AACN

交通事故で人が亡くなる場合、「打ちどころが悪かった」と、
すべての原因は「加害者」に向けられるけれど、
でも、本当は、別のところに助けられる鍵はいくつもあるわけで。

特に、交通事故を含めた救命救急の世界では、闘うべき相手は「時間」。
これを克服できれば、出血多量で亡くなる人を、後遺症ゼロで社会復帰させることも可能。
ならば、どうすれば、治療開始機関を短縮できるかと取り組んでいるもののひとつが、

AACN。

Advanced Automatic Collision Notification。
高度交通事故自動通報システム。
エアバッグECUに記録されているデータレコーダーの情報をもとに、
乗員傷害推定結果を自動的に通報し(従来は、119番通報で会話による)、
救急車を向かわせると同時に、病院の選定や手術準備、ひいてはドクターヘリの活用へとつなげようというもの。
すでに日本でも実証実験がされているのはもちろん、
欧州では2014年以降販売される乗用車への義務化の動きが。
昨年までは動きがにぶかった北米でも、一気に活発化しすごい速度で検討を進めている状況です。

費用対効果や、システムの高性能化、どうすれば正確に乗員傷害推定結果を算出できるか、
まだまだ問題山積ながら、でも、始めないと始まらない。
というわけで、本日は、そのAACN研究会に同席させていただきました。

先日、交通科学協議会に出たとき、
某自動車メーカーの方が、「そんな技術、本当に必要なんですか?」という主旨の発言をしたけれど、
たしかに、ぶつかって救助よりも、ぶつからないようにする技術に注目が集まる昨今だけれど、
でも、救命救急の現場を知る私としては、
あと1分、早く病院に到着していれば、助かったはずの命をいくつも見てきた身としては、
この技術、ぜひ、早期実現をと願わずにいられません。
だって、もうドクターヘリは年間1万2000回以上も飛び、
年間3000人もの交通事故の怪我人(特に重篤な人)を搬送している。
もっと活用できる体制が整っているんですから。

AACNについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらから。 →クリック!

日本カーオブザイヤー

原稿書きと、資料整理と、取材ノートと向き合う週末+月曜日。
本日は、朝から体育会系な取材です。
朝から、ざっばざばに雨が降っているものの、
元ナナハンライダー(限定解除だもんね=ちょっと得意)+山のぼらーは、
空から槍がふってくるわけじゃなし、多少、水が落ちてくるくらいどーってことありません!

ただ問題は、雪山登山で遭難したときに発見されやすいようにと、
私のレインウェアがまっ黄色であるということ。うーん、目立つ。いや、派手。
これから寒くなったら、撥水性の登山ウェアになるんですが、オレンジだし……。
いえ、取材現場ではいいんですが、往復の電車がちょっと……(しのごの言っている余裕はない!)

そして、途中、中抜けして、日本カーオブザイヤーの10ベストカー選考会へ。



今年からなんと、電子投票システムが導入されました!
PC音痴、じたばたしております。

今年、テンベストに選出されたのは、
トヨタ+スバル 86&BRZ
日産 ノート
ホンダ Nボックス
マツダ CX-5
スズキ ワゴンR
BMW 3シリーズ
フォルクスワーゲン アップ
ジャガー&ランドローバー イヴォーク
アルファロメオ ジュリエッタ
シトロエン DS5
(順不同)

イヤーカーは、今月29日に発表予定です。

待ち伏せ

私には、ストーカーの要素があると思う。
自分の得意なことを活かせる仕事を見つけることができて、よかった……。
これで本を書かなかったら、単なる池面ストーカーだよと、最近、すごく思います。

今日も「ここに来れば絶対に会える!」はずの、池面を待ち伏せ。
*トイレ前でばったり会ったのは、追っかけたわけではありません!*
だって、次でいいや、と思ったら、環境がどんどん変わってしまうので、
思い立ったときに突撃しないと、チャンスを失ってしまうわけで。



待ち伏せ中に、職場のダンディなお兄さまに、差し入れをいただきました。
あんこぎっしり。牛皮も入っていて、美味しいですー。ありがとうございます!

待ち伏せの甲斐あり、とってもいいお話が伺え、
さらに帰り際、偶然、ものすごくいいものを見せていただくことができまして。
迷惑かな、どうしようかな、次でもいいかなと迷ったけれど、やっぱり、きてよかったです。

今夜は眠るぞー!

「ゾウのいない動物園」重版!

取材の一日。
いい。
よすぎる。
カラダは疲れていても、疲れたと思う暇もないくらいの発見の連続。
でも、もう少しまともなセリフが言えないかなーと、ちょっと自己嫌悪。
すみません、いつも本当に感謝の連続なんですよ。

と、ここでつぶやいてどうする。直接、言え、自分!

取材に対する満足感と、自分の情けなさに意気消沈が入り混じって帰宅をすると、
おお!「ゾウのいない動物園」の重版決定の知らせが!



自分で書いたくせに、読み返すたびに、いちばん泣きます。
児童書なのに、こんなに泣かせる内容でいいのか?

「重版」。いい響きだー。
「青い鳥文庫ができるまで」の取材のときに、「重版」のもつ深い意味を知り、よけい感激です。

夕食にいただいた、ふわとろ卵のオムライスの余韻にひたりながら、幸せに気絶。

改めてわかったこと

本日は激走往復700kmです。



今日の八ヶ岳は、こんな感じ。雲がかかって残念。

どうしても、行かなくっちゃなことが起きて、突発的にねじこんだスケジュール。
そしてわかったことは……。

1)時間は作ろうと思えば、なんとかなる。

2)原稿を早く書けると、ほかにいろんなことができる。

3)世の中の女性は、ものすごく歩幅が小さい。

5年ぶりにスカート(喪服ともいう)を着たら、歩けないのなんの……。
私の歩幅は、そんなに大きかったのか。というか、世の中の女性は、そんなにちょこちょこ歩いているとは!

ふさちゃん、やすらかに。

今日も100%男子

本日、久しぶりに100%男子に会いに、取材しに。

昨日のブログで説明を端折ってしまったので補足。
遠距離家族の彼は、はるばるクルマを飛ばして家族に会いに行き、こどもに接する。
で、前回、会いに行ったとき、せっかく行ったのに、
眠さに負けて寝ちゃったり、携帯をいじったりして過ごしてしまい、帰路ふと考えたんだそうな。
「俺は今日、こどもと100%向き合ったのか?」
答えはノーで、
月間スケジュールにはなかったものの、ふたたびすぐに休みの日に、
クルマを飛ばして向かったのだとか。
そして、徹底的に100%、こどもとガチで向き合って、
その思いは、長男坊にもどすんと響き、
それはそれは、いい時間を過ごせたのだとか。

カタチだけ作って、やったつもりになるのではなく、
しっかりちゃんと、結果を出す。……いいなあ、こういう話。

というわけで、そんな彼を含めたエネルギーあふれる池面男子たちは、今日も全開です。
私も階段ダッシュ、がんばります!(謎)。