強しまくって常にトップで神童みたいに言われて、
医大で仲間と切磋琢磨しながら6年間勉強して、
すごくがんばって国家試験に合格して、
さあ、俺の実力を見せてやる! と研修医になったら、
自分の知識と実力では使い物にならなくて愕然とした」
という話をよく聞きます。

つまり、学校で学ぶことは基礎の基礎。
社会人になって初めて現場で、使える知識と技術を学んでいく。

医師に限らず、消防学校や警察学校も同じ。
そして、一般社会でも同じことなんだと思います。

だけど、いまその会社でやっていることは、
仕事をしながら経験がつめるけれど、
新しいことへの知識は、自分でがんばるしかないわけで。
新しいことをやりたかったら、独学でも学ぶしかない。

高校時代、物理や化学なんて、
大人になったら使わないんだしさーと思っていたのに、
クルマ業界、
環境問題は、科学。
安全問題は、物理。
さらに、自動運転になったら、電波だの法律だのHMIだの。
新しいことが次々と出てきて、
ただでさえ少ない脳みそに、入りきらないけれど、詰め込むしかない。

勉強に終わりなし。
世の中の動きの速さに取り残されたくなければ、学ぶしかない。
私の場合、超一流の専門の方々に恵まれるという幸せ。
じゃなきゃ、とっくのとうに行き倒れていると思われ。

ゴールはどこか。
筆を置く瞬間までは、走るしかないんだと思います。
=ガス欠気味だけど。とほほ。

目的と手段

「お米ができるまで」で取材させていただいた、
小岩農園さんの新米! 焚き上げると目がつぶれそうなくらい光っています!

いちばん最初のノンフィクションを書いたときは、
ただただ取材をして、それをまとめたい、本にしたいと思っていた。
だけど今は、
どういう本を読者に届けたいか、目的を明確にして、
それにそった題材を選び、取材を重ねていく。

私が書きたい内容や文体では、想定する読者に届かないとわかったので。
(それはそれで、凹むのだけれど)

目的(ゴール)を明確にする。
そのためには、なにをやるのかを決める。
結局、これはあらゆることの基本なんだと思います。

今、たずさわっているひとつのプロジェクト。
ゴールはものすごくクリアに見えてきたのに、
そのための手段が決まらず、行動がなかなか具体化せずに悶々。

世の中は動いていく。
変化に対応しなければ、生き残れない。

友人20代男子が、大学受験するくらいの時間と集中力が必要で、
40代の経験者でも合格しないような某資格を取りました。
朝も夜も、週末も、連休も、多くをついやしてとった資格。
彼のモチベーションはどこから来るんだろう。

働き方改革が叫ばれているなか、
全員に「勤務時間以外にも勉強しろ」とは言わないけれど、
自分に知識と技術があれば、もっともっと仕事は楽しくなる。
それを「仕事」ととらえるか「自分投資」ととらえるかは、
その人次第なんだと思います。

Oくん、改めて、おめでとう。


Happy Birthday to Me

いただきました、ありがとうございます!

本日は、私の58回目の誕生日です。
おめでとう、私!
ありがとう、父母!

そして、たくさんのメッセージやプレゼントも。
みなさん、ありがとうございます。

毎年、毎年、誕生日はやっぱり特別な日。
今年も健康で、仕事も充実していて、
友人や仲間たちに囲まれて、ありがたいとしみじみです。

58、という文字を改めて見ると、
自分でも「げっ!」とびっくりしますが、
体力が落ちている感覚が微塵もなく、私、このまま死なない気がします。
あ! でも、うっかりボケは増えたかも……涙。

これまで、いろいろやらかしてきたことを反省し、
その分、次の世代のお役に立てるよう、
受けた御恩は、次の世代に恩返ししていきたいと思います。

ここから一年も、止まらない、を自分に課して、
走り続けたいと思います!
(せっかちで先走りすぎることは戒めたい!)

東京タワー

東京タワーのふもとに、なぜか纏(まとい)が!
これはなんのビル?

もう聞き飽きた、と言われちゃうかもしれませんが、
東京タワーを見ると、東京消防庁芝消防署の取材を思い出します。
きっと一生、この感情は続くんだと思います。
そのくらい、私にとって人生観が変わるくらい、
濃くて、優しくて、厳しくてあたたかい、大切な時間になりました。

今日は夕暮れ時、次の打ち合わせに向かって歩いていると、
写真のような光景に出会いました。

東京タワー、すてき。

今日は未来を作る若手と、豪華な情報共有時間。
こうした方々が活躍できる場を、いかに作るかは、
私たち世代のミッションだと思います。