お祭りのお神輿

ええ、ええ。5時起きです。
気分すっきり、筆も進みます。
なんたって、ふとんから2メートル先にデスク。
5時15分には書き始めているわけで、
13時15分まで、ぎっちりやると、それですでに、8時間労働!

まあ、物書きに労働基準法が当てはまるわけもなく~。

でも、ついに持病の右手首の腱鞘炎がでてきたので、
夕方、いったん打ち切ることにしました。あたたた。
ロキソニン・テープ、活躍しています、I先生!

というわけで、ももちゃん、この状態でいちど送っちゃいますが、よろしくお願いします~=私信。

091210
夜は抜け出して、パーティです。ナチュラル・テイスト満点な空間と、気心の知れた人たち。
いやされます~。


ときにここで、デザイン・ジャーナリストの方と話をしました。
世界中のほとんどのモーターショーに行っている彼。
いわく、
「いまは日本の村でも、神輿のかつぎてが減って、大変なことになっているが、
でも、となり村から、応援がかけつけて、かつげている。
だからこっちも、となり村がやるときは、応援にいく。
それが、人の生活に欠かすことができない「祭り」を、途絶えさすことなく、盛り上げる基本。
なのに、日本メーカーは、デトロイトに出ないだの、フランクフルトに行かないだの。
自分のところは、厳しいからやーめた、って、それはないでしょ。
向こうの市場を盛り上げようとする努力をしなければ、
東京モーターショーに輸入車メーカーが出展しないのも、当たり前。
結局は、自分のところの市場を盛り下げ、首をしめているわけでしょ」

むむう。深い。そのとおり。
情けは人のためならず? ちょっと違う? 
情けってわけじゃないだろうけどさ。
でも、短いスパンで短気を起すと、長い目でみるといいことないって、よくある話だよなあ。

早起きでアルファ波

取材や撮影のある日は、原稿書きの時間がとれませーん。
と、あきらめるべからず。
とれるっしょ。それは朝。
というわけで、先週から5時起きが続いています。
5時ってまだ暗いです。ひゅるる~。

しかし、本日、いそいそと書いていた原稿に、
決定的な間違いを発見し、いきなり座礁しました。ざっぱーん!

満ち潮を待って、サバイバルしてやる~。

午後はラジオの収録。
夜はクルマ業界パーティです。

091207
クリスマス・イルミネーションがきれいですー。
でも、私の興味は食事のほうにぐいぐいひっぱられ。カニのファルファッレ、めちゃおいしかったです~。

Bad luck? No! Good luck!

原稿書きが終わらなくて、わさわさと用意して家を出た。
だけど~! ああー、目の前を、乗りたい電車が発車していく~、がーん。

ふと見ると、改札前のポストの脇に、郵便物収集のクルマが!
まあ、なんということでしょう~。
実はこの改札前のポスト。古いタイプなので、私が愛用しているA4書類を送るEXPACKが、はいらないのです。
しょうがない。重いけれど、どこかのポストまで運ぶか……と思っていたのに、
郵便局のクルマが、郵便局のおじさんが~。

「いいですか?」とわたすと、「もちろんですよ」と、おじさん、にっこり。
電車に乗り遅れてラッキー。もちろん、約束の時間にはオンタイムで着きましたとも。

アンラッキーや、できないことが、実は、ラッキーにつながることだってある。
できないことを数えて、ふう、と、ため息つくよりも、
できることや、楽しいことを、味わいながら生きていきたいと思います。

スタッフと合流して、そのまま北上。

悩んだときは

悩んだときは、とりあえず一日を、生きてみることをお勧めします。
先のことは考えなくていいから。
今日を、まあ、生きてみて、夜になって、まあ、寝てみるか、と。
朝になったら、今日を生きてみて、夜になったら、寝てみるか、と。
そんな繰り返しでいいのだと思います。

ひとはなんで生きているんだろうねー、と、戦友Nにふとつぶやかれ、
みんな激動のなかで生きてストレスたまっているんだなあ。
でも、今日を無事に生きられたら、明日もなんとかなるよ。
その繰り返しで、しばらくいいじゃんと思います。

朝、起きて原稿。
午前中に打ち合わせをひとつして、午後は国交省の会議。

仕分け人作業中でも、よく言われているけれど、
「すごくちゃんとやっていること」と「ぬけている作業」が、説明の下手さによってごっちゃになり、
「官のやることは、ぬけぬけである!」といわれるのは、もったいなくないですか?
それでなくても、言葉ジリで揚げ足とっていじめようとする人に包囲されているっていうのに。
日程調整していただき、ありがとうございました。
がんばってください。期待しています=私信。

ダッシュで帰宅後、原稿書き。
今日一日、なんとかなったかも。
とりあえず寝て、明日のことは明日、考えましょ。

091126
銀座のウラ通りにある、超ウマのコロッケ屋。
おいしいもん食べたら、それだけで一日、生きていた甲斐があるって思っちゃう私は、単純すぎ???

息継ぎ

重いもんを背負って、大河をわたっている気分。
沈みゆく体を、必死に水面まで持ち上げつつ、ああ、もうだめかも……ぶくぶくぶく……。
もがいてもがいて、今日、一瞬だけ水面に顔を出して、息が継げたかも。
そしてまた、その反動で、水のなかに沈んでいくのでありました。あ~れ~。

もう無理です!
そう言えたら楽なんだろうな。
でも、言っちゃったら終わりなんだな。

そもそも「無理」ってなに?
自分で決めた限界ほど、いい加減なものはないわけで。

アタシには、まだ、やりたいことがいっぱいあるのだ。
こんなところで、けつまずいて倒れている場合ではないのだ。
まあ、理屈がコケるくらいだから、きっとまだ大丈夫でありましょう=結局はお気楽。

一句。朝、原稿、昼、打ち合わせで、夜、原稿。

11月でした

がつがつと横断歩道をわたりながら、げっ、と、うなった。
周囲は、ロングカーディガンに、ダウンベスト。
ああ、そうだった。もう11月だったんだ。

忘れていたよ。

季節の移り変わりすら気づかないほど、周囲が見えていない。
それを証拠に、今日は外を歩くときもTシャツ一枚で過ごしているという……。

寒くないのか、私? それとも、皮膚感覚すらボケたのか?←こっちが正解の気がする(涙)。

愚痴ったり、弱音をはいたりするヒマもないくらい、
やることがいっぱいあるってのは、いいことだと思う。
人間、ヒマだと、ろくなこと考えないもん。

取材&取材&取材の三連ちゃん。
夜、原稿書き。

料理人

ゆうべは、かぼちゃの馬車にもどる直前に帰宅。
そして今朝は5時半起きで原稿書き。
いえ、目覚ましは6時にかけたんですが、
興奮と緊張で(なにに?)5時半に起きたという……(けっして歳のせいでは!)。

8時にタイムアップで、取材をひとつ。
夕方もどって、ふたたび原稿書き。

090914
いただきものの、劇うまベーコン! 素材がよければ、料理の腕は問われないもんね。
ありがとう、Kちゃん!


仕事をする40代の男の人が、一週間にいちど料理すると、「すてきねー」と、言われるのに、
仕事をする40代の女が、一週間にいちどしか料理しないと、ぼこぼこに言われるのは承服しかねる。

大きなお世話だ。←自分で話題提供しているし……とほほ。