ツェッペリン

早起きして原稿書き。七時半でタイムアップし、取材へ。
取材の合間に空を見上げたら、飛行船発見!

090929
曇り~雨ですが、雲が高いので飛行許可がでたものと思われ。

ドクヘリで飛行中に、こんなものにでくわしたら、びびりますね。
でも、動きが遅いから、よけやすくていいのかも。

っつーか……乗ってみたい!


現場百回

朝から取材。
インタビューと現場取材。
やっぱり現場。頭のなかで考えているよりも、現場には答えと現実がたくさんあって、
現場百回だなあと、たたき上げのデカさんのセリフを、口にしてみたり。

このとき、私の頭に思い浮かぶのは、刑事コロンボです

なぜ? コロンボ、このセリフ、言っていないし~。

Nさん、貴重なお話、ありがとうございます。
Cさん、Sさん、アレンジ、ありがとうございました。

ヘンな緊張感で、終了後は一気に脱力。
「ままどおる」で蘇生しました。ありがとう、M!=私信。

【注】「ままどおる」とは。 興味のある方は、こちらをクリック!

シルバーウィークの過ごし方

はじめての9月の大型連休。
私の手帳には、予定はふたつの取材しかなく、
「ふふふ、このあいだに、遅れ気味の原稿を片付け、
次のことまでやっちゃうもんね」と、ほくそ笑んでいたものだ。

その「次のこと」のひとつが、このHPの充実だったのだけれど……。
フタを開けてみれば、あれやこれやが突発し、
ブログ日記の更新すらままならない日々。
予定は未定だったのねと、改めて、へにょへにょしております。

しかし、私があわあわしているあいだにも、
サイトを管理する「女神」はちゃくちゃくと作業を進め、
私の出版物がくるくるまわる仕掛けをつくってくれていました=感激!

青い鳥文庫の「イルカ、ときどきドクヘリ」も、更新されております。こちらをクリック!

 

五連休。
原稿ー取材ー原&原稿。

おそまつ。

バナナミルクの悲劇

朝、四時半に目覚ましをセットして起き出し、
眠い目で、朝のバナナミルクをつくっていたときのこと。
バーミクスでシェイクして、さあ、電源を抜きましょうとコンセントに手を伸ばした瞬間、
プラスチックの入れ物に突っ込んであるバーミクスがぐらり。

ぎゃああああーっ!

早朝ご近所にひびきわたる大声での叫びもむなしく、
バナナミルクが、バナナミルクがーっ!

…………。

後片付けに20分を要し、朝いちばんのイベントへの参加が不可能になり、
それで、あの時刻の登場となったのでございます、Uさん~。

貴重な現場拝見は、ミスったけれど、
「バーミクスの電源を抜くときは、本体からはずしてから」と学んだからいっか。

前向き!

少しは反省しろ、自分……。

その後は取材へ合流。本日も貴重な体験と、
貴重なご意見と、貴重なランチタイムと、盛りだくさんな一日。

090917
デジカメとも合流しました。最後に写した写真がこれ(その日のランチ)。
遺失物を発見して持ち主を探した人も、さぞかし困ったことだろう……。

スウェーデン大使館

建物をみると、簡単に入れそうだけど、ちょっとやそっとではいれないのが大使館。
なんたって治外法権。
ここでは日本の法律は適用されない(んだっけ?)のだ。

090911
デジカメと別居中ゆえ、ケータイで撮影の日々。使い慣れないモンもたせるから暗いし……。

そんななか、原稿にあきて家から逃亡。夜、スウェーデン大使館にもぐりこみました。
いえ、ちょっとしたパーティにお招きいただいたんですけれど。
スウェーデン人は「シャイ」という自己分析だそうだが……大使はとってもお茶目な方でありました。

昨日、青い鳥文庫にいただいた読書ハガキやファンレターをわたしてもらいました。
みなさん、たくさん、ありがとうございますー。

秋の気配

小田和正さんの(当時はオフコース)「秋の気配」という歌が大好きで、
高校の文化祭で、ひきがたりができるよう、練習しましたっけー。
タイトルを入れてみて、急に思い出しました。

ここ数日、ちょっとすずしくて、朝顔もラストスパートというかんじ。

あさがお
もちろん、我が家ではありません。緑の手、ならぬ、黒い手を持つワタクシですものー。

午前中に原稿書き。午後は取材&自己啓発。
今日も全開です。かぶりもの、ばんざい!←謎。