息継ぎ

重いもんを背負って、大河をわたっている気分。
沈みゆく体を、必死に水面まで持ち上げつつ、ああ、もうだめかも……ぶくぶくぶく……。
もがいてもがいて、今日、一瞬だけ水面に顔を出して、息が継げたかも。
そしてまた、その反動で、水のなかに沈んでいくのでありました。あ~れ~。

もう無理です!
そう言えたら楽なんだろうな。
でも、言っちゃったら終わりなんだな。

そもそも「無理」ってなに?
自分で決めた限界ほど、いい加減なものはないわけで。

アタシには、まだ、やりたいことがいっぱいあるのだ。
こんなところで、けつまずいて倒れている場合ではないのだ。
まあ、理屈がコケるくらいだから、きっとまだ大丈夫でありましょう=結局はお気楽。

一句。朝、原稿、昼、打ち合わせで、夜、原稿。

三連休ってなによ?

ああ、そうでした、そうでした。
カレンダーは赤い数字がみっつ、並んでいましたっけねー。
でも、カレンダーどおりに休んでいる人って、いま、どのくらいいるんだろう?
みんな生きるのに、必死でございますわよ、きっと。

三連休は、原稿、原稿、原稿&ラジオ収録で終わりました。
くやしいので収録後は、三日間仕事したウサを晴らしに焼き鳥でも食べにいくか! と、
友人に「いまから向かうからきて!」てメールしたら、
「今日は焼き鳥やは休みだ!」と、速攻却下され……。

んじゃ、先日できたビストロにいくかーと向かったら、これまた満席。えーん。
仕事のタイミングはこんなにいいのに、ご飯のタイミングは壊滅的。

いいもーん。こんなところで、運を使わないんだもーん=負け惜しみ。

紅いもタルト

朝から取材であります。
そろそろ、ヤケクソなスケジュールになってまいりました。
天候のせいで、夜の予定が延期になった瞬間、別の予定がはいるという、
売り出し中のアイドルのような状態になっております。
ああ、これでCDが100万枚売れるような身分になれば、どれだけいいか。

CD出してないってば。

でも、気力+体力+タイミング、三拍子そろって120%の絶好調。
まだまだ、いけます=妙に自信あり。

091120

おみやげにいただいたのは、沖縄美ら海水族館の(アニメになりきれていない)ジンベエザメキャラの、紅いもタルト。
密かにおいしい。

売り上げに貢献してますよー、水族館のみなさーん。
これで連休の原稿書きは、乗り切れるか?

こもり中

連休明けまで、人生の勝負がかかった原稿がずしりとあるため、本日もこもっております。
というと大げさですが、
まあ、どの原稿も、人生かけて書いているんですけれどね。
その挙句、かけすぎてすべったころんだもありますけれども(遠い目)。

091119

前回に味をしめ、今夜はカブをエコ調理してみました。
ル・クルーゼのオーバル鍋は、長方形のクーラーボックスにぴったり。

エコ調理のいいところは、ガス代が節約できるうえに、
火の元のそばにいなくていいので、私のような原稿書いていて鍋を焦がすタイプにも、うってつけ~。

ぐえええ……

夜中、気持ち悪くて目が覚めた。
昨日の赤ワインは、イタリアでノンノ(おじいちゃん)の畑で作っていたヤツと同じ味がして、
飲めないくせに、わーい、と、喜び勇んで口にしていたのが悪かったのか。

だけど、ケチな私としては、ここで吐くわけには……わけには~と念じているうちに、
睡魔に負けて意識消失、そのまま平和に朝を迎えたのでありました。

まあ、そんな状況であるからにして、午前中が使い物になるはずもなく、
しかし、そんなときに限って「月曜日が締め切りなのに、届かなかったレイアウト」が、到着しており、
あ、うーん…………。

人間、いくつになっても、初体験というものは尽きないものだ。
神様は越えられない試練は与えないってか。
またひとつ、原稿を書く集中力が養われた気がする。

沸騰させたあと、毛布にくるんでクーラーボックス(この場合はヒーターボックスか)に突っ込んだカレー鍋。
ニンジンが超甘くて感激のおいしさ。エコ調理法、ばんざい!

にんじん

朝、PCをひらいてみても、昨日締め切り原稿のレイアウトが、未だにとどいていない。
まあ、私のせいで入稿が遅れるわけじゃなし、と、思いながらも、
小心者は、ドキドキするのでありました。

本日は予定変更して、別の原稿書き。

11月は原稿強化月間で、
つまりそれは、私の食生活は、チョコレートとクッキーと(今回はドラ焼きもあったけれど!)……という、
すさまじい状況になっているのを知ってか、
昔からの友達ふたりが、「めし、行くぞめしっ!」と、連れ出してくれました~。
にんじんがぶらさがると、どうしてこうも原稿がすすむのか。

091117

食後のスイーツ=マシュマロが入っているカゴを、かぶろうとするSくん。

基本的に夕食後は原稿を書かないので、心地よく食事堪能~。
会社員時代の話に花が咲き、
新入社員のころは、みんなバカばっかりやっていたということも、再確認し、
わははーと、笑いころげたあっという間の4時間。

みんな乙! 連れ出してくれてありがとう!

昨日になりますが

11月の第三日曜日は、
世界道路交通被害者の日(World Day of Remembrance for Road Traffic Victims)です。

救命救急センターで、取材をつづけさせていただいていると、
被害者は、単に事故で亡くなったり、ケガをした人だけでなく、
そのご家族も当てはまると、痛感します。

重度の後遺症を背負いながら、これからの人生を生きなければいけない人と、
そのご家族のことを思うと、
いま、自動車メーカーや警察庁が、やっきになってやっている死者数削減に、
どれほどの意味があるのか、とすら、思います。

特に。

重度の後遺症は、日本の場合、
目が見えない、とか、足が動かない、とか、周囲でもわかりやすいことが、基本になっているようですが、
脳や、内臓に損傷があるときの障害も、本人にとっては、かなりきびしいもの。
そのあたりの制度も、いまいちど、見直していただきたい気がします。

本日は、朝から全国知事連合主催の会議。
移動して、仕事仲間とパワーランチをしたあとは、ラジオの収録。
なぜか、トーク4で、大笑いでありました。なぜ? 
電波の届かないエリアの方も、
ザ・モーターウィークリーのサイト(リンクのページにリンクしてあります)にある、
ポッドキャストでお聞きいただけますので、ぜひどうぞー。