紅いもタルト

朝から取材であります。
そろそろ、ヤケクソなスケジュールになってまいりました。
天候のせいで、夜の予定が延期になった瞬間、別の予定がはいるという、
売り出し中のアイドルのような状態になっております。
ああ、これでCDが100万枚売れるような身分になれば、どれだけいいか。

CD出してないってば。

でも、気力+体力+タイミング、三拍子そろって120%の絶好調。
まだまだ、いけます=妙に自信あり。

091120
おみやげにいただいたのは、沖縄美ら海水族館の(アニメになりきれていない)ジンベエザメキャラの、紅いもタルト。
密かにおいしい。


売り上げに貢献してますよー、水族館のみなさーん。
これで連休の原稿書きは、乗り切れるか?

ぬおうっ!

このところ、私のアタマのなかで、この言葉が飛び交っている。
ついでに「なんですと!」というセリフも。
これ、超バカ売れ児童小説「黒魔女さんが通る!!」で小学生女子が言うセリフなんだけれど、
一瞬、小学生がこんなこと言うのかと思いつつも、
ぶほっ! と笑ってしまうどんぴしゃなリズム感。
これが小学女子のツボにはまるんだなあと、感服いたしております、I先生!

11月になったーら、
11月にぃ、なったーら、
とっもだっち、ご飯に、いっけるっかな~♪
(「一年生になったら」のメロディでどうぞ)

口ずさみながら、10月のどたばたを乗り越えたというのに、
私の近辺では「ぬおうっ!」で「なんですと!」なことが次々と勃発。
まあね、このご時勢、忙しいほうが、ろくなこと考えなくていいのかも。

一速でばおばおと、トルクかけていた10月から、
二速にシフトアップし、次の山めがけて突撃します。

遊びの予定をずらさせていただいたみなさーん!
見捨てないでね~。
心の炎をガンガンに燃やして、邁進いたします~。

Trick or Treat

商魂たくましい人たちの、何年にもわたる活動により、
ついに日本でも根付きはじめたハロウィーン。
今日、某社の社員食堂におじゃましたら、こんなものを発見!

091030
デザートに用意されたかぼちゃクリームのワッフル。おいしい(笑)。

そういえば、10月にはいったころから、年賀状も販売していますっけ。
……一年のうちの4分の1も、正月を意識させてどうするんだよ。

原稿、のち、打ち合わせ、のち、原稿。

大変だ。10月が終わろうとしている!
残り二ヶ月。大丈夫か、私?←なにが?

生きるってこと

突然の事故で、病気で、失われてしまう命に対し、
生きているってことは、それだけでものすごくシアワセで贅沢なことに思える。

今日のお通夜の祭壇には、わずか22歳の女性の遺影が飾られていた。
もっと生きたかっただろうに。
もっと生きてほしかっただろうに。

身近で亡くなる人に接するたびに、
私は生きることに対して、襟を正す。

ご冥福をお祈りします。

ツェッペリン

早起きして原稿書き。七時半でタイムアップし、取材へ。
取材の合間に空を見上げたら、飛行船発見!

090929
曇り~雨ですが、雲が高いので飛行許可がでたものと思われ。

ドクヘリで飛行中に、こんなものにでくわしたら、びびりますね。
でも、動きが遅いから、よけやすくていいのかも。

っつーか……乗ってみたい!


現場百回

朝から取材。
インタビューと現場取材。
やっぱり現場。頭のなかで考えているよりも、現場には答えと現実がたくさんあって、
現場百回だなあと、たたき上げのデカさんのセリフを、口にしてみたり。

このとき、私の頭に思い浮かぶのは、刑事コロンボです

なぜ? コロンボ、このセリフ、言っていないし~。

Nさん、貴重なお話、ありがとうございます。
Cさん、Sさん、アレンジ、ありがとうございました。

ヘンな緊張感で、終了後は一気に脱力。
「ままどおる」で蘇生しました。ありがとう、M!=私信。

【注】「ままどおる」とは。 興味のある方は、こちらをクリック!

シルバーウィークの過ごし方

はじめての9月の大型連休。
私の手帳には、予定はふたつの取材しかなく、
「ふふふ、このあいだに、遅れ気味の原稿を片付け、
次のことまでやっちゃうもんね」と、ほくそ笑んでいたものだ。

その「次のこと」のひとつが、このHPの充実だったのだけれど……。
フタを開けてみれば、あれやこれやが突発し、
ブログ日記の更新すらままならない日々。
予定は未定だったのねと、改めて、へにょへにょしております。

しかし、私があわあわしているあいだにも、
サイトを管理する「女神」はちゃくちゃくと作業を進め、
私の出版物がくるくるまわる仕掛けをつくってくれていました=感激!

青い鳥文庫の「イルカ、ときどきドクヘリ」も、更新されております。こちらをクリック!

 

五連休。
原稿ー取材ー原&原稿。

おそまつ。