筋肉痛

土曜日に40年ぶりにフルパワーを出した脚は、すでに筋肉痛。
でも、こうやって負荷をかけることで、鍛えられるわけで。
そうそう、仕事も「ぎえー」とうなりながらやっていると、
いつのまにかその仕事量と質が当たり前にこなせるようになるから(ほんとか?)
これも、修行、修行、修行……。
だけど、今年の9月ってちょっとスケジュール入れすぎたかも=弱気。

s-DSCN2069
今日はここから。
外国人の方の、撮影スポットになっています。

ハチ公もたすき掛け、しているけどさ、
しぶとく学生生活を乗り越えると、楽しいこといっぱいあるよ。
人生、二十歳からが面白いよ。
三十代は、もっと面白いよ。
四十代なんて、ヤバイくらい面白いし、
いまの五十代なんて、まわりに大好きな人たちばかりで、
毎日、笑ってばかりだし。
つらいなって思っても、逃げとおせ、生徒諸君!

って、読者の子どもたちにちょっと伝えてみたりして。

Q助

本日は、霞が関に打ち合わせ。
ロビーを通ると、Q助のポスターが。

s-DSCN1694
スマホ用アプリです。
救急車を呼んだほうがいいかどうか、チェックできます。

私は、病気やケガなど救急救命の現場を取材してきたので、
ある程度、「これは呼ぶ、これは呼ばない」とわかるけれど、
一般的には、なにかあるとびっくりして、困ってしまうもの。
身近なスマホでこういうシステムがあると、いいのかも。

もちろん、#7119 も、忘れずに。
この番号にかけると、症状を聞いて、救急車の要請を判断するほか、
24時間365日、そのときに受診できる病院を教えてくれます。

ただし!
私、今年のお正月に使ったんですが、
実家の電話では、何度かけてもつながらず(50回くらいかけました)、
でも、私の携帯でかけなおすと、一発でつながるという事例に出くわしました。
なんでだろ?
つながらないときは、ほかの人のスマホなど(があれば)トライしてみるといいかもしれません!

お勉強

本日午後は、結婚式ができるきらびやかな空間で、
実にシビアで、現実的な勉強会に参加させていただきました。

s-DSCN1674
サービス満点な会場は、サービス精神旺盛すぎてめちゃ寒い。
眠ったら死ぬぞと、マジで思いました。

4時間の勉強で受け止めたのは、
仕事も人間関係も、ひとつひとつ真面目に誠実に取り組みなさいよというメッセージ。
はい、そのとおりです。
そしてもうひとつ、お金を稼ぐのは悪いことではなく、幸せなことだということ。
日本人は、お金儲け=アコギな商売、と考える傾向があるけれど、
お金を稼ぐということは、自分の進むべき道が正しいと評価されているということで、
それは結果として、ユーザーの幸せにもつながるということだと感じたのでした。

クルマとはぜんぜん違う勉強会。
機会をいただき、ありがとうございました!

放電&充電

年末、チケットに当選してから、
どれほどこの日を待ちわびたことか。
ONE OK ROCK 「Ambitions Japan Tour 2017」!
いま一番、チケットがとれないバンドとまで言われ、
関東近郊ふくめ、すべてはずれ、
唯一、当選した奇跡のチケット@真駒内セキスイハイム・アイスアリーナ!

s-DSCN1131
いまやスマホの電子チケットです。ダウンロードしてからというもの、
スマホをなくさないよう、充電が切れないよう、PC音痴にはハードル高し!

最高でした。
出し切りました。叫び、歌い、ジャンプしまくりました。
これまでの10年、これからの10年。
いちいち、メッセージが心に刺さります。
すいません、精神年齢15歳なもんで。
最後は感動で、涙です。ワンオク、ありがとうー!

完全に放電しきったあとは、充電です!
二十歳のころから走り回った北海道。
この丘がピンクにそまる夕焼けを見つめながら、
胸がしめつけられるほど感動し、
そんな思いを伝える人になりたいと思ったのが、
私がモノ書きになったきっかけです。

s-DSCN1144
雪がまだ残る山に、芽吹き始めた大地。
パワーがあふれまくっています。

s-DSCN1149
お約束のように、キタキツネも出てきてくれました。

久しぶりのオフタイム。
すっかりリセットできました。
ここからまた、全力で走ります!

サクラサク

新しい季節になりました。
桜の花がひらくのを見ると、気持ちがリセットされる気がします。

たくさんがんばってきた人が、
新しい一歩を踏み出す季節。

がんばったぶんだけ、たくさんいいことがありますように。
そして、もっといいことあるように、がんばれますように。

s-DSCN1091

打ち合わせ

おかしい。
予定より10日も早く脱稿して、
遊ぶ気まんまんだというのに、
なぜか、次々に押し寄せる新たなミッション。

(結果、土曜日もせっかく岩国まで飛んだというのに、日帰りするという事態)。

スマホにGPSがついて、居場所がわかるというけれど、
だれかが、スマホの使用状況で仕事の空情報をつかみ、
連絡してきているとしか思えない……。

本日も打ち合わせ。そして課される新たなミッション。
がんばります。

大分県の二歳児ちゃん

先日、大分県で、二歳の女の子が行方不明になった件。
無事に保護されて、なによりですー。

ご両親も、祖父母の方々も、畑仕事などがあるのだから、24時間、目を離すな、なんて無理。
私の友人も、幼少期を彼女と似たような環境で過ごし、
二歳のときにご両親がちょっと目を話したスキに、池まで歩いていって、
「魚、魚」と、池に突っ込んで仮死状態になった経験があるそうで……。
子どもは、いつ、どんな行動をするか、本当にわからないです。
実際、彼は「こどもだから山へ入ることは考えにくい」というさいしょの報道を聞き、
「そんなことはない!」と、きっぱり言っていました。

そして思うのは、
いま、GPSで居場所がある程度、特定できるので、
荷物などにつける小型のキーホルダーのようなGPSを、
子どもの着衣につけておいたら、どうなのかな、と。

子ども、育てたことないので、現場では使いにくかったらすいません。
でも、今回のようなケースなら、きっと役にたつような気がします。