化学反応

PC不調からの追い上げ中。
台風の進路を気にしつつ、異業種交流のために外出。

お手ごろ価格でおいしいイタリアンのお店で集合したのに、
話に熱中して、あまり味を覚えていないのが残念?

ひとつの物事を見るにしても、いろんな角度から見ることが大切。
しかも、お互いいろんなデータを持っているから、
組み合わせるとひとつの謎がとけていく、謎解きゲームをしているような。

現実に物差しをあてないと、真実は見えてこないと再実感。

回復!

もうだめだと覚悟を決めていたデスクトップPCが、
ゆうべ遅くに奇跡的に回復!
やはり一部、移植をしたので、データが少し飛んでいるけれど、
んなもの、「へ」でもありません。
リハビリすれば、すぐに日常生活にもどれることだしー。
ドクター、ありがとう!
みなさん、お騒がせしました。ここから挽回します!

あわあわと原稿を書いてすごし、夜は某プロジェクトの作戦会議。
いやー、若い世代の無限の可能性って素敵。
こういう人たちが、これからのクルマ社会を作っていくんだと実感です。

そして今年も3分の2が終了。
明日から9月です。

ダメコン後半は、今週末。

ドクターによると、デスクトップPCの問題は「オフィス」。
アウトルックとワードが動きません。でも、エクセルは動くらしい=謎。

面倒くさいのは、ワードファイルの文章をプリントアウトできないこと。
そんなときに限って「FAXでプロフィールを」という要請。
なんでこんなときに……。
ワードは動かないから、エクセルに貼り付けるか、
いや、手書きのほうが早いかも?
むんむん悩んだ末、思いついたのは、Hねえねえにファイルを送り、
Hねえねえの事務所でプリントアウトして、うちにFAXをしてもらう方法!
あったまい~、私! ←やけくそ。
Hねえねえ、ありがとう! ねえねえの背中に天使の羽根が見えます~。

本日も、ドクター到着。
しかし、どうにもこうにも血圧が上がらず、内蔵機能不全で壊滅的な状況。
ドクター「移植しかありません」
私「わかりました。先生のおっしゃるとおりに……」
ドクター「手術は今週末ということで。万が一に備え、ご準備を……」
私「わかりました……うううっ、よろよろ」

あわてて大容量メモリーに、せっせとデータを移しましたとも。
さて、どうなるのよ、私???

ダメコン

もしかしたら、朝になったら直っているかも?
そんな期待をよせつつPCをオンにしたら、さらに症状は悪化。
がーん。
これはもう、DMATを召集するしかないかも~。

一時でも悪夢を忘れるために外出。向かった先は、インターfmのスタジオ。
少し涼しくなってきたので、「節電中」も一段落かも?

帰宅後、まもなくDMAT到着。
状態を確認し、救急のABCをほどこし、すぐに初療室での、緊急手術!
超急性期は乗り切ったけれど、血圧、48って感じ。(やばいです、T先生!)
本日のところは、ダメコンで、ICUへ~。

この意味を正しく理解するためには、
「救命救急フライトドクター」を、ぜひ! お読み下さい~!

月末なのに……どうなる、私?

充実

昨日、めいっぱいエネルギーを充電し、
今日はPCに向かっています。あとちょっと、がんばります!

【追記】土曜日に撮影した写真のあまりのスクープぶりに、
つい魔が差して、クロヤギ・カンパニーに送ろうとしたら、
メルアドを入力したとたん、PCが、PCが~!!! うわあああああああ!
これは、シーサーの呪いか?=謎。

サイトは見られるのに、メールの送信とワードが使えないという事態に。
ってことは、締め切りはどうすんのよ、私?
しばらくのあいだ、綱渡り生活になります。みなさま、ご了承ください!

こんなところで再会?

朝から原稿書き。
人参がぶらさがったときの、私の集中力を見よ! とばかりに、
すごい勢いで、進むこと、進むこと。
この集中力を自在に扱えるようになれば、私の人生も変わるだろうにー。

そして夜は、オアシスちゃんとご飯へ。
ふたりで語り合いましょう! が、コンセプトだったのに、
すごーく遠いところに住んでいるはずの、ふたりの「末弟」Kくんが、
なぜか、店からすっごく近いところをうろついていることが発覚。
それは、合流していただくしかないでしょう!

Kくん、手だけ参加? 遅くまでお付き合い、ありがとう!

いやー、あんな話やこんな話、さまざまな登場人物が話題になり、
途中、メール参加や、電話参加もあり、笑うこと笑うこと。おなか痛いっすー。
17時から開始したのに、気づいたら23時をまわっているという状況。
みんな、終電で最終目的地まで行けています???

やっぱり、私のタイミングのよさは、まだまだ健在だと実感しました。
次もぜひ! 

りんごの人

スティーブ・ジョブス、56歳で引退。

OL時代、その会社の役員が「55歳で勇退」ということになり、
まわりは「若いのに」「勇退だね」と言っていたけれど、
当時ハタチだった私には、「55歳のどこが若いの?」と、めちゃ不思議だったもので。
けれど、いま、アラフィーになってみると、
「うんうん、55歳で辞めるって早くね?」と思うわけで。

でも、いま20代の人たちにしてみれば、やっぱりジョブスの56歳引退も、
十分に「オヤジ」と映っているのかも。
歳をとると、年齢を自分の都合のいいように解釈しちゃうわけで。
フリーって定年がないぶん、
どこでどう判断して行動するかは、すごくむずかしいところなわけです。

少なくとも、55歳までに、
「やりきった!」と思えるような仕事をしていきたいと思います。

本日は、なかなか「やりきった!」までたどりつかないまま原稿書き。