仙台白百合女子大学

先日、東北エリアの取材で教えていただいた、
NEXCO東日本東北支社(仙台市青葉区)&ネクセリア東日本株式会社東北支店(仙台市青葉区)と、
仙台白百合女子大学でコラボして作った、ブラウニー♡

s-DSCN2733
「Sendai Shirayuri Presents ブラウニー セサミウォールナッツテイスト」
パッケージもかわいいです。

健康志向にあわせて、ゴマとクルミをトッピング。
おこもりの日に、美味しくいただいておりまする。

紫波サービスエリア(下り線)
前沢サービスエリア(上下線)
長者原サービスエリア(上下線)
鶴巣パーキングエリア(上下線)
菅生パーキングエリア(上下線)で、お求めいただけまーす。

2018年スタート

すでに鏡開きを迎えるころになりましたが、
明けましておめでとうございます。

年末年始は、10年ぶりのリフレッシュ休暇をとらせていただきました。

s-IMG_1131
毎朝、こんなところを歩いたり、

s-IMG_1151
こんなところを歩いたり、

s-IMG_1174
こんなものを食べたりして過ごしました。

早起きと、山歩きと、甘い朝ごはんが大好きな私にとって、
まさに極楽……。

本を書き始めてからの10年は、
盆暮れ正月の長期休暇に、まとまった原稿を書いていたため、
今回は、本当に久しぶりに、休んだー! という感じがします。
しかしながら、二週間休みをつくるということは、
その分の仕事が前倒しになるわけで、ついでに準備もあれこれあり、
11月以降は、本気で綱渡りでした。
楽しかったけれど、うーん、10年に一度でいいかも?

毎年、実家で書初めをして四文字熟語を選びますが、
今年は書初めはなし。
でも、今年の言葉は、

誠心誠意 です。

自然のなかを、毎日、何時間も歩いて、
「ちゃんとやろう」と、心から思いました。
この言葉が素直に浮かんだだけでも、長期休暇+充電の価値はあったかも。

ひとつひとつの仕事を丁寧に全力で。
今年もよろしくお願いいたします。

内閣府も夏休みモード

本日は、内閣府SIP-adus会議。
内閣府も夏休み子ども対策モードです。

s-DSCN1653
内閣府の食堂はキッズ&マミーでいっぱい。
どうして「入口」にはルビがあって「夏休」と「見学」にはないんだろう?

「もしも病院に犬がいたら」情報解禁

新刊のご紹介。
「もしも病院に犬がいたら -こども病院ではたらく犬、ベイリー」
3月11日に講談社青い鳥文庫から発売です!

s-DSCN0970
再校まっただなか。そして、読みながら泣く。
自分の書いた文章に酔いしれるというより、真子ちゃんの気もちが心につきささって……。

P1010449
いざ、お仕事に向かおうというときのベイさん。
目がきらきらして、やる気まんまんです。

2011年に小学館から出させていただいた、
「ベイリー、大好き -セラピードッグと小児病棟のこどもたち-」に、
追加取材をし、
青い鳥文庫の読者のみんなが読みやすいように
ぜんぶ書き直しました。

ハンドラー、森田優子さんの視点で、
ベイリーのこと、こどもたちへの思い、幸せとは、
そして、仕事の意味を伝える本になりました。

このところ、各会議でおせっかいおばちゃんおねえさん化していますが、
児童書を書くときだけは、真っ白な心でPCに向かいます。
おかげですっかり二重人格者……。

【重要なお知らせ】

私のメアド(差出人名)での、なりすましメールが確認されました。
本文がなかったり、英語で短いメッセージがついていたりします。
タイトルも、英文が多いようです。

プロバイダに問い合わせたところ、
最近、増えているパターンなのだそうです。
原因はわからず、
私のPCだけでなく、私のメアドを知っている人のPCが狙われた可能性も否定できないとのこと。
こちらで可能な対策はすべて行いましたが、駆逐できる可能性は低いとのこと。
対策としては、

「あやしいファイルを開かずに、メールを削除してもらうしかない」


んだそうです。
ご不便をおかけして申し訳ありませんが、
本文をご確認いただき、あやしいものは、ファイルを開かず削除していただけますよう、
よろしくお願いいたします!

早すぎる

黄金週間は、来月に出る予定の本のラストスパート。
語尾や、一行だけ表現を変えるだけで、ぐっと雰囲気が変わってくるだけに、
頭からケムリが出そうになりながら、読んで~寝かせて~読んで~寝かせての繰り返し。

黄金週間終了と同時に、やったー! と、編集部にもどしてほっとしていたら、
まあ、三菱と日産の展開の早いこと早いこと。
新聞やネット上の情報に振り回されるまいと、ウラをとるべく動いていたら、
あっという間に、共同記者会見って……。

データ改ざんを指摘した日産にしてみれば、
三菱の株価が暴落して、安く手に入ったんだろうけれど、
でも、信用を失った会社を飲み込んだ副作用もあるはず。

ただ、燃費改ざんに厳しく反応するのは日本のユーザーくらいなので、
(フォルクスワーゲンのディーゼル問題のときに、くっきりと。
日本市場にまったく関係ないのに、販売台数が半分まで落ちたのは日本くらい)
世界規模で見たら、かすり傷にもならんと判断したのかも?

共同記者会見の、ゴーン氏と益子氏の、
やけに、満面の笑みの記念撮影。
これ、ディーラーや従業員や、ユーザーにはどう映るんでしょうね?

都知事同様、あやまってお金返せばすむ話ではなく、
「そういうことしちゃう人(たち)」ってことに問題があるはずなんですけれど。

s-DSCN0076
黄金週間の土曜日に、仕事帰りで通りかかった新しい「芝消防署」。
こそこそと怪しくうろついていたら、取材時の救助隊長さまに声をかけていただきましたー!
タイミングよく大隊長にもお目にかかれて、光栄でございます!