道の対策

事故は続くというけれど、
千葉県で、砂場で遊ぶ子どもたちのところに、
車両が突っ込むと言う事故が。

この事故で思うのは、
歩道に設置されていた「杭」は、
なぜ、車両を支えきれなかったのかってこと。

それなりの重さと速度が出ていれば、
支えきれないのはわかるけれど、
それにしても、頼りなさすぎ。

以前、福岡の海の中道で、飲酒運転のクルマに追突され、
海に転落した事故のときは、
歩道にあった欄干は、車両は想定していない歩行者用の強度だったという。
(250kgしか支えられない。全盛時代のコニシキさんは無理ってことだ)

あり得ない設計だと思う。

事故は起こるもの。
防ぐ努力も大切だけれど、
起きた後の被害をいかに軽減するかも、対策が急がれる。
人・道・車・医療。
道の改善も、考えるべきだと思う。

脱稿

来夏出来予定のノンフィクション。
テーマ決定が遅れたため、
取材スタートから脱稿まで4か月という、
近年まれにみる短期間決戦。

でも!

脱稿しましたー!

登場人物のキャラが立っていたので、
今回は書きやすかったです。

7月、ご期待くださいませ!

校了直前

夏に出版する次のノンフィクションに向かって、
鋭意、原稿をラストスパート中。

そんななか、編集担当さんから夜のメール。

3月に出版予定の植村直己さんの本の、
最後の最後の確認中に、質問発生!

初校、再校と、あれだけ見たのに、
校閲さんにも何人にもお世話になったのに、
それでも、さらに読みやすい本にと、
編集部では格闘が続いていたのでした。

原稿&再校。
頭のスイッチを切り替えます。

最後の確認が終わったら、いよいよ輪転機へ
3月20日ごろ、書店に並びます!

雪のふる町を

低気圧x寒波=雪。
土曜日の東京も、うっすら雪景色です。

我が家のレネゲードも、雪をまといました。

そんななか、向かったのは、
歯列矯正でお世話になっている歯科医院。

いつもは平日に行くのですが、
12月いっぱいで退社された
大好きな歯科衛生士さんが、2月いっぱい、
土曜日に応援で入っているということで行ってきました。

いつもどおり、安心のケア。
そして、術中だというのに寝落ちする私……。

ほんとはお手紙で感謝を、とか、
新しいスタートになにかプレゼントを、とか、
御礼の気持ちに、こんどいっしょにランチでも! とか、思ったのだけれど、
(ほんとに素敵な方なので)
患者にそんなこと、されても迷惑だしなあと、
おとなしくすることに。

最後はまた泣いちゃいそうなので、
そそくさと退散。

人って、ひとりじゃ生きていけないし、
たくさんの人との出会いで生きているのだと、
改めて実感。

内閣府SIP-adus市民ダイアログ

本日は、内閣府SIP-自動走行システム
市民ダイアログ&シンポです。

会場は、SIP-adusのこの5年間の研究成果発表会@お台場。

おかげさまで満席です!
ご参加、ありがとうございます。

私、司会進行役をさせていただきました。
たくさんの方にご質問をいただき、ありがとうございます。
時間の関係ですべて、マイクをまわせず、
すみません!

勝手に意気統合したと思っているT先生に、
五カ月ぶりの再会で思わずハグ。
(嬉しさのあまり下の名前で呼びそうになった!)
世界の第一線で活躍している女性との交流は刺激的。

またハグして再会できるよう、勉強していかなくっちゃ。

SIP-adus第二期始動

5年間の計画で進められていた、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム。
通称、SIPが今年度で終了し、
本日から第二期がスタートしました。

SIPのひとつ、自動走行システムは、
自動運転と名称を変え、新たなメンバーで始動です。

内閣府4号館。
8号館に比べると、建物、かなり古いです。

第二期でも、推進委員会構成員、及び、
サービス実装推進WGのメンバーを務めさせていただくことになりました。
引き続き、勉強してまいります!

トヨタ@日本橋

トヨタが作る、TRI-AD(Toyota Research Institute Advanced Development)の
自動運転のワークショップに参加。

技術的な内容は深く紹介はされなかったけれど、
トップから全員、ものすごく気合が入っていて、
かつ、めっちゃ楽しそうにしているのが印象的。

仕事って、楽しくないと続かないよねー。

日本橋に、新たなオフィスができるのは、来夏。
日本の道路の基点が日本橋だからここにしたのかしら?