F1撤退!

イタリアに住んでいたとき、選んだボローニャという街は、
北へ40分走れば、フェラーリのマラネッロがあり、
南へ30分走れば、セナが亡くなったことで一躍有名になってしまったイモラ・サーキットがあった場所。
新聞のスポーツ欄に「今日はフェラーリがエンジンのテスト。11時から」とか載るもんだから、
学校さぼって、よく見に行きましたっけ。

先日、ブリヂストンが来年いっぱいでF1からの撤退を表明したのに続き、
今日はトヨタが完全撤退というニュース。

…………。

モータースポーツを仕事の守備範囲からはずして以来、
ほとんど、サーキットにも行かなくなっていたとはいえ、しゅるるるるーん。

おこもりっ!

遅れに遅れた原稿を、いい加減、なんとかせねばと、こもりました。
基本的に「うち派」なのだけれど、
月曜日、時間調整もあって外でランチしたら、思いのほか、テーマがびしびし浮かんだので、
よし、今日もカフェにでも行ってみっか!←基本的にひとりカフェのできないタイプ
と、思い立ったのはいいけれど、
ふと、時計を見ると午後2時をまわっており、←2時過ぎにコーヒーを飲むと眠れないタイプ
あえなく断念したのでありました。

しかたなくウチのダイニングをカフェに見立て、デスクで資料を鞄にまとめて、
2メートル移動してダイニングテーブルで仕事をするという……。←バカ。

そしてそんなとき仕事依頼の電話。声の主はいつものあの編集部。
「えーっと、10日売りをやっています~」
なぬおっ? 今日はたしか、3日だしょ?
「ええ、ええ、そのとおりです。なんだか自分から焦げ臭い匂いもしてきました」
そりゃ、爆発寸前でしょうとも。
もう輪転機から実況中継な感じでしょうよ。

みんな捨て身でやってんなあ。私もまだまだがんばれそう(笑)。


らんらんラジオ

やっぱり買い物も三現主義。
っていうか、PC音痴&機械音痴にネットで電化製品を買うのは無理ってやつでありました。
さすが量販店のおにいさま&おねえさま、説明が上手でしてよ。
ここでしっかりチェックして、
型番と値段もチェックして、
安い通販で買う、というのが、PC音痴のこずるいやり方?

でも、ここでウォーミングアップしたおかげで、
今日のラジオはカツゼツ快調←と、思っているのは自分だけ?←と、Sディレクターの突込みが入りそう(怖)。

きつい、
つかれた、
もうだめだ、では、
だれかの命は救えない。
押忍!

ぬおうっ!

このところ、私のアタマのなかで、この言葉が飛び交っている。
ついでに「なんですと!」というセリフも。
これ、超バカ売れ児童小説「黒魔女さんが通る!!」で小学生女子が言うセリフなんだけれど、
一瞬、小学生がこんなこと言うのかと思いつつも、
ぶほっ! と笑ってしまうどんぴしゃなリズム感。
これが小学女子のツボにはまるんだなあと、感服いたしております、I先生!

11月になったーら、
11月にぃ、なったーら、
とっもだっち、ご飯に、いっけるっかな~♪
(「一年生になったら」のメロディでどうぞ)

口ずさみながら、10月のどたばたを乗り越えたというのに、
私の近辺では「ぬおうっ!」で「なんですと!」なことが次々と勃発。
まあね、このご時勢、忙しいほうが、ろくなこと考えなくていいのかも。

一速でばおばおと、トルクかけていた10月から、
二速にシフトアップし、次の山めがけて突撃します。

遊びの予定をずらさせていただいたみなさーん!
見捨てないでね~。
心の炎をガンガンに燃やして、邁進いたします~。

Trick or Treat

商魂たくましい人たちの、何年にもわたる活動により、
ついに日本でも根付きはじめたハロウィーン。
今日、某社の社員食堂におじゃましたら、こんなものを発見!

091030
デザートに用意されたかぼちゃクリームのワッフル。おいしい(笑)。

そういえば、10月にはいったころから、年賀状も販売していますっけ。
……一年のうちの4分の1も、正月を意識させてどうするんだよ。

原稿、のち、打ち合わせ、のち、原稿。

大変だ。10月が終わろうとしている!
残り二ヶ月。大丈夫か、私?←なにが?

国交省自動車安全シンポジウム

ふだんジーンズやらジャージやらで過ごしている私。
タンスの奥からスーツを引っ張り出してきて、国交省のパネルディスカッションに参加させていただきました。

091029
エコカーとパーソナルモビリティの普及を見据えて。今後の問題、山積です。

ええと、ここでフォローするのもなんですが、
私、エコ・ドライブを否定しているわけではなく、ミスユースはNGですよってことで。
ついでに、
先進的な街づくりに反対しているわけでもなくて、
全員が全員、パーク&ライドにすることを望んでいるのではない、ということを言いたかっただけで。

だけどやっぱり電気自動車やハイブリッドに常時音をつけるのは反対です!
別に、クルマに詳しくない大学の先生が座長をしているわけではなく(K先生は超クルマ好き)
国交省が勝手に決めているわけでもなく(メーカーの動きのほうが不穏だと思います)
音質については、とっくにメーカーが考えていたりもするわけで、
まあ、そのあたり、新聞報道等々が舌たらずでユーザーに誤解を与えている気はします。が、
実験そのものは密室どころかメディアウェルカムの公開でやっているので、
私自身は、細かい経緯はそれなりに把握しているつもりでもいますが、
それでもやっぱり、反対ですー!

常時音で消すスイッチをつけるのと、必要時だけ鳴らすのと、一見、同じようにみえ、
常時音のほうが「クルマが弱者をいたわっているんですよ」という姿勢を示せて、
居心地がいいような気がするようですが、それは妄想だと思います。

音がしているんだから、視覚障害者だって気づくだろう。だったらどけよ!

こんな「性悪説」なドライバーだって、いるでしょうに。

最初はメーカーの自主規制のようなもので始めて、様子をみるってのはダメですか?

ともあれ、みなさん、お疲れさまでしたー。
Yさん、わざわざありがとうございました。お会いできる機会がなくなるのは残念ですが、
個人情報流出していいので、私の連絡先を入手して、ときどきご連絡くださいね。
最後のメッセージ、胸に響きました。がんばります!=私信。

シアワセのおすそわけ

原稿がいよいよな状況になり=これだけ家をあけていればあたりまえか……、
早朝起きにて原稿書き。のち、取材。
何度も通っている現場だけれど、変化著しく、
時代の流れに順応する体制のやわらかさに圧倒されるとともに、
ちゃんとアップデートしていかないと、取り残される危機感がひしひしと。

取材の楽しみは、ランチタイムのガールズトーク。
高校生はお箸がころがっても笑えるというけれど、
アラフィー世代はお箸がころがると、悩んだり怒ったり笑ったり泣いたり反省したり感服したりできるから、
ぜったい歳をとったほうが、人生、楽しいと思います(笑)。

そんなこんなしていると、沖縄のMくんから、ひっさしぶりに電話。
なんだ、イルカのフジになにかあったのか!?
と、思ったら、ぱんぱかぱーん!
結婚式が決まったとの連絡。おおおー、苦節何年?
ツール・ド・沖縄の表彰台にたったら……と言いつづけ、いつまでたっても立てないもんだから、
一生、結婚できないんじゃないかと、おねーさん、はらはらしていましたですよ。

おめでとう!

あ、でも、私が結婚式に参列した夫婦の半数近くが3年以内に離婚しているんだけど、大丈夫???