迎春

元日は実家にもどり、毎年恒例の書初めからスタートです。
今年の四文字に選んだ言葉は、

「全力勝負」

今年は勝負の年。そして勝ちにいきます!

勝負するなら勝たないと意味はない。
でも、100%の条件がそろうのを待っていたら、
いつまでたってもその場から動けない。
そのうち、ただただ歳月だけ流れて、
闘う気力も体力も、無駄に浪費しちゃうわけで。

この歳になって、失うものなにもないってのも、いままで何やってたんだって感じですが、
身軽なぶん、玉砕上等です。

今年も走ります。よろしくお願いします!

大晦日によせて

これを書いているのは、まだ30日なのだけれど、
今年一年、出会ったすべてのみなさんへ、ちょっと早めに御礼の言葉を。

せっかちで、ワガママで、自分のやっていることが正しいと思ったらひかず、
そんな私にお付き合いくださって、本当にありがとうございました。

いつもいつも、周囲のみなさんに支えられながら、
かろうじて書き続け、生き延びているような状況ですが、
今年は特に、実際の現場やネットなどを通じ、年下の方々のパワーを身近に感じて、
彼らの頑張る姿に刺激を受けた一年だったように思います。

特にノンフィクションなどの本に関しては、
これでいいんかいなと不安になることもあるんですが、
小学生の読者(年下すぎ?)から、ものすごい内容の手紙をもらって、
ああ、自分のやっていることは間違ってないんだと、
改めて、勇気づけられたりしています。

倒れるときは、前のめり。

気力体力、続く限り、もっと成長していきたいと思います。


明日は12月31日。
大晦日も取材をさせていただけるという幸運。
取材環境をつくってくださる方々に感謝&感謝です。

今年一年、本当にありがとうございました。
2013年も、よろしくお願いいたします!

ブレインストーミング

本日は、ブレイン・ストーミング。
信頼してやまない池面な先輩にお願いして、
コーヒー片手に、おしゃべりタイム。
いえ、これがですね、非常に重要なわけです。

迷っていることや、先が見えずにもがいていることを、
いろいろ口にして、尋ねて、言葉のキャッチボールをするうちに、
こんがらがっている糸が、ぴーんと一本にきれいになるわけで。

先輩の言葉は、すごくわかりやすく、
常に私の考えていることの、半歩先を教えてくれ(一歩先にいかれちゃうと、わからなくなる)、
私の言うことにも「そうそう!」と、力強く反応してくれる。
そっか、それでよかったんだー。

こういう人に出会えたこと、神さまに感謝。
先輩、すいません。気付いたら4時間経過していました~=私信。



戦友Wちゃんから届いた、冬のたよりは全部手作り。

彼女のなにがすごいって、干し柿も、干し芋も、鏡餅も原材料から手作りなこと!
そう、もち米、作っちゃうんですよ! 
おみそも、アンコも、お豆から手作り。尊敬~!!!

最後の追い込み

息も絶え絶えで、なんとか乗り切った取材ラッシュを終え、
今年中になんとかせねばの原稿書きでPCに向かう三日間。

ノンフィクションの取材も、ゴールが見えてきた。
とはいえ、マラソンも、35kmからが勝負どき。
ヘモグロビンがカカトでつぶされきったあと、
残りの7kmちょっとを、どう走れるかがポイントなわけです。

ほら、メダルラッシュの日本水泳陣も、
「そこがゴールと思うと力が抜ける。タッチする壁の先にゴールがあると思え!」
という指導をとりいれたとたん、勝ちまくったという話ですし。

そんなことを思いながら、資料を整理し、
これまでのノートをひっくり返し、
あと、どこをどう詰めていこうかと、ひとり作戦会議。

人事を尽くして

だれかが、なにかをしてくれるのを待つのではなく、
やりたいことがあったら、自分で動かなくっちゃ。
たとえ、それが叶わなくても、玉砕して凹んだとしても、
「ああ、やっておけばよかった……」という後悔よりは、百万倍いいと思います。

1ミリずつ、1ミリずつでも前進。
って、教えてくれたのは、みなさんですから!
そして、こっそり応援してくださる2Fの方々も、ありがとうございます!

本日も朝から終日取材。
クリスマス寒波ですか? こっからが冬本番ですか?
雪山装備+ホカロンべた貼りに、怖いものなし!


クリスマス・プレゼント

日本では、クリスマスよりイブに盛り上がる傾向があり、
三連休でエネルギーを消費しきったかのような日本列島。

さて、そんな私は、朝からPCに向かい、
原稿やら、校正もどしやらでばたばたし、
先週、お借りしていた撮影車両の返却に。

その後、都心のブックカフェで、編集Yさんとクリスマス・デート。
いただいたクリスマス・プレゼントはこちら!



完成しました! センターに、イルカのフジ。その右には、ドクターヘリです。

「ほんとうにあったお話には、事実だけがもっている感動やおどろきにあふれています。」
を、キャッチコピーに、小学1年生から6年生まで、各学年に向けて届けられるアンソロジー。
小学4年生の巻に、イルカのフジとドクターヘリを書かせていただきました。

詳しくは、こちらから! →クリック!

毎年2冊! と決めていたものの、今年は、これで二冊目ということで~、よろよろ……。
来年は、ノンフィクション2冊、出せるかな=私次第。

三連休

ああ、今週も乗り切った……。

安堵とともに迎えた三連休。ここで生活を立て直さないと年末が迎えられません!
見るも無残に、資料やらなんやらが積みあがったデスクと、
雑誌の山と、放ったらかしたままの旅行カバンと、
取材用の荷物一式やらなんやらが、デスクまわりに衛星となって置かれていて、
そしてそして、原稿がー。

部屋のなかも、アタマのなかもぐちゃぐちゃなので、
右往左往しながら整理整頓。
その間、髪を切りにいき(短くすると取材運が上がるもんで)、
年明け早々にある試乗会の案内が6つも届いているので、
スケジュールをやりくりし、
原稿を書いて資料整理をしていたら、はっ! 三連休が終わろうとしている……。

女子大生になったメイちゃんとクリスマス・ランチができたのが、せめてもの幸せ。



こちらも私の元気のモト。クリスマスにむけてのいただきもの。ありがとうございます!