HEM-Net

たいした量の原稿があるわけじゃないのに、
なぜか慌しく過ごしており、
あわあわと、午前中が締め切りの原稿を仕上げた後は、
ドクターヘリ関連の会議へ。

AACN研究会です。AACNは、交通事故の患者さんを救う、最後の切り札と思われます。

AACNについては、HEM-Netのサイトから。 → こちらをクリック!

視聴率とデータの読み方

報道によると、視聴率はリアルタイムで見ている人のデータであり、
録画して見る人はカウントされていないんだそうな。
でも、いまやタイムシフトの時代。
番組録画が簡単にできるようになってからは、
機械に苦手な40~50代の女性の録画率が一気に高まって、
自分の見たいときに見たい番組を見る、という流れが定着しつつあり、
いまの視聴率ってアテにならないぞ?と思ったり。

そして、先日、IT関係に詳しいジャーナリストの面々と話をしていたら、
面白いデータが。
DVDのボックスは、金銭的余裕のある40~50代のほかに、
20代男性に、購買層の山があるんだそうな。
20代の男性、そんなに好きなのか?
クルマも買わず遊びにも行かず、デートもせずに、ひきこもりなのか?
そんな20代の行動パターンを想像大盛り上がりしたあと、ふと、だれかがひとこと。

「いや、ちがうかも。
転売してもそこそこ高く売れるから、
すぐに売っちゃうのかも」

彼らは、IT機器を使いこなすうえに、
いまや一般の人でも、全国展開の販売網(〇〇オークションとかね)があるから、
売りやすい。
だから、DVDは単なる自分が持っておくためだけに買うのではなく……。
(自分の手元にあるあいだに、いろいろするらしい。
いろいろって? 発言を控えます!)

なるほど。一理あるかも。
となると、年代別購入データは、単に「見ている」「好き」「興味がある」というデータではないわけで。

そういえば何年かまえに、某代理店の人が、
「PCを使う女子には、〇〇メーカーが人気で、
携帯を使う女子には、**メーカーが人気なんですよ」
と、自社で集計したアンケート結果を自信満々に言っていたっけ。
あまり女子受けしないと自覚していた**メーカーの人は有頂天になっていたけれど、
でも、そのとき、**メーカーは、超人気アイドルをCMに起用して、
ばんばん流していた時期だったりするわけで。

メーカーが人気なのか、アイドルを頻繁に見ていたので、一時的に認知度が上がっただけなのか。

アンケートにしろ集計にしろ、
そこからなにを読み取るかが重要なんだけどな。
自分の都合のいいように解釈して喜んでいるアンケートって多いと思う=特に官公庁。
人間、見たくないものは見えない。聞きたくないことは聞こえない。

ううむ。自戒の念をこめて改めて。

今週、二度目の。

今週、二度目の山梨入りでございます。
いまの山梨、最高です!
遠くには南アルプスが雪をかぶって連なっていて、
目の前にはモモの花、新緑、いやされる~。

平日に、オープンカーでこのエリアを走り回るって、
ああ、この仕事していてよかった……。

そして、巨匠が腕をふるっておりまする。
若大将は、クルマのキャラにあわせて赤いパンツをチョイスです。

今回もまた、巨匠の腕が光ります。
ぜひ【Tarzan】で、ご覧くださいませー。

女性セブン50周年

本日は、朝からPC前で奮闘したのち、
小学館「女性セブン」創刊50周年記念パーティにおよばれです。

広い会場なのに、酸欠しそうなくらいの人数がぎっしりです!

さすが女性セブン&50周年。
まわりを見ると、「おお!」やら「うわ!」やら「うっそ?」な方々が。
30年前の私なら、まちがいなく写真とりまくり&サインいただきまくりだったかも?

いまの私はというと、芸能関係の方々よりも、
目の前にいるスーパーでハイパーな方々に萌え~な状況でして。
私のヒーローは名前は残さず、成果だけ残すわけで。

でも、芸能関係の集いのあでやかさは、
ふだん、地べたにはいつくばっている我が身からしたら夢のような世界。
だから「芸能界」なんですけれど。
いい夢見させていただきました!