その一瞬

お盆の前にどうしても会いたい人がいて、新幹線に乗って西へ。
ほんとは、ものすごく迷っていたのだけれど、
やっぱり会いにきてよかったなあとしみじみ。

チャンスというのは、その瞬間にしかなくて、
「次でいっか」「またの機会に」なんて言っていると、
ぜーったいそのチャンスは訪れないと思う。
いつもその一瞬に反応できる自分でいたいと思います。

訪問後、時間調整をかねて、ほっつき歩いていたら、
それが夏で、しかも酷暑で、高温注意報まで出ていることもすっかり忘れていて、
途中、倒れそうに~。
「無料休憩所」という文字に誘われて、よろよろ倒れこんだら、
お姉さんが、きりっと冷たい緑茶を出してくれました。
私が倒れそうになるときは、水分だけでなくもれなく糖分も不足しているので、
安倍川もちも食べてみたり=これが超おいしい!

夜は大好きなYちゃん&Bくんと合流。暑さでへばるBくんを残し、女子ご飯。

補充

私の故・恩師は、いろんなことを教えてくれたけれど、
そのなかのひとつが「親が死んでも締め切り守れ」。
締め切り当日までひっぱると、もし、親が死んでも会えなくなるから、
一日くらい余裕をもって書いておけ、とも、教えてくれました。

以来、それを守ってきていて、締め切り当日にがたがたしても、
原稿を落とさずにこれているのだけれどー。

ただ、実働については、なかなかそんなふうに動けず。
本日も、電車の時間に合わせて支度をしていたら、
携帯電話がちろりろりん♪
つい出てしまったら、これがちょっと長い電話で……。
結局、一本、電車に乗り遅れましたー(というわけだったですよ、ももちゃん)。

でもこれも、電話がかかってきても大丈夫なように、
10分くらい前倒しで準備していれば、問題なかったわけで、
ああ、まだまだ青いな、自分。

5時起きで原稿を書いて、予定通り昼にアップ。
のち、来年に向けての打ち合わせ。むむっ、がんばりますよー!

やる気向上のために、愛するお菓子箱に補充してみました。
まだまだ隙間が気になるんですけれど、ぎりぎり合格ってことで。

財産

円高が進んで、ドル預金をしている友人知人がざわついている。
まあ、そりゃ、財産が目減りするわけだから、気持ちがわからないでもないけれど。
でも、本当の財産ってば、健康と友達だと思うんだよなー、私は。

と、しみじみ私が書く理由は、
今、書いている原稿で「うわー、わからない!」とあせったときに、
的確な返事をすぐにくれる友人に、助けてもらっているからでございます。
ああ、友人ってありがたい……←私が好きな人は、強制的にみんな友人。
やっぱ大切にするべきは、金の入った壷じゃなくて人間関係だしー。

私の愛する「お菓子箱」が、危機的状況に。
常にいっぱいのお菓子に満たされているはずなのに、この状態とはっ?

ああ、やる気が出ない。
たしかに、キットカットの大袋x2と、板チョコ17枚と、いちご味ポッキーは
冷蔵庫に避難させているけれど、
(ついでに、もなかx4が冷凍庫にいます=冷やしもなか、最高!)、
でも、私の愛する「粉モノ」お菓子がないって……ないって、それって……?
締め切りが終わったら調達に出なければ!

ティータイム

早起きして原稿を書いたのち、ラジオの収録へ。
バカンス・シフトがあり、今週は二本撮りです。

Tプロデューサがインターバルのティータイムにと用意してくれたのは、
三軒茶屋のLのドーナツ! 自然派素材を使っていて、気になっていたんですー。
調達してくれたO嬢、さすがです!

収録時間が長くなると、集中力が切れるんですが、
おかげで、さいごまで噛まずにいけました。ありがとうございますー。

ちょっとだけよん

次の本の話の前に、そうだ、出たばかりの本も、もう少しきちんとご紹介します!
「救命救急フライトドクター」、講談社から絶賛、発売中ですー。
3年間、日本医科大学千葉北総病院の救命救急センターに通った、
集大成ともいえる一冊です!

「ぜんぶ、ぶつけちゃってください!」という、編集担当ももちゃんの言葉に、
本気でぶつけましたとも!
シートベルト外傷で、内臓損傷の患者さんも、
歩行者で傷ついた少女の話も、クルマがらみの事故、書きましたとも!
クルマの安全関係にたずさわる方、ぜひ、読んで、現実を知ってください!

本気で書いた私に対して、編集部も本気です。
本気の「本作り」一部、ご紹介しますー。

あちこちから絶賛の声をいただいている表紙写真です。私も大のお気に入り!
タイトルデザインもステキです! こんなに完成された表紙って、そうそうないと思います!
帯の文章も、内容を一瞬で推測させる見事さです。

裏表紙はこちら! 北総救命救急センターのドクターたちの、
このなごやかな雰囲気。私の大好きな一枚を、救命救急センターからお借りしました。

表紙をはがすと、こちらがハードカバー本体のデザイン。
ドクターヘリのイラストと、Helicopter Emergency Medical Service の文字。ステキです。
色も渋いし、肌触りもいい。お金かかっています!

そのハードカバーを開くと、おおっ! なんと、千葉県~関東エリアの地図が!
凝っています! 最後、ぎりぎり「横浜」も入れていただきましたー。

さらに開くとこちら。本文表紙です。ステキですー。モノクロにすると、
この「DOCTOR」が背負う責任と覚悟が、びしびし伝わってきます!

それをめくると、さらにタイトルが続き……。

そして、目次です。目次の文字レイアウトも、かっこいいです。
いやー、もんのすごく、ステキです。惚れ惚れ。

文章を書くのは私なんですが、こうして一冊の本になるまでに、
なんと多くの方々のプロフェッショナルなパワーが注ぎ込まれていることか。
こういうあたり、デジタル書籍とは違う、「本」ならではのよさかと。

救命救急センターの、松本尚准教授と、原義明先生に「解説」も書いていただきました。
ありがとうございます!
すでに、全国図書館関係に、千冊単位でご購入いただいたとか。
ありがとうございます!
そんじょそこらの、自己啓発本よりも効き目がある一冊。
ぜひ、ご一読をー!

おこもり&打ち合わせ

案の定、爆睡でした。
眠れないのはやっぱり、お腹がすいていたのか。
あんまり早い時間の夕飯は、やめようかな。
でも、朝、お腹がすいていると朝ごはんが美味しくて、幸せなんだけれど。
そして今日も原稿書き。
今日のおトモは、昨日いただいた谷中のおせんべいくんたちです!

カタチといい、硬さといい、味といい、原稿のトモにぴったり!
Yちゃん、ありがとう!

午後は次の本の担当S嬢が、クルマ飛ばして拙宅そばまで来てくれ、
原稿の細かな打ち合わせ。
電話キライな私としては、手間はかかるけれど、顔to顔の打ち合わせが好きでごんす。
もうひとふんばり、がんばります!

牛肉

アタマから、ぷしゅぷしゅ言わせながら原稿を書いたのち、
夜は「牛肉」を食べに。

まあ、思うところはいろいろあるんですが、
少なくともアラフィーなワタクシ、放射能による癌が発症するより先に、
ほかの病が発症する可能性の方がだんぜん高いので、
市場に出ているものは、まーったく気にせずいただきます!
っつーか、まーったく気にせず牛肉を購入できない経済力の方が問題だったりして。

今日は、都心(?)に出ました。雨も上がって、青空です。

この4日間の粗食を一気にとりもどすかのような、豪華な鉄板焼き!
そういえばこのところ、夜中に何度も目を覚ましちゃって……、
なんでこんなに眠れないかなーと、
ゆうべ、目が覚めたときによーっく五感を研ぎ澄ませたら、
もんのすごくお腹がすいているのでした。
夜中の二時に冷蔵庫あさろうかと思っちゃいましたよ。

今日はよく眠れそうです。みなさん、ありがとうございました!