丸善&ジュンク堂書店さんトークセッションのお知らせ

先日もご案内しましたが、
再度、丸善&ジュンク堂書店さんでのトークセッションをご案内しちゃいますー。

青い鳥文庫のサイトで、紹介していただいています。 →こちらをクリック!

こどもたちの、夏休み宿題応援プロジェクトの一環です。題して、
「本屋さんで夏休みの自由研究をやろう!」

8月11日(土)13時~ @丸善&ジュンク堂書店 渋谷店
8月18日(土)13時~ @丸善&ジュンク堂書店 梅田店(大阪)

定員は40名。えーっと、対象年齢は、夏休みの宿題がある「こどもたち」です!
大人の方のお申し込みはできません、すみませんー。

お申し込みはこちらから。→クリック!
先日のご案内から、少し、応募方法が変更になりました=簡単になりました!

私が話をする、「作家さんに、どうやって本を書くのかを聞いてみよう!」コースのほか、
編集部見学ができる「編集者さんに、本をどうやって作っているのかを聞いてみよう!」、
書店員さんの仕事が体験できる「本屋さんを体験しよう!」の、
3つのコースからお選びくださいませー。

青い鳥っ子のみんなに会えるのを、楽しみにしています!

ドラえもーん!

ドラえもんのタケコプターが欲しい欲しいとあばれていたら、
Rちゃんママがゲットしてくれました!
わーん、ありがとうですー!!

というわけで、さっそく児童書取材をかねて、
私の友人のなかで最年少の、Yちん11歳と、Tさん8歳のもとへ!

家のなかは、ピカチュウ系と、プリキュア系の嵐。私の読者ターゲットど真ん中!

Yちんパパ(ただし、私より年下……)に、作っていただきました、ドラえもん。
そして!
おおー! はまるはまる!
ふたりとも大興奮! さすがドラえもん! こどもの好奇心、はずしません!

天むす食べて、鶏のカラ揚げ食べて、北島商店のメンチカツサンド食べて。
31アイスクリーム食べて、さわぎまくって帰宅。
みんな、またねー。

お気づきかと思いますが、サイトを少しリニューアルしてもらい、
スマートフォンでもごらんいただけるようブラッシュアップ中です。
どうぞお気軽にのぞきにきてくださいませ!

試乗会~会議~打ち合わせ

午前中は、都内で行われている、ポルテ&スペイドの試乗会へ。

デザイン違いのふたごちゃんです。運転席のうしろの席用にもドアがつき、
ものすごーく使いやすくなりました!

終了後は、ダッシュで移動して、桜田門。
警視庁の会議です。
都内で自転車の事故が急増するにあたり、事故対策の提言づくりに参加させていただきました。
目的は、提言をつくることでも、提言どおりに動くことでもなく、「事故を減らす」こと。
PDCAサイクルをしっかりやって効果的な対策を継続して行ってください!
そして20年後、「東京の奇跡」と呼ばれるほどの、世界から見本になるような対策を!
期待しています!

さらに移動して、11日(土)に参加させていただく、
渋谷のジュンク堂さんにて、トークセッションの打ち合わせ。
ああ、拙書「青い鳥文庫ができるまで」が、大々的にとりあげていただいている……(感涙)。
棚に自分の本が「表紙が見えるように」並べていただけていて、本当にありがたいです!
みなさん、ありがとうございます!

昼間から?

午前中から、このような場所で集合し、ランチです。
ええ、ええ。ランチですよ、ランチ。
決して、昼間っから飲んだくれているわけではありませんよ。……たぶん

テレビの街頭インタビューでもよく使われる、某SL広場です。

どうしても話をしたかった、某チームのみなさんにお集まりいただきました。
ああ、ひとりずつさらっていって、とことん話を聞きまくりたい!
めちゃめちゃ好奇心、刺激されています。今後の展開が楽しみです。

暑い

取材です。
水筒、大活躍しています。
そして、食料品の買出しもままならない状態の私のもとに、ああ、感涙の差し入れが~!

Hさん、ありがとうございますー!
これでまた生き延びられます!

なんだかサバイバル戦になってきました。

夏!

5時起きです!
撮影です!
どピーカンです!
地元の方々も「今日は空気がめっちゃ澄んでいますよ!」とおっしゃるほど、
ぴっかぴかの天気。
この空気の透明感。空の色。緑のきらめき。
オーストリアかと思っちゃいましたよー。

巨匠と若大将、撮影中。天気がいいので、どこから撮っても絵になるんだそうです。

本日は二台撮り。Nボックス+と、フィールダー。
詳しくは【Tarzan】にて!

広島ドクターヘリ

原稿書きの一日。

先週、成田エマルゴに行かせていただいたとき、
カメラを持った長身の池面を発見。
北総のスクラブを身に付けているものの、
むむむ? この方は???

なんと、来年度からドクターヘリを導入する、
県立広島病院から、北総にフライトドクター研修にきている先生なのでしたー。
県立広島病院のブログ、「LINK」のページからもいけますが、
こちらからもどうぞ。 →クリック!

しかも!
amazonの拙書「救命救急フライトドクター」に、
コメントを書いてくださった方なのでありました!

「お世話になった先生、目指している先生、あこがれている先生、
できることなら一緒に働かせていただきたいです。」と、コメントにあり、
それを読んだ北総のドクターの方々が、
「いただきたい」じゃなく「来い!」とおっしゃっていたのですが、
本当に行動に出ていたんですねー。すばらしい。

ドクターヘリは、その土地土地によって、使いこなし方も違います。
広島ならではの、広島ドクターヘリ、期待しています!