新緑の季節

天候に恵まれた今日は、なぜかトランクにクーラーボックスを載せ、
北上です!



巨匠と若大将、ゲージツ的撮影中。
もちろん、土地の所有者の方にご許可をいただいています。

巨匠の、おおおーな写真は、【Tarzan】にて!

終了後は、土地の野菜を調達して……って、クーラーボックス積んでいくほど本気のワタクシ。
だって、新鮮だし、安いし、おいしいんですよ!
撮影させていただいた、せめてものご恩返しでございます。

って、ただ、自分が食べたいだけ。

睡眠時無呼吸症候群シンポジウム

資料整理、原稿書き、クルマ特集の準備などで過ごしています。
さて、シンポジウムのお知らせです。

5月20日(月)13時~17時10分の予定で、
「睡眠呼吸障害と交通安全2013」シンポジウムが開催されます。
@経団連会館
主催・国際交通安全学会

不肖イワサダ、脅し役として? 話題提供させていただきます。

この病気の研究においては、日本の第一人者である、
奈良県立医科大学の木村弘教授、

*すみません。今回、木村教授のご登壇はありませんでした。
そして、この病気から起こる交通事故対策で奮闘する、
愛媛大学大学院医学系研究科の谷川武教授からは、
「げげっ! 睡眠呼吸障害で、そんなことに!?」という、
ものすごい話がうかがえます。

私ものけぞりました。やばいです。

事故があったときの、雇用者責任も問われるこの病気。
法的視点からは、法政大学法科大学院の今井猛嘉教授、
さらに、すでに対策など画期的な動きをみせているアメリカからは、
ハーバード大学医学部のステファノス・N・ケーレス准教授に
ご登壇いただいて、話をうかがいます。

まだ、お申し込みを受け付けていますので、
個人的に不安な方、ご主人のいびきが大きいと感じている奥様、
営業車をお持ちの企業の責任者のみなさま、
ぜひ、ご参加くださいませ~。参加費無料です。

お申し込みは、こちらから。 →クリック!

サイトの役割

午前中に原稿を書き、
午後は、HEM-Netの会議へ。

HEMSといえば我々にしてみたら、
Helicopter Emergency Medical Service
なのだけれど、最近は、
Home Energy Management System。
節電生活をサポートするシステムのほうが、有名になってきて、
うむー、と言う感じ。

一般市民の方々に、ドクターヘリを理解しご協力いただくために、
やらなきゃいけないことって、まだまだあるような。

近々、HEM-Netのサイトも、
もう少し、わかりやすいように、プチ・リニューアルする予定です。
ぜひぜひ、ドクターヘリと検索ワードを入れて、
HEM-Netのサイトへアクセスしてくださいませ!

ゴールデンウィーク

いつも、あくせくしている自分に嫌気がさし、
PCをつけないと決めてのぞんだ今年の黄金週間。
まあ、PCに向かわなくても、読むべき資料がたくさんあったり、
「今でしょ!」なタイミングのインタビューがあったりするんですけれど。

それでも、大学生活を謳歌している愛しのメイちゃんと、
青山でイタリアン・ランチをしたり、

自分の夢に向かって突き進んでいるS嬢の話を聞きながら、
青山でイタリアン・ディナーをしたり、



青山、表通りから一本入った界隈は、大きく変貌をとげており。

一路、西へと飛んで、日々ぐんぐんと成長していくゆえに、
ここで会っておかないと、この姿は二度と見られないベイビに会いに行ったり。
ちっちゃ~、かるい~、かわゆす~。K、おめでとう!



個人情報保護のため、写真を一部、修整しております?

って、なんでぬいぐるみまで? だって口のなかがピンクのオキゴンは、
私の知るかぎり一頭しかおらず、個人が特定されちゃうんで……って、修正の意味ないじゃん!
つか、ぬいぐるみだし。

連休後半は、非日常の世界へトリップしていました。
あまりに充実しすぎて記憶が飛び、断片的にしか思い出せません。
こんな休暇もありってことで(謎)。

そんななか、広島ドクターヘリが、5月1日、発進です!
T先生、がんばってください!
詳しくは、県立広島病院 救命救急センターブログにて! →こちらをクリック!

さて、リフレッシュ休暇も終了です。
夏に向かって走ります!

そして、来夏へ向けて

そして本日は、来夏のノンフィクションに向けて、
具体的に動き始めました。

書類や机上で、打ち合わせ等々はしていたものの、
現場視察&表敬訪問です。

いやー、実際の現場を見ると、気合、入ります。
わくわくするこの気持ちを、どうすればリアルに、読者のみんなに伝えられるのか。
やる気、出ちゃうなあ。



終了後は都内にもどり、国際交通安全学会の会議です。
こちらでは、まだまだ勉強させていただいています!

かすむ池面

本当は、今日は、池面とデートをするはずだったのです。
し、しかし。
なぜか講談社さまに、おこもりです。



7月4日に発売が決まった、夏のノンフィクション。
初校と格闘しております。

終わらない理由は、いろいろとあるんですが、
そのなかの大きな要素は、「ばらルビ」。

私、青い鳥文庫を中心に書かせていただいているゆえ、
いわゆる「総ルビ」で、ぜんぶの漢字にふりがなをつけてもらっています。

しかし、今回は、すこーし上の世代に読んで欲しいのと、
原稿に気合が入りすぎて、文字数が増え、
文字を小さくする&行間を狭くする関係で、
簡単な漢字には、ふりがなをふらない「ばらルビ」というものに初挑戦。

2ヶ月前に担当ももちゃんに、「ばらルビにしたいー。」と告げたとき、
「えっ!?」と顔を上げたももちゃんの瞳が、恐怖の色をしていた意味が、
いま、わかりましたでございます。

ばらルビ、大変っす。
来年のノンフィクションは、総ルビにしよう。

Mちゃん、ごめんね。またぜひ!

クロワッサ~ン

「クロワッサン」と言うときに、なぜに「サ~ン」と、
鼻から声が抜けるフランスなまりを気取るのでしょう?=私だけ?

本日は、女性誌【クロワッサン】で、対談をさせていただきました。



ハウススタジオに来るたびに、
ああ、こんなお部屋だったらどんなに素敵かと……うっとり。

ノンフィクション作家のH嬢との対談です=まだ、ナイショ。
すごくアクティブなのに、とってもほんわりした素敵な方でした!
がさつな自分を大いに反省でございますー。

クルマの使い方や、楽しみ方について。
詳しくは、6月下旬? 発売の、【クロワッサン】にて!