おいしいコーヒー

取材に行き、部屋の片隅を使わせていただいて取材メモをとっていたら、
「コーヒー、いれましょうね」と、やさしい声が。
ふりむくと、そこには、ひええええええええええええええx100倍!
この世界の、カリスマがあああああああああああああああx100万倍!

090813

お……恐れ多くて飲めない~!=飲んだけど。

おいしゅうございました。感激でございます。ありがとうございます~。

なんだかばたばたな日々だけど、
ひとはかけっこをするとき、笑顔になるだけで速く走れるんだそうな。

「疲れた」じゃなく、「がんばった」。
「忙しい」じゃなく、「充実している」。

口から出る言葉を、ほんのちょっと変えるだけで、なんかほくほくと笑っている私です。
今日もがんばったぞー。

自爆中

午前中に原稿書き。
午後は、急遽、召集がかかって、打ち合わせ。

090807

打ち合わせに出てきたオレンジジュース。濃縮還元じゃなくて、おいしい。

最近、仕事がどんどん雪だるまになっていて、
もう少し、じっとしていればいいものを、
なんでもかんでも首を突っ込もうとする性格で、ぜったい自爆中だと思う……。
自爆、ウェルカム!←やるなら、徹底的にね(笑)。

違和感

朝から気合の原稿書き。
その合間にサイトチェックしていたら、
どこかの公務員が、飲酒運転でつかまり、懲戒免職になったのに対し、
「公務員にとって懲戒免職は死刑宣告と同じである」と言って、
裁判で撤回させた、とかなんとか。

ものすごく違和感を感じるのは私だけ?
二十歳になったら吸えるタバコを、高校生で吸ったら、校則違反で退学。
それだって、本人にとったら死刑宣告と同じだろうに。

飲酒運転を軽視しすぎではないかと思う。
「ちょっと酒、飲んだだけじゃないか」
裁判長も、当事者も、そんなふうに思っているのか。
「クビにならないんだ。へー。じゃ、ちょっとくらい、いっか」
きっと、そう思う酒飲みはいるだろう。
だとしたら、今後の社会に与える影響を、もっと考えていただきたいと思う。

原稿書きでクリアになりきらない頭で、ずーっと違和感と腹立たしさを感じる一日。

よせばいいのに……

「ハチ公物語 -待ちつづけた犬ー」が発売になり、
ドクターヘリ物語の第二巻も、草稿完成の目処が立ち、
7月いっぱいこそ、試乗会でばたつくけれど、
自動車メーカーも、印刷所も、つまりは編集部も夏休みになる8月。
よっしゃ、この間に私も、夏休みだー! と、思いつつ、楽しいことを探している自分。
そしてふと気づくのでありました。

おい、次のネタ、探しているってばー。←自分に突っ込んだりして。

いま一番楽しいこと=取材、なんだから、これは当然のことかもしれない。
つまりこれを、貧乏性、と呼ぶ。貧乏とは違う。そして貧乏くさいとは、断じて違う。
日本語は面白いと思いつつ、このネタもどこかで使おうと、メモメモ。

岩手のご実家で作る希少価値の小麦粉を用いた、
めちゃおいしいパンを焼いている、O嬢の工房へ。
遊びに行こうと思いついたのが夕方だったので、すでにパンは完売だったけれど、
大好きなスコーンがいくつかあったので、「全部!」と言ってゆずっていただいた。

写真がないのは、気づいたときには……以下省略。