沖縄

三連休は、ひっさしぶりの沖縄です! 琉球王国、入国いたしました~。
まず初日に向かったのは、「平和記念資料館」。
イルカのフジの取材で、はじめて沖縄に来たのは、2004年6月のこと。
それから30回くらい来ているっていうのに(!)、
私は、空港とホテルとイルカプールにしか行ったことがないくらいの状況でして。

日本唯一の地上戦が行われた沖縄。
戦争に至るまでの経緯や、残された映像や写真。
戦争についての解説は、二次情報、三次情報になるので、
まとめた人の意図を考慮して聞かないといけないと思いつつ、
それでも、爆破シーンや亡くなった方そのものを映し出した写真は、真実。
沖縄と、沖縄の人たちがたどった今までの時間を考えると、
アメリカの基地問題、ほんとうに「なぜ沖縄がこんな思いをしなけらばならないのか」と、思います。

そして翌日、10日は、KKコンビとランチです。いやー、時間が合って、よかったですー!
そして勢いで、これも見にいくことができました!



じゃじゃーん! 沖縄ドクターヘリです! K先生、ありがとうございます!
なんと、我々がヘリポートを離れる……ってときに、出動要請がはいり、堂々の離陸です! かっちょい~!


千葉ドクターヘリとちがうのは……わかります? 使っている機種もちがうんですが、
それより脚部。海上に不時着したときのために、緊急でふくらむ浮き袋がついているんです。さすが沖縄!
みなさん、おじゃましました。どうもありがとうございました!

そして、今回のメイン・イベントはこちら!



イルカのフジの飼育担当Mくんの結婚式です! おおー!



参列者350人という、大披露宴! 沖縄の披露宴は、盛大に行われるんだそうです。
さいしょは、ほんわりとした披露宴だったものの……。




気づくとこんなことに……。なんと、ステージあり。しかもさいしょから、このペースです……。
内地の人間は、気後れぎみ。ほんと、すごかったですよ、K先生!


でも、もうやめてしまった飼育係のなつかしい顔もそろって、私にとっては同窓会のような雰囲気。
みんなー、元気だったー!?
笑いあり、涙ありの、いい披露宴でした。
Mくん、おめでとう。おしあわせにねー!



11日は、こんなところに行ってみたり、ちょっと沖縄を満喫してみましたが……、



やっぱり、最後は、ここです。沖縄美ら海水族館。
「オキちゃん劇場プール」は、あたらしくなり、イルカショーも見ごたえ満点です!




フジも元気です! 

プールを横からのぞける丸窓に行ったら、フジがこちらを見つめてくれました。
そういえば、フジの取材がぜんぶ終わって、いよいよ沖縄をはなれるというときも、
同じように、初めてフジが、私を見つめてくれたのでした。
私を認識していたとは思わないけれど、それでもその偶然に、泣きそうになったのを思い出しました。

私が児童書を書くことになった原点がここにあります。
いつも変わらず、私を受けいれてくれる青い空の下の友人たちに感謝しつつ、
そして、ここからはじまった、多くの新しい出会いにも感謝しつつ。
ありがとう。そして、これからもよろしく。
次に会うときまでに、お互い、もっともっと進化して、未来を語り合いましょう!

やばやばな状態になり、早起きして原稿書き。
八時半にタイムアップして、本日は撮影です。



今日の一台。オシリのラインが超魅力的!

本日のゲストは、家電に超お詳しい元仮面ラ○ダーのあの方!
ご自身の美学は芯がパキーンと通っていて、潔くって素敵です。
詳しくは【Tarzan】にて!

ダッシュで移動して、午後はラジオの収録。
大学自動車部のゲストは、あの女子大学の女子部員さん!
スタッフ一同、なんとなく活気付いていると感じたのは、私だけ???

Happy Birthday to ME!

本日は私の、48回めの誕生日です!
おめでとう、私!
気持ち新たに、ここからの一年も過去を振り向かず(反省は多少するようにしたい)
前を見据えて(無謀な目標は持たないようにしたい)
がんがん攻めの人生でいきたいと思います!

大阪からもどり、知事連合が行う「高齢者にやさしい自動車デザイン審査会」
高齢者の方が乗りやすい、新しいクルマを開発するにあたり、イメージデザインを全国募集。
なんと、500点近い応募があったのでした!



プロの方から、おばあちゃん、高校生と、多くの方に応募いただきました!

なんか、このまま試作車をつくって、モーターショーに展示したいような作品まであり、
かなり、わくわくな選考会となりました。
今回の第一次選考会でテンベストを決定。
今後、全国の道府県の代表の方の意見を聞いて、最終的に1点を選びます。

だけど、相変わらず二人乗りのクルマには懐疑的な私。
欲しいクルマと、自分の生活に取り入れたいクルマは違うと思うんですけれど~。

大阪ラテン説

始発の飛行機に乗って、飛んだ先は大阪。



関空からの電車は、海をわたって本土上陸。海の上を走るって、それだけでどきどきです。

午前中にインタビューを受け、おいしいランチまでごちそうに~。
いやー、始発に乗ってきた甲斐がありました=なにに達成感を見出しているんだか=ばか。
エコカー補助金がなくなり、大阪の人のお財布の紐が、ぎゅぎゅっとしまるなか、
有意義なカーライフを送っていただくべく、お役に立てれば光栄です!

せっかくここまで来たのだからと、終了後は南下。
ソウルシスターと夜遊び(笑)。

こどもの安全

午前中に原稿を書き、午後は国交省の会議。
第九次交通安全基本政策をつくるにあたり、目標をどこに? どのくらいに?



金融庁のビルにある会議室で行われました。あやうく、国交省に向かうところでした。あぶない、あぶない(汗)。

高齢者、高齢者、高齢者、高齢者……。
どこを向いても高齢者という言葉が飛び交います。
もちろん、命に差はないから、高齢者だって守らなくっちゃ、なんだけど。

数じゃないと思います。死者数を何人減らした、というと、達成感はあるかもしれないけれど、
生きられるはずの幼い命を、ひとつ救えたときだって、ものすごい達成感だと思うんですよ。

車内で死んでいる子どものデータを見ていると、頭部外傷で亡くなっているケースが多い。
もちろん、CRSを装着していながら、である。
それってどういうこと?
ちゃんとCRSに座らせていたら、ちょっとやそっとの事故で、頭をどこかにぶつけることはないでしょうに。
CRSさえちゃんと使われていたら、死なずにすんだ命のことを考えると、はあ、無力さに脱力です。

子どもって、ケガさせちゃいけないんですよ。
子どもを事故から守れるのは、大人だけですから。

憧れの人

早起きして原稿書き。午後はラジオの収録。
夜の懇親会まで時間が中途半端にあったので、
某編集部の打ち合わせスペースをお借りして、原稿書き。



混んでいるときは遠慮するのですが、今日は半分ぐらいテーブルが空いていましたので~。

そして、階下にお水を汲みにいったら、なんと!
私がいま一番会いたい、某タレントさまが!
メディアに生きる人間として、サインや握手や写真はご法度。なんたって仕事仲間ですから。
でもさすがに、超会いたいと熱望していた人が、
いきなり目の前に現れて、目が点、いや、ハートに変身しました。
いやーん、もしかして、目が合っちゃったかも~=ばか。

夜は懇親会。
ジャーナリストの諸先輩方から、貴重な情報をいただき、勉強させていただきました!

勉強の週末

遅ればせながら、ドラッカーをナナメ読みしている私。
もちろん、表紙に女子高生の絵が書いてある、あの「やさしいヤツ」ですが。

というわけで、土曜日はマーケティングです。
児童書を書くうえで、顧客はなにを欲しているのか?を、さぐる貴重な時間です!
「つぶ貝」が、子どものココロにあそこまで刺さっているとは思いませんでした=謎。
願いが叶えられて、私、幸せです~=大謎。

日曜日は、資料の読み込み。
ドラッカーに書いてありました。
「専門家は、自分たちの言葉で語ろうとする」って。だから通訳が必要だって。
ほんと、そのとおりだと思います。
交通事故関係の資料、3回読まないと、理解できない私も私ですが。



思考回路が停止しそうなお脳みそに、糖分を! 豊水です! 超おいしいです!
Yさん、ありがとうございます!!!